介護 職 土日祝 休み

Pick up news !!

土日祝日が休みの介護職求人の探し方!※土日休みが多い施設は?

土日祝日が休みの介護職求人の探し方!【※土日休みが多い施設は?】

 

介護職は介護を必要とする高齢者のお世話をする大切な役割を担っていますが、過酷な労働環境に加え人間関係などのストレスも多いと言われています。

 

疲労が蓄積しやすい職場であればもちろん休息は大切、しかし依然として現場では過酷な労働に悲鳴を上げる人も多く、休日に関しては以下の様な悩みを抱えている人もいます。

 

「介護職だけど疲れが取れない・・・たまには土日休みたいな・・・」
「うちの施設は土日休みが少ない・・・他の介護施設はどれくらいなのだろう・・・」
「休日に旅行も行きたい・・・でも介護職で連休や土日祝日休みって無理だよね・・・」
「休みが多いところで働きたい!介護職で土日休みが取れるところってあるの?」

 

軽作業ならよいのですが、厳しい労働環境で働く介護職にとって休日はとても貴重、どのように過ごすかは別としてもなるべくなら土日祝日休みは多く欲しいと思うようです。

 

そこで今回は土日祝日休みの介護職求人の探し方!と題して詳しくまとめてみましたので是非ご覧になってください。


介護職の休みの実態!年間休日はどれくらい?

介護職の休みの実態!年間休日はどれくらい?

 

介護職として働いている人の中には『うちの施設は休みが少ない』と不満を漏らす人も多いと言われています。

 

確かに介護職はキツイ仕事が多いので、ストレスや疲れが溜まれば『なんで自分だけこんなに働かないといけないのか?』と考えるのかもしれませんね。

 

おそらく、このように考え出した人は介護職の休みの実態や年間休日が気になっているはずです。

 

介護職は休みが多い?それとも少ない?

人手不足で悩んでいる介護業界でも、施設によっては休みを8〜10日取得できるところがあります。

 

月に8〜10日ですから単純に考えれば介護職でも1週間に2回の休日があるということです。

 

この休みの数、一般企業と比べてもあまり遜色ないものですが、実際には全ての介護士が8〜10日取得できているわけではありませんし、年間休日数にすると大型連休のある企業との差が浮き彫りになります。

 

介護職の年間休日は?平均どれくらい?

年間休日数にすると他の企業との差が浮き彫りになるとご説明しましたので、まずは業種別の平均的な休みの数を見てみましょう。

 

平均休日日数一覧 doda

≪出典:doda(デューダ)

 

総合転職サイトのdoda(デューダ)が調べたデータを見ると、年間休日数では、自動車関連、電気関連のコンピューター関連が上位にランクイン!大型連休がある分、他業種より休みは多いようです。

 

一方、介護職が含まれる介護福祉関連の年間休日平均は119.4日と全80業種中43位です。参考までに週休2日の場合、年間の休日数は52週×2日間で104日となります。

 

119.4日は80業種中43位なので驚くほど休みが少ないとは言えませんが、あなたの職場の休みの数と比べるとどうだったでしょうか?

 

現役介護職に聞いた休みに関するアンケート結果!1ヵ月何日休みがある?

前項では年間休日数の平均をご紹介しました。意外と休みが取れているように感じますよね。

 

でも1ヵ月だとどうなのでしょうか?上記データを12で割れば簡単ですが、もう少し具体的な数値が知りたいところです。

 

そこで、2018年10月11日に当サイトで実施した介護職に関するアンケートもご紹介したいと思います。

 

実施したアンケートは以下の通り、

アンケート名 介護職30人に聞いた休みに関するアンケート
対象年月日 2018年9月の勤務
実施日 2018年10月11日
対象者 現役介護職
人数 30人(複数回答あり)
性別や年齢 指定なし
アンケート内容

Q1.介護職で働いているサービス(施設)は?(複数回答可)
Q2.1ヵ月のうち休日は何日ありましたか?
※夜勤明けの日は休日に含まず
Q3.Q2の休日のうち、土日・祝日の休みは何日ありましたか?

 

まず、対象となる現役介護職30人に働いているサービスを聞きました。複数回答した人もいるので回答者はのべ32人です。

 

次に回答者をサービス別にして、Q2とQ3の回答を右側に記載したところ次のような結果になっています。

 

介護職30人に聞いた休みに関するアンケート結果

 

施設種類

Q2 
休日数(月)

Q3
 うち土日祝日の休日数(月)

グループホームと回答した4人の休日数 6日 1日
6日 2日
8日 2日
12日以上 12日以上

デイケア(通所リハ)と回答した5人の休日数

5日 1日
6日 4日
6日 4日
8日 3日
7日 7日
デイサービス(通所介護)と回答した6人の休日数 5日 1日
6日 2日
7日 2日
8日 3日
8日 4日
12日以上 8日
介護老人保健施設(老健)と回答した1人の休日数 10日 4日
特別養護老人ホーム(特養)と回答した8人の休日数 2日 0日
8日 2日
8日 4日
9日 2日
9日 2日
9日 3日
10日 10日
12日以上 8日
訪問リハビリテーションと回答した人の休日数 7日 7日
通所介護と回答した2人の休日数 2日 1日
7日 6日
有料老人ホーム(有料)と回答した4人の休日数 6日 4日
7日 3日
9日 4日
12日以上 8日
その他と回答した人の休日数 9日 2日

 

前項でご紹介した介護関連の年間休日数は119.4日、これを12ヵ月で割ると9.95日になります。

 

この9.95日を基準にした場合、当サイトで回答してくれた現役介護職は比較的休日が少ないという結果になりました。

 

もし、あなたの介護施設も同じように休みが少ないのであれば、希望休などを申請しても良いかもしれませんね。

 

休日がもともと少ない企業も・・・

「ブラック企業」という介護施設が存在している以上、やはり違法な休日数で運営しているところも少なからずあり、なかには夜勤明けすら休日にカウントしてしまう企業もあるようです。

 

実際、アンケートでも休日数が2日と答えた現役介護職もいました。

 

このような介護施設はブラック企業の疑いもあるのでこのようなところであればなるべく早めに退職をした方がよいかもしれません。


介護職で土日祝日休みが欲しい!休みの増やし方!

介護職で土日祝日休みが欲しい!休みの増やし方!

 

介護職で働く人だって土日祝日の休みは欲しいですよね。特に子育て中のパパやママであればなおさら『子供に合わせて休みを取りたい!』と考えるはずです。

 

そこで、どうやったら土日休みや土日祝日休みを取得できるのか?休みの増やし方などを詳しくまとめてみました。

 

今働いている介護施設で土日祝日休みを増やす

今働いている介護施設で土日祝日休みを増やす

 

今すぐ土日祝日の休みを増やしたいなら最短なのは、今在籍している介護施設で土日祝日を増やすことです。

 

そこで、今働いている介護施設で土日祝日休みを増やす方法をまとめてみました。

 

希望休を土日祝日にして申請してみる

 

前項でも触れましたが、企業によっては希望休を受理してくれる可能性もあります。

 

あらかじめ希望休にして申請するのも土日祝日を増やす方法の一つです。

 

ただし、介護施設の人員状況や忙しさにもよっては拒否されることもありますし、契約上約束しているわけではないので確実に増やせるとは限りません。

 

土日祝日を有給休暇で申請してみる

 

通常の休日ではありませんが、土日祝日や土日休みになるように有給休暇を申請するのも良いでしょう。

 

有給休暇を申請した場合、介護施設側には原則拒否する権利はありません。

 

しかし、状況によっては変更を持ち掛けられることもあるので、取得する際はある程度余裕を持ち企業のルールに従い申請してください。

 

介護職員同士のシフト変更で土日祝日を休む

 

介護職員同士の休日入れ替えはよくあることです。

 

何回もお願いしたら同僚の負担も多くなりますが、数か月に1回程度の変更であれば快く受け入れてくれるかもしれません。

 

しかし、同僚だって土日休みを取りたい時があるはずです。逆にあなたにも土日祝日休みの入れ替えをお願いされることもあります。

 

土日祝日が休み(定休日)の介護施設で働く!

今、あなたの働いている介護施設に土日祝日の休みがなく、希望休が受理されないようであれば休みが取れる介護施設に転職するといった手もあります。

 

もちろん、何回くらい休めるのかは前項のアンケート結果でもわかるように各施設で異なりますから、面接時に聞きづらかったとしても予め何回休めるのかを同時に確認しておきましょう。

 

土日祝日の休み(定休日)が多いデイサービス、デイケア、訪問介護!

介護老人保健施設(老健)や特別養護老人ホームといった施設は、高齢者が入所しているので介護施設としての定休日がありません。

 

しかし、デイサービスやデイケアであれば、もともと土日や土日祝日を定休日にしているところが多く、訪問介護も訪問するスケジュールを調整すれば比較的休むことは可能です。

 

もちろん、全てのところで土日祝日を休めるわけではないので、事前の確認は怠らないようにしてください。


介護職が土日祝日休みになるメリット・デメリット!

介護職が土日祝日休みになるメリット・デメリット!

 

仮に土日休みや土日祝日休みになったとしても、それが全ての人にベストとは限らないのではないでしょうか?

 

介護施設では、多くのところでシフト管理されていますので、申請をしたりもともと土日祝日が休みの契約をしたら変更ができないこともあります。

 

そこで、介護職の土日祝日休みになるメリットとデメリットをまとめてみましたので土日日の休みを取る前にチェックしておきましょう。

 

介護職が土日祝日休みになるメリット!

介護職が土日祝日休みになるメリット!

 

土日祝日休むメリットって何だと思いますか?『介護職だけど土日祝日休みを取りたい!』と考えている人はすでにメリットを知っているかもしれませんが、改めてどういったメリットがあるのかを整理しておきたいと思います。

 

メリット1.介護職でも家族との時間を有意義に使える

 

保育園、幼稚園、学校へ通う子供を持つ介護職のパパとママにとって土日休みや土日祝日休みはうれしいと思います。

 

子供との時間があれば公園に行ったり旅行を楽しむことができます。

 

また、こういった有意義な時間を持つことは介護職の仕事で蓄積したストレス解消にも一役買ってくれるでしょう。

 

メリット2.土日祝日を楽しむことができる

 

各地で行われるイベントなどは土日に開催されるケースも多いので、土日祝日休みが取得できればイベントなどに参加することができます。

 

もちろん、土日休みの会社で働いている友人と遊びに行くことも可能、休日を満喫できれば心身ともにリフレッシュできるので介護職の仕事にも良い影響を与えるでしょう。

 

メリット3.規則正しい生活がおくれる

 

シフト表で管理された介護施設だと『今日は何曜日だっけ?』と曜日感覚がなくなる介護職も少なくありません。

 

しかし、土日休みや土日祝日休みだと生活が規則正しくなるので生活のリズムが取りやすく、曜日感覚も取り戻せると思います。

 

介護職が土日祝日休みになるデメリット!

介護職が土日祝日休みになるデメリット!

 

一見、メリットばかりに思える土日祝日休みですが、意外な落とし穴もあると言われています。もし、土日休みで契約してしまったら更新時期まで変更できないこともあるので注意が必要です。

 

デメリット1.夜勤がないので給料が安い

 

もし、土日祝日を休むためにデイケアやデイサービスで働いたとしたら夜勤業務はありません。

 

したがって、今まで夜勤に入っていた介護職だと夜勤をしていた分だけ給料が下がってしまいます。

 

例えば夜勤手当が6,000円とします。この金額で夜勤5回すれば単純に30,000円が給料に上乗せですが、デイケアやデイサービスに移ると30,000円が消えてしまうのです。

 

土日祝日休みを取得できたとしても、大幅に給料がダウンしたら大変です。

 

もし、デイケアやデイサービスを選ぶのであれば土日休みや土日祝日休みにするとどれくらいの給料になるのかもしっかりリサーチしておきましょう。

 

デメリット2.社員として働けない可能性もある

 

入所型の介護施設の場合、24時間365日誰かが常駐しておく必要があります。

 

ですから、入所型介護施設ではほとんどの介護職社員はシフトで管理され、土日祝日は交代で休む程度です。

 

もしそれ以上の土日休みを希望するのであれば、介護職であっても契約社員やパート勤務を勧められるかもしれませんし、パート勤務であれば勤務日数を調整される可能性もあります。

 

デメリット3.市役所や病院などが開いていない

 

市役所の場合、一部の業務を除き土日祝日は窓口が開いていません。

 

もし土日祝日が休みになれば平日休みはなくなるおそれがあるので、頻繁に利用する人は不利になります。

 

また、病院は土曜日も診察しているところはありますが、半日のみというケースも少なくありません。

 

平日休みが全くなくなると、遅刻、早退、有給休暇で対応することも出てくると思います。

 

土日祝日休みの介護職が向いている人!

土日祝日休みは、イベントに参加したい人、子育て中のパパやママ、友人のほとんどが平日働いている人に向いていると言えるでしょう。

 

ただし、土日祝日休みのデイケアやデイサービスを選択した場合は、

レクリエーション
利用者の送迎

も業務に含まれてくる可能性が高いので、自分の得手不得手もしっかり把握しておくことが大切です。

 

もちろん、全てのデイケアやデイサービスが土日祝日や土日休みにしている訳ではありません。

 

土日祝日休みの介護職求人を探す際は、実際働いている介護職の土日休み取得状況をはじめ、業務内容、給料などもチェックしておきましょう。


土日祝日が休みの介護職の求人の探し方!年間休日120日以上の求人は?

土日祝日が休みの介護職の求人の探し方!年間休日120日以上の求人は?

 

憧れの土日祝日休み・・・でも『どうやって介護職求人を探したらいいの?』と悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

 

ハローワークに行けばたくさん正社員やパートの介護職求人が掲載されていますが、果たしてハローワークだけで土日休みや土日祝日休みの求人を見つけ出せるのか不安に感じている人も少なくありません。

 

介護職土日祝日が休みの求人の探し方!

求人検索といえば一般的にはハローワーク、その他だと広告や求人誌といったところでしょうか?確かにこういったところにも土日休みや土日祝日休みの介護職求人が多く掲載されています。

 

しかし、いざ入社しても『求人内容と違う!』ってことも珍しくないと言われているので慎重に選ばないといけません。

 

もし、確実に求人内容通り土日祝日休みを取得したいのであれば良質な介護職求人が豊富に掲載されている転職サイトがオススメです。

 

転職サイトなら介護職でも確実に土日祝日が休める?

転職サイトに掲載されている求人は『たくさんの応募が来ても困る』、『求人にピッタリの人材を採用したい』といった企業側の都合により掲載されているものばかりです。

 

そのため、ハローワークなどの一般的な求人に比べると条件がよいと言われています。

 

また、転職サイトには様々な企業求人がされている『リクナビNEXT』や『パソナキャリア』の他にも専門性の高い転職サイトもあります。

 

例えば『スマイルSUPPORT介護』や『マイナビ介護職』といった介護専門転職サイトです。

 

介護専門転職サイトはその名の通り、介護関連を専門とした転職サイトなので、介護職はもちろんのこと、土日休みや土日祝日休みなどの条件でもピンポイントで検索することが可能です。

 

下の画像は実際に『介護職』と『土日休み』をキーワードに検索した結果です。

 

『介護職』と『土日休み』をキーワードに検索した結果

≪出典:【スマイルSUPPORT介護】※2018年10月20日の検索結果

 

検索したのは先ほどご紹介したスマイルSUPPORT介護、関東エリアだけでも土日休みは1,171件もヒットしました。

 

もし祝日休みも追加したいのならフリーワード欄に直接入力すれば検索可能です。

 

しかし、条件を細かくしすぎるとヒット件数は減ってきますので、『何回休める』などの詳細は応募した介護施設と実際に交渉した方がいいのかもしれません。

 

介護職で年間休日120日以上の求人の探し方!

年間休日120日以上欲しいという人は、下の画像のように『介護職』、『年間休日120日以上』を条件にして検索すればOKです。

 

『介護職』、『年間休日120日以上』を条件にした検索結果

≪出典:【スマイルSUPPORT介護】※2018年10月20日の検索結果

 

更に細かく条件を指定したい人は、他の条件にもチェックを入れておきます。とりあえず今回は『介護職』と『1年間休日120日以上』で関東エリアだけを検索してみます。すると、

『介護職』と『1年間休日120日以上』で関東エリアだけの検索結果

≪出典:【スマイルSUPPORT介護】※2018年10月20日の検索結果

 

なんと10,081件もヒットしました。ひとまず『年間休日120日以上』で介護求人を探し、土日祝日休みを後で交渉するといった方法も良いかもしれませんね。

 

でも、土日休みや休日回数の交渉って不安に感じませんか?

無理な条件を言って不採用だったらどうしよう・・・
失礼な言葉使いしたら大変・・・
交渉する勇気がないし怖い・・・

このように考えている人もいると思います。

 

そこでご紹介したいのが介護専門の転職エージェントです。

 

転職エージェントとは、転職活動を無料でサポートするサービスのことで、介護に精通した転職のプロがあなたの希望する求人の検索や紹介、条件交渉、面接セッティング、転職の相談などを無料でお手伝いしてくれます。

 

介護職専門の転職エージェントに相談!

介護職専門の転職エージェントに相談!

これから正社員やパート採用をお願いしようとする介護施設に対して『土日祝日休みってもらえるのですか?』は言いづらいですよね。

 

そんな時は転職エージェントの出番です!あなたに代わりに介護施設と交渉をしてくれます。

 

そこで、介護職で土日祝日休みや年間休日120日以上などの相談を気軽にできる介護専門転職エージェントをご紹介したいと思います。

 

業界最大級の転職エージェント!スマイルSUPPORT介護

 

スマイルSUPPORT介護の無料登録はコチラ!

転職エージェント名 スマイルSUPPORT介護
運営会社名 HITOWAキャリアサポート(旧長谷川サポート)
総求人数 約88,000件(うち非公開求人は約51,000件)※2018年10月21日調べ
求人掲載エリア 全国に対応
人材コンサルタントの特徴

・人材コンサルタントには介護経験者がいる
・求人数は業界最大級で全国の求人に対応
・介護施設と直接条件交渉をしてくれる
・コンサルタントに直接相談することができる

 

スマイルSUPPORT介護には、人材コンサルタント(エージェント)と呼ばれる転職のプロが多数在籍しています。

 

そして、そのプロの多くは介護職経験者や介護資格保持者である為、あなたの相談内容を理解してくれます。

 

もちろん、土日祝日休みの相談や年間休日120日以上の相談もOK、相談すれば条件に見合う求人を公開求人や非公開求人から探し出し介護施設と条件交渉を始めてくれます。

 

スマイルSUPPORT介護は、求人数も多く全国に対応しているので、もうすでに転職するという意思が固まっている人、そして『転職して新しいところで介護職しようかな・・・』と悩んでいる人にもオススメの転職エージェントです。

 

 

介護職の休みで相談したいなら!メドフィット

 

メドフィット店舗

転職エージェント名 メドフィット
運営会社名 株式会社ゲンテンリンクス
総求人数 総求人数は不明(介護職は約5,400件) ※2018年10月21日調べ
求人掲載エリア 全国に対応
人材コンサルタントの特徴

・登録すれば無料でエージェントを利用できる
・エージェントによるヒアリングあり
・介護職の非公開求人も紹介してくれる
・転職活動前からの相談も可能

 

ゲンテンリンクスが運営するメドフィットには、専門性の高いキャリアエージェント(エージェント)が多数在籍しています。

 

このようなサイトに関してほとんどの人が『転職することを決めたら利用するところ』と思っているようですが、それは間違いです。

 

『転職しようかな?』、『土日祝日休みのところってあるの?』という転職の意思がしっかり固まっていない人でもサイトに登録しキャリアエージェントを利用することができます。

 

もし、転職に不安を感じるようであれば、在職中から相談を持ち掛け納得できる条件の介護施設が見つかったら本格的に転職活動を始めても良いでしょう。

 

 

デイサービスの介護求人探しなら!マイナビ介護職

 

マイナビ介護職の無料登録はコチラ!

転職エージェント名 マイナビ介護職
運営会社名 株式会社マイナビ
総求人数 約16,000件(40%は非公開求人)※2018年10月21日調べ
求人掲載エリア 全国に対応
人材コンサルタントの特徴

・デイサービスを担当するエージェントも在籍
・事前の条件交渉や入職後のフォローあり
・土日祝日休みの相談もできる
・エージェントの登録及び利用は全て無料

マイナビ介護職にも介護職に強いエージェントが在籍しています。

 

そして、その中には土日祝日休みが取りやすいデイサービスを専門に扱っているエージェントも在籍、エージェントへの相談は直接面談をはじめ、電話やメールなどでも可能です。

 

面接時に『土日休めるのですか?』と聞くのは勇気が必要ですしリスクが高いですよね。

 

介護職への転職は人生の大きなイベントの一つですから、ここは慎重にエージェントへの相談からのスタートがベストではないでしょうか?

 

 

今回は土日祝日が休みの介護職求人の探し方についてまとめてみましたが、あなたの職場は休みが多いですか?それとも休みが少ないですか?

 

土日休みが取れないのは当り前!と諦めたら、やる気はどんどん落ちますし精神的な疲労も蓄積されてしまいそうです。

 

現在、高齢社会を迎えたことにより介護職求人はどこにでもたくさん掲載されています。

 

しかし、探し方を間違えると転職失敗なんてことも考えられるので、確実に土日祝日休みたい!確実に介護転職したい!と考えているなら転職エージェントの利用も検討しておきましょう。


土日祝日が休みの介護職求人の探し方【※土日休みが多い施設は?】関連ページ

介護職は体調不良で休める?
介護職でストレスの限界を感じたら!?ストレスチェックが出来るサイトの紹介や、ストレス発散、解消法、また介護職の体調不良や転職についても詳しくご紹介しています。
夜勤がつらい場合の対処法
介護職はほとんどの方が夜勤を経験されていますが、やはり「体力的につらい」と感じている方が多いようです。夜勤を避けたい為に介護職自体を退職すると言う方も少なくありません。介護職が辛い場合は退職するしかないのでしょうか。夜勤なしの介護職はあるのでしょうか。介護職の夜勤についてまとめました。
夜勤で休憩や仮眠なしってありえる?
介護職で夜勤を経験されている方がほとんどだと思いますが、中には一人夜勤で15時間休憩・仮眠なしという勤務をされている方もいるようです。そう言った夜勤で休憩や仮眠がないというのは法律上問題はないのでしょうか。また、夜勤の勤務時間の平均は何時間くらいなのでしょうか。介護職の夜勤についてまとめました。
夜勤の過ごし方とストレス発散法!
介護職は肉体的にも精神的にもハードになりがちですが、そこに夜勤も加わると眠気と疲れでストレスも倍増!という方も多いのではないでしょうか。介護職で夜勤をされている方はどのように過ごしているのか、みんなストレスはどうやって発散しているのか紹介します。夜勤がつらい、ストレスがたまるとお悩みの方は是非参考にしてください。
夜勤がつらい!日勤の求人の探し方
いくら交代制と言っても介護職の夜勤は体力的にもきついものです。夜勤がつらいと感じて介護職自体を辞めてしまうという方も少なくありません。介護職で夜勤がつらいという方のために、夜勤なし・日勤の介護職の探し方を紹介します。夜勤がつらくて辞めたいという方は是非チェックしてみてください。
夜勤の労働時間ってどれぐらい?
介護職で夜勤があるというは多いと思います。自分の夜勤の労働時間が長いのか、短いのか気になる所だと思います。労働基準法には違反していないのか?介護職の夜勤の労働時間平均や夜勤についての労働基準法についてまとめました。
残業代が出ない&未払いの対処と転職
介護職で残業が多いと悩んでいる方も多いと思います。なかにはサービス残業といわれ残業代が出なかったり、残業代を未払いのままほっておかれたりと言う方もいます。介護士はどのくらい残業をしているのか、残業代の相場はどのくらいなのか、残業代が出ない&未払いの場合の対処法などをまとめました。
人間関係が辛い、辞めたい時の対処法
介護職を辞めたい、退職したいと思う理由の一つに人間関係の悩みがあります。人間関係が悪いと毎日仕事に行くのも憂鬱になるし、人間不信に陥るという可能性もあります。人間関係が最悪でつらい時は転職するべきなのでしょうか。介護職の人間関係の悩みについてまとめました。
介護職の副業とアルバイトについて
介護職は給料が安い!とお悩みではありませんか?1つの会社では給料が足りない、と感じた時副業やアルバイトは認められているのでしょうか。また、会社に内緒で副業やアルバイトをしている場合、会社にバレる可能性はあるのでしょうか。介護職の副業やアルバイトについてまとめました。
平均年収や年齢、勤続年数まとめ!
現在介護職で働いている方やこれから介護職を目指す方の中で、他の介護士がどのくらい給料をもらっているか、年齢層や勤続年数等が気になるという方も多いと思います。そこで介護職の平均年収や年齢、平均勤続年数などのデータまとめました。介護職について詳しく知りたい方は是非参考にしてください。
介護業界はボーナスなしが当たり前!?
介護施設で働く介護職員のボーナス額の平均相場っていくらぐらい!?介護業界は派遣社員や契約社員、パートでもボーナスはもらえる?など、介護業界の給料についてまとめてみました。
介護職3年目の年収と仕事内容!
介護職に限らず勤め始めて3年目と言うのはひとつの節目になります。介護職を3年続けたけれど、仕事が増えるばかりで年収は増えない・・・とお悩みの方も中にはいると思います。介護職の3年目の平均年収や仕事内容についてまとめましたので、自分の給料って安いのでは?とお悩みでしたら是非参考にしてください。
不採用になる理由と採用されるコツ
せっかく準備して面接に臨んだのに不採用が続いている・・・そんな悩みを抱えている方は少なくありません。採用されるには、不採用になる理由を把握し、採用される為の少しのコツを押さえれば面接も怖くありません!介護職で不採用になる理由や採用されるコツや人材についてまとめましたので是非参考にしてください。
特別養護老人ホームの介護度や仕事内容
老人ホームの中には特別養護老人ホームがあります。特別養護老人ホームはどのような方が入居されるのか、介護度の制限はあるのかといった内容を詳しくまとめました。また、特別養護老人ホームで働く介護士の仕事内容やお給料についてもまとめていますので、特別養護老人ホームの仕事をお探しでしたら是非チェックしてください。
介護職からの転職まとめ!
介護職で働いていると、辞めたい、転職したい、と一度は考えた事があると思います。介護職がきつくて転職を考える場合、また介護職に就くか、全く違う職種に就くか迷う所です。実際に介護職から転職たかたの現在の職業や、転職の成功事例、失敗事例などをまとめました。介護職から転職を考えている方は是非参考にしてください。
転職するなら何歳が良い?
介護職から転職したい!けどすぐに辞めてしまったら再就職に不利になりそうだし、長く勤めると辞めにくくなりそうだし・・・と転職のタイミングを迷っている方も多いと思います。介護職や介護業界の転職年齢の平均や転職するなら何歳が良いかなどをまとめました。介護職の転職に悩んでいる方は是非チェックしてください。
特養と老健の仕事内容や給料の違い
介護が必要な老人の入居施設には「特別養護老人ホーム」略して「特養」と「介護老人保健施設」略して「老健」があります。特養と老健、この二つの入居条件の違いや、それぞれで働く介護士の仕事内容や給料、年収の違い、働くならどっちが良いのかなどをまとめました。介護職をお探しでしたら是非参考にしてください。
30代から介護士になれる?
手に職をつける為に30代から介護士を目指すという方もたくさんいます。しかし介護職は給料や年収が低いというイメージがあるのも確かです。そこで30代から介護士になれるのか?30代の介護士の平均月収や年収、ボーナスはどのくらいなのか、について詳しくまとめました。これから介護士を目指す方は是非参考にしてください。
腰痛の予防法やひどい場合の対処法
介護職は老人の身の回りのお世話や入浴介助など、体力を使う仕事です。特に腰痛に悩まされている、と言う介護士は多いと思います。中には腰痛がひどくなり退職せざるを得ないという方もいます。介護士の腰痛の予防法やひどい場合は転職や退職を考えなければいけないのか、など腰痛の悩みについてまとめました。
ヘルパーの夜勤回数と給料の関係
ヘルパーは夜勤をすると夜勤手当などが付くので、夜勤回数が多い方が給料がおおくなります。しかし職場によって夜勤手当などは変わってくるので、たくさん夜勤をしているのに給料が安い!と嘆く方も少なくありません。ヘルパーの夜勤回数と給料の関係や相場についてまとめました。
介護職の通勤時間と距離の平均
介護職は体力を使う仕事なので、通勤時間が長いと体力がもたない・・・という方も多いと思います。介護職に就いている方の通勤時間や距離の平均、通勤時間の許容範囲などをまとめました。また、程良い通勤距離の転職先の探し方のコツなども紹介していますので、是非参考にしてください。
介護士は何歳まで働ける?
介護士は身の周りのお世話など体力を使う仕事でもあります。また、給料も頭打ちでなかなか上がらず、将来に不安を感じるという方も少なくありません。実際に介護職は何歳から何歳まで働けるのでしょうか。介護士の年代の平均や、再就職するなら何歳まで可能か、介護職の将来性などに就いて詳しくまとめました。
パワハラとセクハラの現状と相談先
最近ではパワハラ、セクハラの問題が深刻化していますが、介護業界も例外ではありません。介護士の中にもパワハラやセクハラで深刻に悩んでいる方、だれにも打ち明けられずつらい毎日を過ごしている方も多いでしょう。そんな方の為にパワハラ、セクハラの被害を受けた場合の対処法や相談先などを紹介しています。
施設利用者からの暴力や嫌われた場合の対処
介護施設には様々な人が入居している為、時には利用者から暴力を振るわれる場合もあります。そんな時、施設に勤務している介護士やその他職員はどのように対応すべきでしょうか?今回はこちらについてまとめてみました。
介護士同士の結婚と給料について
介護士は給料が安いと嘆く方は少なくありません。その中でも給料が安いから結婚に踏み切れない、結婚できないと悩む方もいます。また、介護士同士で結婚を考えたとき将来が不安という方もいるのではないでしょうか。介護士は結婚できないというのは本当か、介護士同士の結婚と給料事情などについてまとめています。
コミュニケーション能力は必須?
介護職は患者さんや医師などに対してコミュニケーションをうまくとる必要があります。しかし介護士として働いている方の中にはコミュニケーションが苦手という方もいるのではないでしょうか。介護職にコミュニケーション能力は必須なのか、コミュニケーションに基本やコツ、効果などをまとめましたのでぜひ参考にしてみてください。