介護職 通勤時間

Pick up news !!

介護職の通勤時間と距離!平均や許容範囲、転職先選びのコツは?

「介護職の通勤時間と距離!※平均や許容範囲、転職先選びのコツは?」がイメージできる画像01

 

毎日利用者の支援や介助で追われる介護職は、出勤する時は元気でも帰宅する時間には疲労困憊・・・休日にでもなれば半日くらい寝て過ごす人も多いのではないでしょうか?

 

なかには通勤距離が短くても、毎日通勤ラッシュに巻き込まれ、それだけでストレスを感じ仕事への意欲が減退してしまう人も少なくありません。

 

このように通勤時間や距離に対して、苦痛を感じる人のは以下の様な悩みを抱いているようです。

 

「介護職は疲れる!もう少し寝ていたい・・・近い職場に転職しようかな・・・」
「なんか通勤で疲れる・・・そもそも通勤時間ってみんなどれくらいだろう・・・」
「多少距離があっても通勤ラッシュ避けたいな・・・どうやって転職先を選んだ方がよい?」
「通勤時間って損しているような気がする!近くて良い施設ってないかな・・・」

 

あまりに疲れていると、同じ通勤時間や距離でも長く感じてしまうことがありませんか?また朝起きて、もう10分寝ていたい・・・と寝てしまい遅刻寸前という経験がある人も多いかと思います。

 

そこで今回は介護職の通勤時間と距離について詳しくまとめてみましたので、今現在のあなたの状況と比較し今後の参考にしてみてください。


通勤時間ってもったいない!?まとめ

 

働く人の一日というのは、家で過ごす時間と働いている時間、そして通勤時間の三つに分類されます。

 

そう考えると、通勤時間というのは意外と無駄な時間で、少ない方がプライベートを有意義に過ごせるというものでしょう。

 

だからこそ通勤距離や時間に関しては、気になる部分であり、この時間と距離はどうにかならないものか?と悩んでしまうのかもしれません。

 

通勤時間の平均を調査!

1都3県(千葉県、神奈川県、埼玉県)在住、5年以内に住宅購入し都内に勤務する子持ちサラリーマンを対象にしたアットホームの調査によると通勤時間の平均は以下の様な結果になっています。

 

  • 通勤時間平均   58分
  • 理想とする時間  35分
  • 限界を感じる時間 86分

出典:アットホーム アットリサーチ 「通勤」の実態調査2014

 

このように通勤時間の平均は58分、それに対して理想とする時間は35分となり、全体的に皆がやや不満に感じているのかもしれません。

 

通勤時間が長いと何が嫌なのか?

遠いと睡眠時間が減るし、帰りは眠くなりそう
出勤する意欲がどんどん減る
車の場合は事故の危険性が増加する
急な対応などの時に困る

 

このような理由が多いようですが、企業側から見てもあまり遠いと採用を躊躇する雰囲気があります。

 

通勤距離はどれくらいが多い?

距離が短い人で5km前後、一般的には10km〜20kmくらいが妥当で、通勤時間で考えればやはり1時間で収まる範囲といったところでしょうか?

 

しかし都市部であれば、ラッシュの状況により所要時間は大きく異なってきそうです。

 

また地方で働いている人の場合、30〜40kmという距離を毎日通勤している人も珍しくありません。

通勤時間と距離!許容範囲はどれくらい?

 

通勤時間と距離というのは、採用された日からずっと変わらないものですから、あまり長いと苦痛になってしまうかもしれません。

 

あまり長すぎると・・・仕事は楽しい!という気持ちが年齢と共に薄れてくる危険性も!では実際どれくらいの距離が妥当なのか?許容範囲についてまとめてみました。

 

通勤時間と距離!許容範囲はどれくらい?

先ほどのデータを参考に考えてみると、距離が5〜15kmで時間が30〜40分くらいが妥当な線ではないでしょうか?しかし最終的にはあなた自身の判断。

 

つまり朝が弱い人と強い人という見方や、電車、バス、自家用車等の移動手段により、最適な時間と距離は変動するので、自分のスタイルに合ったものが一番よい選択肢となるのです。

 

また時間や距離が短い方がいいという人もいますが、緊急時は必ず近い人が呼び出されてしまうので、結局は近いのが嫌だという人も意外に多く、適度な距離を持った方が将来的にもあなたの為になるかもしれません。

 

許容範囲を超えている!こんな場合はどうする?

もしあなたが、今の通勤時間や距離に疲労や苦痛を感じているようであれば、転職を視野に入れた方が良いかもしれません。

 

通勤途中に事故やトラブルに巻き込まれる危険性もありますし、何より身体的に負担を感じるなら仕事が疎かになり、疲れもなかなか取れない可能性もあります。

 

大きな企業であれば、自宅に近い所に転勤や転属もあり得ますが、必ずしも希望に添えるかというと、かなり疑問であまり期待はできません。

 

むしろ遠方へ命じられる可能性もありますし、今の時間と距離に不満を感じるのであれば、やはり転職を検討する時期として捉えた方が建設的のようにも見えます。

最適な通勤時間と距離のため!転職選びのコツは?

 

仕事に対するモチベーションが上がらない理由に通勤時間や距離が関係しているのであれば、思い切って転職に踏み切るのも良い選択ではないでしょうか?

 

そこで、どのように転職先を見つければよいのかについて詳しくまとめてみましたので、是非参考にしてみてください。

 

転職選びのコツは?

求人情報を見る際、ほとんどの人は給料と待遇面ばかりを気にして通勤距離などはあまり考えないかもしれません。

 

また書類審査が通過し、いざ面接で企業に行くときは、それなりの緊張感の中ですから距離や所要時間も少なく感じてしまいます。

 

その結果、採用され仕事に慣れた時に・・・通勤がだるい!と感じてしまうかもしれませんから、ある程度は事前に調査しておく必要がありそうです。

 

できる限り事前に距離と時間を測る

 

もしあなたが入りたいと思う企業を見つけたら、まずは一度企業と自宅の間を往復してみると正確な時間や距離が分かります。

 

配属される場所を確認

 

応募する企業によっては、所在地近郊に多数の施設を展開している可能性もありますから、応募する際や面接時には、どのに配属されるのか可能な限りを確認しておきましょう。

 

忙しくて測れない!担当者に配属を聞くのが怖い場合は?

誰かに代理で計測してもらったり、聞いてもらうのも一つの方法かもしれませんが、ハローワークや求人誌、広告での応募だと、そこまで親身になって代理を務めてくれる人はいません。

 

もし代理で転職活動を進めてもらいたいと考えるのであれば、専任コンサルタントに頼んでみると良いでしょう。

 

専任コンサルタントって何?

専任コンサルタントとは、転職サイトに常駐している無料のコンサルタントで転職サイトに登録すれば誰でも気軽に活用することができます。

 

もちろん通勤時間や距離だけでなく、給料や待遇面も相談できますから、総合的に考えても便利ではないかと思います。

 

また専任コンサルタントは色々な転職サイトに常駐していますが、介護関連の求人を多く掲載している介護専門の転職サイトだと専門性が高く更に心強い味方になってくれそうです。

 

今回は介護職の通勤時間と距離について詳しくまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?長くもなく短くもなくという最適な通勤は働く上で理想の形かもしれません。

 

どうしても介護の仕事内容だけに着目しがちですが、介護の仕事を長く続けていく為にも通勤時間や距離を見直すことも大切です。

介護職の通勤時間と距離!※平均や許容範囲、転職先選びのコツは?関連ページ

土日祝日が休みの介護職求人の探し方
介護職員の休みの実態についてまとめました。年間休日日数や土日祝休みの介護求人の探し方、介護職員で休みを増やすにはどうすればいいか?などについて分かりやすく解説しています。
介護職は体調不良で休める?
介護職でストレスの限界を感じたら!?ストレスチェックが出来るサイトの紹介や、ストレス発散、解消法、また介護職の体調不良や転職についても詳しくご紹介しています。
夜勤がつらい場合の対処法
介護職はほとんどの方が夜勤を経験されていますが、やはり「体力的につらい」と感じている方が多いようです。夜勤を避けたい為に介護職自体を退職すると言う方も少なくありません。介護職が辛い場合は退職するしかないのでしょうか。夜勤なしの介護職はあるのでしょうか。介護職の夜勤についてまとめました。
夜勤で休憩や仮眠なしってありえる?
介護職で夜勤を経験されている方がほとんどだと思いますが、中には一人夜勤で15時間休憩・仮眠なしという勤務をされている方もいるようです。そう言った夜勤で休憩や仮眠がないというのは法律上問題はないのでしょうか。また、夜勤の勤務時間の平均は何時間くらいなのでしょうか。介護職の夜勤についてまとめました。
夜勤の過ごし方とストレス発散法!
介護職は肉体的にも精神的にもハードになりがちですが、そこに夜勤も加わると眠気と疲れでストレスも倍増!という方も多いのではないでしょうか。介護職で夜勤をされている方はどのように過ごしているのか、みんなストレスはどうやって発散しているのか紹介します。夜勤がつらい、ストレスがたまるとお悩みの方は是非参考にしてください。
夜勤がつらい!日勤の求人の探し方
いくら交代制と言っても介護職の夜勤は体力的にもきついものです。夜勤がつらいと感じて介護職自体を辞めてしまうという方も少なくありません。介護職で夜勤がつらいという方のために、夜勤なし・日勤の介護職の探し方を紹介します。夜勤がつらくて辞めたいという方は是非チェックしてみてください。
夜勤の労働時間ってどれぐらい?
介護職で夜勤があるというは多いと思います。自分の夜勤の労働時間が長いのか、短いのか気になる所だと思います。労働基準法には違反していないのか?介護職の夜勤の労働時間平均や夜勤についての労働基準法についてまとめました。
残業代が出ない&未払いの対処と転職
介護職で残業が多いと悩んでいる方も多いと思います。なかにはサービス残業といわれ残業代が出なかったり、残業代を未払いのままほっておかれたりと言う方もいます。介護士はどのくらい残業をしているのか、残業代の相場はどのくらいなのか、残業代が出ない&未払いの場合の対処法などをまとめました。
人間関係が辛い、辞めたい時の対処法
介護職を辞めたい、退職したいと思う理由の一つに人間関係の悩みがあります。人間関係が悪いと毎日仕事に行くのも憂鬱になるし、人間不信に陥るという可能性もあります。人間関係が最悪でつらい時は転職するべきなのでしょうか。介護職の人間関係の悩みについてまとめました。
介護職の副業とアルバイトについて
介護職は給料が安い!とお悩みではありませんか?1つの会社では給料が足りない、と感じた時副業やアルバイトは認められているのでしょうか。また、会社に内緒で副業やアルバイトをしている場合、会社にバレる可能性はあるのでしょうか。介護職の副業やアルバイトについてまとめました。
平均年収や年齢、勤続年数まとめ!
現在介護職で働いている方やこれから介護職を目指す方の中で、他の介護士がどのくらい給料をもらっているか、年齢層や勤続年数等が気になるという方も多いと思います。そこで介護職の平均年収や年齢、平均勤続年数などのデータまとめました。介護職について詳しく知りたい方は是非参考にしてください。
介護業界はボーナスなしが当たり前!?
介護施設で働く介護職員のボーナス額の平均相場っていくらぐらい!?介護業界は派遣社員や契約社員、パートでもボーナスはもらえる?など、介護業界の給料についてまとめてみました。
介護職3年目の年収と仕事内容!
介護職に限らず勤め始めて3年目と言うのはひとつの節目になります。介護職を3年続けたけれど、仕事が増えるばかりで年収は増えない・・・とお悩みの方も中にはいると思います。介護職の3年目の平均年収や仕事内容についてまとめましたので、自分の給料って安いのでは?とお悩みでしたら是非参考にしてください。
不採用になる理由と採用されるコツ
せっかく準備して面接に臨んだのに不採用が続いている・・・そんな悩みを抱えている方は少なくありません。採用されるには、不採用になる理由を把握し、採用される為の少しのコツを押さえれば面接も怖くありません!介護職で不採用になる理由や採用されるコツや人材についてまとめましたので是非参考にしてください。
特別養護老人ホームの介護度や仕事内容
老人ホームの中には特別養護老人ホームがあります。特別養護老人ホームはどのような方が入居されるのか、介護度の制限はあるのかといった内容を詳しくまとめました。また、特別養護老人ホームで働く介護士の仕事内容やお給料についてもまとめていますので、特別養護老人ホームの仕事をお探しでしたら是非チェックしてください。
介護職からの転職まとめ!
介護職で働いていると、辞めたい、転職したい、と一度は考えた事があると思います。介護職がきつくて転職を考える場合、また介護職に就くか、全く違う職種に就くか迷う所です。実際に介護職から転職たかたの現在の職業や、転職の成功事例、失敗事例などをまとめました。介護職から転職を考えている方は是非参考にしてください。
転職するなら何歳が良い?
介護職から転職したい!けどすぐに辞めてしまったら再就職に不利になりそうだし、長く勤めると辞めにくくなりそうだし・・・と転職のタイミングを迷っている方も多いと思います。介護職や介護業界の転職年齢の平均や転職するなら何歳が良いかなどをまとめました。介護職の転職に悩んでいる方は是非チェックしてください。
特養と老健の仕事内容や給料の違い
介護が必要な老人の入居施設には「特別養護老人ホーム」略して「特養」と「介護老人保健施設」略して「老健」があります。特養と老健、この二つの入居条件の違いや、それぞれで働く介護士の仕事内容や給料、年収の違い、働くならどっちが良いのかなどをまとめました。介護職をお探しでしたら是非参考にしてください。
30代から介護士になれる?
手に職をつける為に30代から介護士を目指すという方もたくさんいます。しかし介護職は給料や年収が低いというイメージがあるのも確かです。そこで30代から介護士になれるのか?30代の介護士の平均月収や年収、ボーナスはどのくらいなのか、について詳しくまとめました。これから介護士を目指す方は是非参考にしてください。
腰痛の予防法やひどい場合の対処法
介護職は老人の身の回りのお世話や入浴介助など、体力を使う仕事です。特に腰痛に悩まされている、と言う介護士は多いと思います。中には腰痛がひどくなり退職せざるを得ないという方もいます。介護士の腰痛の予防法やひどい場合は転職や退職を考えなければいけないのか、など腰痛の悩みについてまとめました。
ヘルパーの夜勤回数と給料の関係
ヘルパーは夜勤をすると夜勤手当などが付くので、夜勤回数が多い方が給料がおおくなります。しかし職場によって夜勤手当などは変わってくるので、たくさん夜勤をしているのに給料が安い!と嘆く方も少なくありません。ヘルパーの夜勤回数と給料の関係や相場についてまとめました。
介護士は何歳まで働ける?
介護士は身の周りのお世話など体力を使う仕事でもあります。また、給料も頭打ちでなかなか上がらず、将来に不安を感じるという方も少なくありません。実際に介護職は何歳から何歳まで働けるのでしょうか。介護士の年代の平均や、再就職するなら何歳まで可能か、介護職の将来性などに就いて詳しくまとめました。
パワハラとセクハラの現状と相談先
最近ではパワハラ、セクハラの問題が深刻化していますが、介護業界も例外ではありません。介護士の中にもパワハラやセクハラで深刻に悩んでいる方、だれにも打ち明けられずつらい毎日を過ごしている方も多いでしょう。そんな方の為にパワハラ、セクハラの被害を受けた場合の対処法や相談先などを紹介しています。
施設利用者からの暴力や嫌われた場合の対処
介護施設には様々な人が入居している為、時には利用者から暴力を振るわれる場合もあります。そんな時、施設に勤務している介護士やその他職員はどのように対応すべきでしょうか?今回はこちらについてまとめてみました。
介護士同士の結婚と給料について
介護士は給料が安いと嘆く方は少なくありません。その中でも給料が安いから結婚に踏み切れない、結婚できないと悩む方もいます。また、介護士同士で結婚を考えたとき将来が不安という方もいるのではないでしょうか。介護士は結婚できないというのは本当か、介護士同士の結婚と給料事情などについてまとめています。
コミュニケーション能力は必須?
介護職は患者さんや医師などに対してコミュニケーションをうまくとる必要があります。しかし介護士として働いている方の中にはコミュニケーションが苦手という方もいるのではないでしょうか。介護職にコミュニケーション能力は必須なのか、コミュニケーションに基本やコツ、効果などをまとめましたのでぜひ参考にしてみてください。