介護 残業代

Pick up news !!

介護職の残業代に関する悩み!残業代が出ない&未払いの対処と転職

「介護職の残業代に関する悩み!※残業代が出ない&未払いの対処と転職」がイメージできる画像01

 

介護職は残業が多い職種と言われていますが、どこまでが一般的なのか、自分の状況は周りと比べてどうなのか気になる方も多いのではないでしょうか。

 

「介護職に残業はつきもの!?」
「介護職の残業代の計算方法は?」
「今の職場はサービス残業が多すぎる!」
「介護職で残業代が出ない時の対処法は!?」

 

現在介護職員として働いている方の中には、残業についてこのような疑問や不満をお持ちの方も多いはずです。

 

今回は、介護職における残業の実態や改善するための対処法についてご紹介します。


介護職のサービス残業の実態!

 

介護職は人相手の仕事のため、時間になったからと言って仕事を投げ出して帰れるわけではありません。

 

実際のところ、介護職における残業問題は深刻化しており、ブラック企業と呼ばれる事業所も決して少なくありません。

 

まずは、介護職の残業の実態や残業が増える理由から見ていきましょう。

 

介護職に残業はつきもの?

介護職の残業の平均時間は、1日30分〜1時間と言われています。

 

入居者の急な体調不良やケガなど突発的な理由がある場合はともかく、日常的にこのような状態が続いていると、働く側としては不満が募るばかりではないでしょうか。

 

さらに、その残業のほとんどがサービス残業であり、残業をしたからと言って給料に反映されるわけでもありません。

 

介護職には夜勤もあるため、全体的な拘束時間は他の職種に比べて非常に長く、心身ともにバランスを崩す原因となっています。

 

会社員である以上サービス残業は仕方ない・・・と諦めている方も多いかもしれませんが、度を超えたサービス残業に対してはそれなりの対応を考えていかなければなりません。

 

介護報酬とサービス残業の関係

どの企業もできるだけ人件費を抑えたいのは当然ですが、介護職の場合は特にこの傾向が顕著です。

 

というのも、この問題には介護報酬が大きく関係していると考えられます。高齢者福祉施設などの事業所の主な利益は、提供したサービスによって国から支給される介護報酬です。

 

介護報酬は利用者数によっても変わりますが、事業所ごとに受け入れ可能な利用者の数には限度があり、同時に得られる介護報酬についても上限があるということです。

 

となると、利益が限られるぶん出費を減らしたいと思うのは当然ですので、サービス残業が慢性化してしまう理由の一つとなってしまいます。

 

人手不足とサービス残業の関係

介護職の勤務体系は早番、日勤、遅番、夜勤という複数のシフトでの勤務が一般的です。

 

そして、それぞれのシフトごとに役割があり、ここからここまでが夜勤の仕事、ここから先は早番の仕事というように、それぞれの時間帯に行う業務フローが決まっています。

 

そもそもこの業務フロー自体に問題があり、残業が慢性化している施設も多いようです。

 

介護業界における人手不足は深刻であり、どの施設も仕事量に対して人材が明らかに不足しているという現状があります。

 

ですが、それぞれのシフトごとにこなさなければならない仕事量は変わらないため、結果的に残業が発生してしまうことになります。

 

この場合は、人員数に合わせた業務フローの見直しをしていくことも必要ですが、現実的にはなかなか難しい面もあるようです。

介護職の残業代の計算方法は?

 

自分の場合は本来いくら残業代がもらえるの?と思う方のために、残業代の計算方法をご紹介します。

 

介護職の場合は夜勤などもあるため、変形労働時間制を採用しているところがほとんどですが、その場合も基本的な計算方法は同じです。

 

残業代を求める計算式

厚生労働省によると、残業代の計算方法は以下のとおりです。

 

割増賃金額=1時間あたりの賃金額×時間外労働時間数×割増賃金率

 

残業代を算出するためには、まず1時間あたりの賃金額を求める必要があります。月給制の方の場合は以下の方法で求めることができます。

 

1時間あたりの賃金額=月の所定賃金額÷1ヵ月の(平均)所定労働時間数

 

ただし、月の所定賃金額には以下の手当は含まれません。

 

@家族手当
A通勤手当
B別居手当
C子女教育手当
D住宅手当
E臨時に支払われた賃金(見舞金や慶弔金など)
F1ヵ月を超えるごとに支払われる賃金(賞与や精勤手当など)

 

実際に金額を当てはめてみると・・・

少しややこしいので、実際に具体例を挙げて残業代を計算してみましょう。

 

月収20万円
通勤手当1万円
所定労働時間数170時間
時間外労働数20時間

 

このような場合は以下のように計算します。

 

20万(月収)−1万(通勤手当)÷170時間(所定労働時間数)=1,117円(1時間あたりの賃金額)

 

1,117円(1時間あたりの賃金額)×20時間(時間外労働時間数)×1.25(賃金割増率)=27,925円

 

つまり、この場合の一月の残業代は27,925円という計算になります。

残業代が出ない時の対処法

 

では、日々のサービス残業に限界を感じてしまったら一体どうするのが正解なのでしょうか。

 

最後にサービス残業への対処法をまとめましたので参考にしてください。

 

会社側に現状を訴える

サービス残業が多い職場では、職員の残業に対する意識もマヒしてしまうせいか、不満を会社側に訴える方は意外と少ないようです。

 

みんな同じ条件で我慢しているのだから・・・という気持ちも手伝い、自分のわがままなのでは?と考えてしまう方も多いのかもしれません。

 

ですが、まずは会社側に訴えを起こさない限り、現状は変わらないままです。

 

介護施設にはリーダーや施設長等の管理職が存在しますが、リーダーはサービス残業について状況を把握していても、トップである施設長はその実態を知らなかったというケースも実際にあるのです。

 

上司、特に施設長のようなトップにこの手の話をするのは非常に勇気がいりますが、全体会議など普段から発言をできる場所がある方は、日々の状況を改善策と共に提案してみてはいかがでしょうか。

 

場合によっては転職も効果的!

会社(施設)側に改善が期待できない場合は、早い段階で他の施設への転職を考えるのも一つの方法です。

 

幸い介護業界は求人も多いため、業種形態に限らず転職先は見つけやすいと言えます。

 

サービス残業が嫌で転職をする場合は、転職先で同じ状況に陥らないためにも慎重に転職活動を進める必要があります。その際におすすめなのが、介護職専門の転職サイトです。

 

転職サイトに登録すると専任のキャリアコンサルタントが付き、あなたの転職活動を幅広くサポートしてくれます。

 

そして、このタイミングで残業が多い職場は避けたいということをコンサルタントに伝えておきましょう。

 

仕事柄まったく残業が無い職場を探すのは難しいかもしれませんが、あなたの希望を最優先にできるだけ条件に合った職場を紹介してくれるはずです。

 

施設の雰囲気や残業時間については、実際に入ってみなければ分からない部分ですが、コンサルタントは施設へ出入りする機会も多く、施設の内情をよく知っています。

 

コンサルタントは、転職をする上での心強い味方になってくれることでしょう。

 

今回は介護職の残業代についてご紹介しました。正直ある程度のサービス残業はどの企業でもあるでしょう。しかし、何事にも限度というものがあります。

 

ご自身の置かれている状況に納得がいかない場合は、思い切って具体的な行動を取ることをおすすめします。

介護職の残業代に関する悩み!※残業代が出ない&未払いの対処と転職関連ページ

土日祝日が休みの介護職求人の探し方
介護職員の休みの実態についてまとめました。年間休日日数や土日祝休みの介護求人の探し方、介護職員で休みを増やすにはどうすればいいか?などについて分かりやすく解説しています。
介護職は体調不良で休める?
介護職でストレスの限界を感じたら!?ストレスチェックが出来るサイトの紹介や、ストレス発散、解消法、また介護職の体調不良や転職についても詳しくご紹介しています。
夜勤がつらい場合の対処法
介護職はほとんどの方が夜勤を経験されていますが、やはり「体力的につらい」と感じている方が多いようです。夜勤を避けたい為に介護職自体を退職すると言う方も少なくありません。介護職が辛い場合は退職するしかないのでしょうか。夜勤なしの介護職はあるのでしょうか。介護職の夜勤についてまとめました。
夜勤で休憩や仮眠なしってありえる?
介護職で夜勤を経験されている方がほとんどだと思いますが、中には一人夜勤で15時間休憩・仮眠なしという勤務をされている方もいるようです。そう言った夜勤で休憩や仮眠がないというのは法律上問題はないのでしょうか。また、夜勤の勤務時間の平均は何時間くらいなのでしょうか。介護職の夜勤についてまとめました。
夜勤の過ごし方とストレス発散法!
介護職は肉体的にも精神的にもハードになりがちですが、そこに夜勤も加わると眠気と疲れでストレスも倍増!という方も多いのではないでしょうか。介護職で夜勤をされている方はどのように過ごしているのか、みんなストレスはどうやって発散しているのか紹介します。夜勤がつらい、ストレスがたまるとお悩みの方は是非参考にしてください。
夜勤がつらい!日勤の求人の探し方
いくら交代制と言っても介護職の夜勤は体力的にもきついものです。夜勤がつらいと感じて介護職自体を辞めてしまうという方も少なくありません。介護職で夜勤がつらいという方のために、夜勤なし・日勤の介護職の探し方を紹介します。夜勤がつらくて辞めたいという方は是非チェックしてみてください。
夜勤の労働時間ってどれぐらい?
介護職で夜勤があるというは多いと思います。自分の夜勤の労働時間が長いのか、短いのか気になる所だと思います。労働基準法には違反していないのか?介護職の夜勤の労働時間平均や夜勤についての労働基準法についてまとめました。
人間関係が辛い、辞めたい時の対処法
介護職を辞めたい、退職したいと思う理由の一つに人間関係の悩みがあります。人間関係が悪いと毎日仕事に行くのも憂鬱になるし、人間不信に陥るという可能性もあります。人間関係が最悪でつらい時は転職するべきなのでしょうか。介護職の人間関係の悩みについてまとめました。
介護職の副業とアルバイトについて
介護職は給料が安い!とお悩みではありませんか?1つの会社では給料が足りない、と感じた時副業やアルバイトは認められているのでしょうか。また、会社に内緒で副業やアルバイトをしている場合、会社にバレる可能性はあるのでしょうか。介護職の副業やアルバイトについてまとめました。
平均年収や年齢、勤続年数まとめ!
現在介護職で働いている方やこれから介護職を目指す方の中で、他の介護士がどのくらい給料をもらっているか、年齢層や勤続年数等が気になるという方も多いと思います。そこで介護職の平均年収や年齢、平均勤続年数などのデータまとめました。介護職について詳しく知りたい方は是非参考にしてください。
介護業界はボーナスなしが当たり前!?
介護施設で働く介護職員のボーナス額の平均相場っていくらぐらい!?介護業界は派遣社員や契約社員、パートでもボーナスはもらえる?など、介護業界の給料についてまとめてみました。
介護職3年目の年収と仕事内容!
介護職に限らず勤め始めて3年目と言うのはひとつの節目になります。介護職を3年続けたけれど、仕事が増えるばかりで年収は増えない・・・とお悩みの方も中にはいると思います。介護職の3年目の平均年収や仕事内容についてまとめましたので、自分の給料って安いのでは?とお悩みでしたら是非参考にしてください。
不採用になる理由と採用されるコツ
せっかく準備して面接に臨んだのに不採用が続いている・・・そんな悩みを抱えている方は少なくありません。採用されるには、不採用になる理由を把握し、採用される為の少しのコツを押さえれば面接も怖くありません!介護職で不採用になる理由や採用されるコツや人材についてまとめましたので是非参考にしてください。
特別養護老人ホームの介護度や仕事内容
老人ホームの中には特別養護老人ホームがあります。特別養護老人ホームはどのような方が入居されるのか、介護度の制限はあるのかといった内容を詳しくまとめました。また、特別養護老人ホームで働く介護士の仕事内容やお給料についてもまとめていますので、特別養護老人ホームの仕事をお探しでしたら是非チェックしてください。
介護職からの転職まとめ!
介護職で働いていると、辞めたい、転職したい、と一度は考えた事があると思います。介護職がきつくて転職を考える場合、また介護職に就くか、全く違う職種に就くか迷う所です。実際に介護職から転職たかたの現在の職業や、転職の成功事例、失敗事例などをまとめました。介護職から転職を考えている方は是非参考にしてください。
転職するなら何歳が良い?
介護職から転職したい!けどすぐに辞めてしまったら再就職に不利になりそうだし、長く勤めると辞めにくくなりそうだし・・・と転職のタイミングを迷っている方も多いと思います。介護職や介護業界の転職年齢の平均や転職するなら何歳が良いかなどをまとめました。介護職の転職に悩んでいる方は是非チェックしてください。
特養と老健の仕事内容や給料の違い
介護が必要な老人の入居施設には「特別養護老人ホーム」略して「特養」と「介護老人保健施設」略して「老健」があります。特養と老健、この二つの入居条件の違いや、それぞれで働く介護士の仕事内容や給料、年収の違い、働くならどっちが良いのかなどをまとめました。介護職をお探しでしたら是非参考にしてください。
30代から介護士になれる?
手に職をつける為に30代から介護士を目指すという方もたくさんいます。しかし介護職は給料や年収が低いというイメージがあるのも確かです。そこで30代から介護士になれるのか?30代の介護士の平均月収や年収、ボーナスはどのくらいなのか、について詳しくまとめました。これから介護士を目指す方は是非参考にしてください。
腰痛の予防法やひどい場合の対処法
介護職は老人の身の回りのお世話や入浴介助など、体力を使う仕事です。特に腰痛に悩まされている、と言う介護士は多いと思います。中には腰痛がひどくなり退職せざるを得ないという方もいます。介護士の腰痛の予防法やひどい場合は転職や退職を考えなければいけないのか、など腰痛の悩みについてまとめました。
ヘルパーの夜勤回数と給料の関係
ヘルパーは夜勤をすると夜勤手当などが付くので、夜勤回数が多い方が給料がおおくなります。しかし職場によって夜勤手当などは変わってくるので、たくさん夜勤をしているのに給料が安い!と嘆く方も少なくありません。ヘルパーの夜勤回数と給料の関係や相場についてまとめました。
介護職の通勤時間と距離の平均
介護職は体力を使う仕事なので、通勤時間が長いと体力がもたない・・・という方も多いと思います。介護職に就いている方の通勤時間や距離の平均、通勤時間の許容範囲などをまとめました。また、程良い通勤距離の転職先の探し方のコツなども紹介していますので、是非参考にしてください。
介護士は何歳まで働ける?
介護士は身の周りのお世話など体力を使う仕事でもあります。また、給料も頭打ちでなかなか上がらず、将来に不安を感じるという方も少なくありません。実際に介護職は何歳から何歳まで働けるのでしょうか。介護士の年代の平均や、再就職するなら何歳まで可能か、介護職の将来性などに就いて詳しくまとめました。
パワハラとセクハラの現状と相談先
最近ではパワハラ、セクハラの問題が深刻化していますが、介護業界も例外ではありません。介護士の中にもパワハラやセクハラで深刻に悩んでいる方、だれにも打ち明けられずつらい毎日を過ごしている方も多いでしょう。そんな方の為にパワハラ、セクハラの被害を受けた場合の対処法や相談先などを紹介しています。
施設利用者からの暴力や嫌われた場合の対処
介護施設には様々な人が入居している為、時には利用者から暴力を振るわれる場合もあります。そんな時、施設に勤務している介護士やその他職員はどのように対応すべきでしょうか?今回はこちらについてまとめてみました。
介護士同士の結婚と給料について
介護士は給料が安いと嘆く方は少なくありません。その中でも給料が安いから結婚に踏み切れない、結婚できないと悩む方もいます。また、介護士同士で結婚を考えたとき将来が不安という方もいるのではないでしょうか。介護士は結婚できないというのは本当か、介護士同士の結婚と給料事情などについてまとめています。
コミュニケーション能力は必須?
介護職は患者さんや医師などに対してコミュニケーションをうまくとる必要があります。しかし介護士として働いている方の中にはコミュニケーションが苦手という方もいるのではないでしょうか。介護職にコミュニケーション能力は必須なのか、コミュニケーションに基本やコツ、効果などをまとめましたのでぜひ参考にしてみてください。