介護職 から 転職

Pick up news !!

介護職からの転職まとめ!【※オススメの転職先、成功&失敗事例は?】

介護職からの転職まとめ!【※オススメの転職先、成功&失敗事例は?】

 

利用者の日常生活を支える介護職は、直接感謝される仕事として多くの人がやりがいを感じていますが、その一方で夜勤のストレス、介護職間のイジメ、利用者の暴言や暴力など様々な問題が引き金となり、転職を希望する人も後を絶たない状況です。

 

確かにネット上のQ&Aには以下のような書き込みもあり、転職を希望する気持ちが伝わってくると同時に、意外と悩んでしまっているようにもみえてきます。

 

「介護職は不向きかも・・・介護職から転職って厳しいのですか?」
「介護職からの転職って出来る?無資格でも採用してくれる業界ってある?」
「転職しようと思っています・・・5年介護で頑張ったけどそろそろ辞めようかと・・・」
「介護職からの転職先で迷ってます・・・介護業界と他業界どちらがいい?」

 

悩んで行動に起こせないというのは非常につらく、介護の仕事をしても注意力散漫になり、利用者にもあなた自身にも良い影響があるとはいえませんし、事故に繋がる危険性も出てきます。

 

そこで今回は介護職からの転職!をテーマに、オススメの転職先や成功&失敗事例を詳しくまとめてみましたので、今後どのような道を進むべきかの参考にしてみてください。

 

目次
  1. 介護職を辞めたい!介護職から他業種への転職を成功させる為のコツ&失敗体験談まとめ!
  2. 介護職からの転職先は他業種?それともやっぱり介護職?
  3. 介護職から転職するのにオススメの年齢は?20代?30代?それとも40代?
  4. 介護職からの転職先でオススメな職種や業種まとめ!
  5. 介護職からのキャリアアップ転職を成功させるには?年収を上げるための転職方法

介護職を辞めたい!介護職から他業種への転職を成功させる為のコツ&失敗体験談まとめ!

介護職を辞めたい!介護職から他業種への転職を成功させる為のコツ&失敗体験談まとめ!

 

介護職からの転職で他業種の企業を選択する人も多いようですが、介護職の生活習慣から抜け出すことができず、結局介護業界へ戻ってくる人も少なくありません。

 

そこで他業種への転職成功のコツや失敗の体験談、そして口コミをご紹介していきたいと思います。

 

介護職からの転職!成功した人や転職のコツは?

そもそも介護職が全く合わない!という人は、働いているうちに介護職自体がきついと思うようになってしまいます。

 

特に以下の様な理由や性格の人は、他業界への転職を成功させていると言われてます。

 

他人とあまり関わらず、黙々と作業することが好きな人
夜勤がなく毎日同じ時間に出勤し帰宅することが体調に合う人
毎週決まった日に休日が取りたい人(土日休みなど)
重労働が比較的少ない方がよいという人
高齢者が苦手な人

 

問題なのは介護職のどの点にストレスや疲れを感じているのか?であり、そこをカバーできる仕事を選ぶことが最大のコツです。

 

もし、自分にマッチした仕事に就ければ介護職から他業種に転職したとしても十分満足できるのではないでしょうか?

 

実際、以下の様に介護職から他業種へ転職を成功させている人がいます。

 

介護職から他業種へ転職を成功させた人の口コミ1

介護職から他業種へ転職を成功させた人の口コミ2

介護職から他業種へ転職を成功させた人の口コミ3

 

このように『転職して良かった』と思っている人も多く、中には介護職時代の肉体労働を評価され運送業界に転職成功させたという体験談もありました。

 

また、上記口コミやつぶやき内の介護職を辞める理由は『人間関係』が多いようですが、男性の場合は『結婚』もあります。

 

今の介護施設だと『結婚資金が溜まらない』、『将来が不安だ』といった理由で他業種へ転職する男性も少なくありません。

 

介護職からの転職!失敗事例

介護職からの転職!失敗事例

 

他業種に転職する人の全てが満足感を得ている訳ではありません。逆に他業種に介護職から転職して以下の様に失敗したと後悔する人もいます。

 

失敗事例1.介護職から工場へ転職しても経験が活かせない

 

失敗事例1.介護職から工場へ転職しても経験が活かせない

 

介護職は専門性の高い仕事ですが工場とは大きく異なります。したがって上のつぶやきのようになかなか経験が活かせないといったケースも少なくありません。

 

また活かせないだけではなく、

そんなことも知らないの?
まだできないのか?
介護職の方が合っているんじゃない?

 

仕事の相手は介護施設の利用者ではありませんから、風当たりが強くこういった同僚社員による厳しい言葉に耐えられず辞めてしまう人もいるようです。

 

失敗事例2.連勤が異常につらい

 

介護職は、シフトで管理されているので連休を取れないところも多いようですが、その代わり3〜4連勤くらいが一般的で、コンスタントに休めるといった特徴もあります。

 

しかし製造業などでは5〜6連勤が当たり前、しかも夜勤も連勤になっていますから慣れない勤務体系で身体的な疲労が蓄積しやすく退職してしまう人もいます。

 

失敗事例3.給料やボーナスが不安定

 

せっかく介護職から転職するなら給料やボーナスアップを期待しますよね。

 

他業界は比較的景気に左右されやすい体質のところも多く、景気がよい時は給料が上がり、景気が悪ければボーナスカット、昇給無しといったことも企業によっては珍しくありません。

 

結局、『介護職の夜勤の方が給料良かった』と転職が失敗し後悔する人もいます。

 

失敗事例4.事務職の仕事を簡単に考えていた

 

女性の転職先として人気の職業です。体力的な理由や結婚や出産を理由に事務職になる人もいますが、エクセルやワードが使える程度では全く戦力にならず、メールなどのビジネスマナーも必要になってくるので苦戦を強いられる人も少なくありません。

 

結局、上司や先輩事務員の知ってて当り前という姿勢がプレッシャーになり挫折してしまう人も多いようです。

 

また、以下の様にデスクワークにやりがいを感じない人もいます。

 

「転職先選び」私の失敗談

≪出典:介護求人ナビ 「転職先選び」私の失敗談より

 

この女性は、介護職から転職して改めて介護職の良さを知ったようですね。

 

もし、腰痛や体力面の不安を払拭できるような介護施設への転職ができれば問題は解決しそうです。

 

介護職からの転職!なぜ失敗したのか?

介護職から転職する人は、介護職を辞めたいという気持ちだけで転職している人が多く、他業種で仕事をしているうちに介護職以外のスキルがないということに気づきます。

 

冷静に考えてみるとほとんどの人が、

「今の職場」がきつい
「今の職場の人間関係」でストレスを感じる

 

このように今所属している介護施設や老人ホームに原因がある訳で、そもそも介護の仕事が好きであれば、あなたを快く迎えてくれる介護施設や老人ホームを探せばよいだけではないでしょうか?

 

誰でも感情的になると、客観的に物事を考えられなくなってしまいますが、ここは一度冷静になり慎重な行動をすれば失敗は防げるような気がします。

 

また、介護職で働いているとコミュニケーション能力や精神面が鍛えられているはずです。

 

こういった経験を活かすのであれば、誰でも応募できるハローワークなどの求人ではなくマイナビエージェント』や『パソナキャリア』といった総合転職サイトや転職エージェントを使ってワンランク上を狙うか、介護を専門とした転職サイトや転職エージェントで条件の良い介護職を探してもよいかもしれません。

 

介護職からの転職を失敗しない為に適正診断をしてみては?

先程、総合転職サイトや転職エージェントを少しご紹介しましたが、同じ転職サイトの『マイナビ転職』ではサイト内に以下の様な簡易的な診断テストを用意しています。

 

マイナビ転職エージェントサーチ 性格診断

 

この性格診断は、生年月日を入力するだけであなたのビジネスタイプや適職が診断されます。

 

もちろん簡易的なものなので参考程度ですが、診断結果をもとに転職先を選び、専任エージェントと一緒に転職活動をしてもいいかもしれませんね。


介護職からの転職先は他業種?それともやっぱり介護職?

介護職からの転職先は他業種?それともやっぱり介護職?

 

転職の成功と失敗をご紹介してきましたが、ここまでお読み頂いた人は少し冷静になり、気持ちも落ち着いてきたかもしれません。

 

そこで、ここからはあなたの今の状況を打開する為、介護職からの転職先についてまとめていきたいと思います。

 

介護職から転職して他業種で通用するのか?

介護職の中には、介護員、介護福祉士、生活相談員、ケアマネージャーなどがあり、その中には国家資格も含まれていますが、残念なことにどれを見ても他業界で有利に働く資格はあまりありません。

 

したがって介護職からの転職は介護業界でどのような仕事をしていたとしても一応通用しますが、大抵は初心者からのスタートということになってしまいます。

 

介護職からの転職!経験や知識を無駄にしない為には?

今までの経験や知識などを無駄にしない為には、もちろん介護職への転職も考えておく必要があるかもしれません。

 

現在働いている職場に嫌気がさしたとしても、

給料の満足感
待遇の満足感
利用者に「ありがとう」と感謝されること

 

上記のような内容を叶えられる職場はたくさんあります。つまり介護業界であなたの願いを叶えられる転職先を探せばよいのです。

 

仮に他業界にいったとしても、介護での経験が活かせるのかは疑問、他業界では通用しないとは言いませんが、新天地に行けばそれなりの苦労は間違いなくあります。

 

しかし同じ転職でも介護業界であれば、あなたは既に経験者であり、その技術と知識を必要としている職場は必ずあるはずです。

 

介護職から転職するなら?介護で転職先を探してみては?

全く新しいことに取り組むよりも、ある程度経験がある業界に転職した方が、多少は気持ちの余裕が出てきます。

 

ご存じの通り、介護業界はどこも人材不足!どの企業もあの手この手で人材を確保しようと四苦八苦している状況ですから、もう一度介護の求人を見てみる価値はあると思います。

 

その際、自分の知っている範囲内だと求人にも限界がありますし、この介護施設知っている・・・期待できないな!というような脱力感を感じてしまうこともあるでしょう。

 

このように脱力感を感じない為には、ハローワークをはじめ求人誌、広告などだけに頼らず介護専門の転職サイトなど様々な媒体で求人検索するのがオススメです。


介護職から転職するのにオススメの年齢は?20代?30代?それとも40代?

介護職から転職するのにオススメの年齢は?20代?30代?それとも40代?

 

20代介護職からの転職!介護士の転職のタイミングは20代がベスト!?

介護職だけではなくどの業界においても20代の男女は欲しいところ、経験や知識が乏しかったとしてもやる気があれば未経験職種であっても大丈夫だと思います。

 

ただし、採用されたとしてもその若さゆえいきなり高給料&高待遇は難しいかもしれません。

 

もし、高給料を目指すのであれば転職先の将来性や規模などをしっかり調べた上で応募するようにしましょう。

 

30代でも介護職からの転職はきつい!?30歳オーバー介護士を辞めたい場合はどうすべき?

30代は、ある程度の知識や経験を積んできた中堅職員です。40代に比べればまだまだ求人数も多く将来の幹部候補としての採用も考えられます。

 

ただし、介護職の資格がそのまま生かせる他業種はほぼ皆無ですから、コミュニケーション能力やリーダーシップ、そしてメンタル面の強さなどをアピールしていきたいところです。

 

逆に介護職への転職を考えているのなら、どの介護施設でも『欲しい人材』だと思います。

 

30代の介護士の場合、これから他業種に一からチャレンジするよりも経験を活かせる介護職を選んだ方が給料や待遇面は期待できるかもしれません。

 

40代で介護職から未経験職種への転職は出来る?成功例とかあれば教えて!

40代であっても介護職から未経験職種への転職は可能です。

 

しかし、社会人としては成熟している年齢に達しているので知識や経験だけでなく人間性などもより高いレベルを求められる可能性があります。

 

例えば、介護施設において介護士のリーダーや管理職を経験済なら未経験職種への転職成功確率は高くなると思います。

 

しかし、ひたすら介護現場で働いていたという女性などについては、いきなり『一般事務で働きたい』と思っていても難しいかもしれません。


介護職からの転職先でオススメな職種や業種まとめ!

介護職からの転職先でオススメな職種や業種まとめ!

 

慣れない他業種に転職するのですから『どこが私に適しているのだろう・・・』と不安になりますよね。

 

そこで、介護職からの転職先でオススメの職種や業種について詳しくまとめてみました。

 

介護職からの転職、男性介護士やヘルパー、ケアマネがその後の転職先に選びたい業種や職種は?

介護職からの転職、男性介護士やヘルパー、ケアマネがその後の転職先に選びたい業種や職種は?

 

『介護の仕事に疲れてしまった・・・』という男性介護士やヘルパー、ケアマネの人は次のような職種や転職先がおすすめです。

 

男性介護職の転職先1.製造業(製造職)

 

男性介護職の転職先1.製造業(製造職)

≪出典:経済産業省 第2節 我が国の産業構造を支える製造業

 

日本の全産業の中でも構成比の大きい基幹産業で、食品、自動車、鉄鋼、電気など色々な分野があります。

 

体力などを使う仕事も多く、介護士やヘルパーといった身体を動かす仕事に就いていた人には入りやすい職種です。

 

男性介護職の転職先2.サービス業

 

細かく見ると種類は多く、小売、卸売、保険、金融、レンタルなど様々です。物を扱い人と接することが多いので男性介護士やヘルパーをはじめケアマネにもおすすめできそうな業種です。

 

男性介護職の転職先3.販売・接客業

 

レストランやデパートといった販売を主とした業種です。こちらもサービス業と同じく介護に関連するどの職種でも対応は可能、今まで培ったコミュニケーション能力を十分に発揮できると思います。

 

男性介護職の転職先4.営業職

 

コミュニケーション能力が非常に重要視される職種です。書類の作成や提案などを行う為、施設利用者ごとに緻密なプランを立て、利用者やその家族と接することの多いケアマネなどの能力は活かされると思います。

 

男性介護職の転職先5.介護職

 

労働環境の悪さなどが介護職を辞めたい原因となっているのならば、環境の整った良質な介護施設への転職も選択肢の一つです。

 

給料、福利厚生など色々な点を事前にチェックしておくことで今より良い介護施設に転職できると思います。

 

介護職からの転職、女性介護士やヘルパー、ケアマネがその後の転職先に選びたい業種や職種は?

介護職からの転職、女性介護士やヘルパー、ケアマネがその後の転職先に選びたい業種や職種は?

 

介護の職場では、スタッフの70〜80%くらいが女性だと言われています。そこで、女性介護士やヘルパー、そしてケアマネが選びたい職種をご紹介します。

 

女性介護職の転職先1.事務職

 

介護職以外の女性にも人気の職種です。『介護で腰を痛めた』、『体力的に限界』といった女性にはオススメしたい職種です。

 

デスクワークが基本で来客や電話の応対、そして書類作成などを行いますが、その種類も経理事務、営業事務、会計事務、一般事務など種類が豊富です。

 

また出産後の転職先としても人気があり、正社員だけでなくパート勤務の求人も多く見受けられます。

 

最近ではネット通販のオペレーターなども女性の中では人気の職種になっています。

 

女性介護職の転職先2.販売・接客業

 

アパレルなど女性の活躍が目立つ職種ですから、コミュニケーション能力を鍛えてきた介護士やヘルパーにオススメです。

 

重労働が少なく冷暖房がしっかり効いた環境で働ける可能性が高いことから、体力に自信のない女性に人気の職種となっています。

 

女性介護職の転職先3.製造業(製造職)

 

食品製造や簡単な部品組み立て、そして検査業務などの軽作業なら体力に自信のない女性でも問題はありません。

 

コミュニケーション能力も必要ですが、一人でコツコツ仕事するタイプの女性には適していると思います。

 

こういった軽作業であれば女性介護士をはじめヘルパーやケアマネであっても体力的な心配はないでしょう。

 

女性介護職の転職先4.介護職

 

今より仕事内容が楽で待遇面や給料面が納得できるところが見つかれば介護職はベストな選択肢ではないでしょうか?もともと、今のあなたは介護経験者です。

 

その経験を高く評価してくれる介護施設なら最高の転職になると思います。


介護職からのキャリアアップ転職を成功させるには?年収を上げるための転職方法

介護職からのキャリアアップ転職を成功させるには?年収を上げるための転職方法

 

せっかく介護職で働いてきたのですから、その経験を活かしてキャリアアップし年収がアップしたら最高ですよね!

 

そこで、介護士やヘルパー、そしてケアマネから考えられるキャリアアッププランについて詳しくまとめてみました。

 

介護士やヘルパー、ケアマネからの考えられるキャリアアッププランは?

介護に関係する仕事をしていたのであれば、今の仕事の上位にあたる職種や資格、そして経験次第で就ける職種への転職を考えるのも年収アップの第一歩です。

 

じゃあどんな仕事があるの?と疑問を持つ人もいると思いますので、まずは厚生労働省が以前公表した介護人材のキャリアパスをご紹介したいと思います。

 

介護人材の機能とキャリアパスについて

≪出典:厚生労働省 介護人材の機能とキャリアパスについて

 

このように厚生労働省では、利用者の直接介護にあたる介護士やヘルパーからスタートして介護の専門職や管理職(施設長)などを目指すキャリアパスを公表しています。

 

この表から見ると、介護士やヘルパーであれば国家資格の『介護福祉士』が目標です。

 

またケアマネ(介護支援専門員)は介護福祉士などの国家資格を持ち且つ5年以上の実務経験といった条件を満たさないと取得できない介護の専門職ですが、既にこういった専門職に就いている人は新たに資格などを取得し、管理職や施設長を目指すのも良いと思います。

 

また、介護支援専門員には『主任介護支援専門員』という上位資格を取得するのもキャリアアップの一つです。

 

各介護職種からのキャリアアップ例

 

各介護職種からのキャリアアップ例

※資格取得や講習を受講することを条件とした職種もあります。
※上記キャリアアップは一例です。

 

給料や待遇をアップさせるにはどんなスキルが必要?年収を上げる為の具体的な方法は?

前項でご紹介したように、介護職からの転職でキャリアアップするには資格取得も重要です。キャリアアップに必要な資格を取得して転職すれば当然ながら給料や待遇は期待できます。

 

また、

コミュニケーション能力
身体能力
対応力
応用力

 

上記のような介護職で培ったスキルも転職には大切ですし、どこで転職先を探すのかも給料や待遇アップを左右してしまいます。

 

例えば、インターネット検索ができるようになったハローワークには全国のあらゆる求人が掲載されていますが、無料掲載ということもあり高待遇&高給料の求人はすぐに決まってしまい、なかなか良質な介護求人に巡り合わないと言われています。

 

そこでオススメしたいのが介護を専門に扱っている介護専門転職サイトや転職エージェントです。

 

サイト内は非公開求人といった良質な求人をはじめ、ハローワークや求人誌では見られない仕事が多く掲載されています。

 

また、転職サイトに登録して専任エージェントを利用すればあなたが忙しくてもエージェントが代わりに職探しや交渉を代行してくれます。

 

年収アップには転職エージェントがオススメ!介護職からの転職にオススメの転職サイトまとめ!

年収アップには転職エージェントがオススメ!介護職からの転職にオススメの転職サイトまとめ!

 

今あなたが働いている介護から転職するなら、転職エージェントや転職サイトを利用した求人検索がオススメです。

 

気軽に求人が探せるハローワークや求人誌より良質な求人がたくさん掲載されている可能性が高く、上手に活用すれば給料やボーナスアップも期待できます。

 

総合転職エージェントのマイナビエージェント

 

転職サービス≪マイナビエージェント≫の無料登録はこちら!

転職エージェント名 マイナビエージェント
運営会社名 株式会社マイナビ
求人数 約30,000件(うち非公開求人は80%)
求人掲載エリア 全国に対応
特徴

・20代で信頼されている転職エージェント1
・経験豊富なキャリアアドバイザーが多数在籍
・利用料は全て無料
・全国のIT、営業職、事務職、製造職などを掲載

例えば、当ページでもご紹介した『マイナビ転職』と同じグループの『マイナビエージェント』は、色々な職種を掲載している国内最大級の転職エージェントで総求人数は2018年8月時点で非公開求人を含め3万件を超えています。

 

このマイナビエージェントには、各業界に特化した経験豊富なキャリアアドバイザーが多数在籍しており、介護職から転職するあなたをしっかりサポート!20代の女性に人気の事務職をはじめ様々な業界へチェレンジできます。

 

『介護職から転職したいけど・・・他業種がいいな』と考えている女性や年収アップを狙う男性介護士にもオススメの転職エージェントです。

 

 

介護職から介護に再挑戦なら!マイナビ介護職

 

マイナビ介護職の無料登録はコチラ!

転職エージェント名 マイナビ介護職
運営会社名 株式会社マイナビ
求人数 約14,000件(40%は非公開求人)
求人掲載エリア 全国
特徴

・福祉、介護専門の転職エージェント
・福祉、介護専門キャリアアドバイザーが多数在籍
・職業紹介有料事業者認定を取得
・入職後のアフターフォローも充実

40年近くの歴史を持つマイナビグループの一つです。掲載されている求人はもちろん介護と福祉関係のみ!

 

介護職から再度介護にチェレンジしたいと考えている人には絶対オススメの転職エージェントです。

 

ハローワークで転職する際にも様々なサポートを受けることができますが、マイナビ介護職では面接セッティングや練習、書類の添削などもサポートしてくれます。

 

『もう一度介護で働きたい』、『転職してキャリアアップしたい』と考えている介護職の人にはオススメの転職エージェントです。

 

 

介護職で転職先を探したい人は!スマイルSUPPORT介護

 

スマイルSUPPORT介護の無料登録はコチラ!

転職エージェント名 スマイルSUPPORT介護
運営会社名 HITOWAキャリアサポート株式会社
求人数 約85,000件(うち非公開求人は50,000件)
求人掲載エリア 全国に対応
特徴

・登録やサービスは全て無料
・高給与、高待遇などの特集コンテンツが充実
・管理職専門のハイクラス介護求人あり
・派遣スタッフとして働くことも可能

旧長谷川長谷川キャリアサポート株式会社が運営している介護専門転職エージェントで、自社グループ内にもケアサービス会社があります。

 

求人数は国内最大級の85,000件、カバー範囲は全国なのでどの地域の住んでいても利用できる大手介護専門転職エージェントです。

 

介護からの転職でキャリアアップしたい人やとりあえず派遣から入職したい人などにもオススメですし、ある程度キャリアを積んできた30代や40代のベテラン介護職の方にもオススメできる転職エージェントです。

 

 

今回は介護職からの転職について、成功や失敗事例を交えてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

たとえ介護職がつらいといっても、あなたは介護職の良さを知っていると思いますし、老人保健施設や有料老人ホームなどまだ経験していない施設もたくさんあるはずです。

 

介護職から異業種への転職は決して失敗するとは限りませんが、せっかく今まで培った知識や経験があるのなら、それを最大限に活用できる介護施設への転職も考えてみてください。


介護職からの転職まとめ!【※オススメの転職先、成功&失敗事例は?】関連ページ

土日祝日が休みの介護職求人の探し方
介護職員の休みの実態についてまとめました。年間休日日数や土日祝休みの介護求人の探し方、介護職員で休みを増やすにはどうすればいいか?などについて分かりやすく解説しています。
介護職は体調不良で休める?
介護職でストレスの限界を感じたら!?ストレスチェックが出来るサイトの紹介や、ストレス発散、解消法、また介護職の体調不良や転職についても詳しくご紹介しています。
夜勤がつらい場合の対処法
介護職はほとんどの方が夜勤を経験されていますが、やはり「体力的につらい」と感じている方が多いようです。夜勤を避けたい為に介護職自体を退職すると言う方も少なくありません。介護職が辛い場合は退職するしかないのでしょうか。夜勤なしの介護職はあるのでしょうか。介護職の夜勤についてまとめました。
夜勤で休憩や仮眠なしってありえる?
介護職で夜勤を経験されている方がほとんどだと思いますが、中には一人夜勤で15時間休憩・仮眠なしという勤務をされている方もいるようです。そう言った夜勤で休憩や仮眠がないというのは法律上問題はないのでしょうか。また、夜勤の勤務時間の平均は何時間くらいなのでしょうか。介護職の夜勤についてまとめました。
夜勤の過ごし方とストレス発散法!
介護職は肉体的にも精神的にもハードになりがちですが、そこに夜勤も加わると眠気と疲れでストレスも倍増!という方も多いのではないでしょうか。介護職で夜勤をされている方はどのように過ごしているのか、みんなストレスはどうやって発散しているのか紹介します。夜勤がつらい、ストレスがたまるとお悩みの方は是非参考にしてください。
夜勤がつらい!日勤の求人の探し方
いくら交代制と言っても介護職の夜勤は体力的にもきついものです。夜勤がつらいと感じて介護職自体を辞めてしまうという方も少なくありません。介護職で夜勤がつらいという方のために、夜勤なし・日勤の介護職の探し方を紹介します。夜勤がつらくて辞めたいという方は是非チェックしてみてください。
夜勤の労働時間ってどれぐらい?
介護職で夜勤があるというは多いと思います。自分の夜勤の労働時間が長いのか、短いのか気になる所だと思います。労働基準法には違反していないのか?介護職の夜勤の労働時間平均や夜勤についての労働基準法についてまとめました。
残業代が出ない&未払いの対処と転職
介護職で残業が多いと悩んでいる方も多いと思います。なかにはサービス残業といわれ残業代が出なかったり、残業代を未払いのままほっておかれたりと言う方もいます。介護士はどのくらい残業をしているのか、残業代の相場はどのくらいなのか、残業代が出ない&未払いの場合の対処法などをまとめました。
人間関係が辛い、辞めたい時の対処法
介護職を辞めたい、退職したいと思う理由の一つに人間関係の悩みがあります。人間関係が悪いと毎日仕事に行くのも憂鬱になるし、人間不信に陥るという可能性もあります。人間関係が最悪でつらい時は転職するべきなのでしょうか。介護職の人間関係の悩みについてまとめました。
介護職の副業とアルバイトについて
介護職は給料が安い!とお悩みではありませんか?1つの会社では給料が足りない、と感じた時副業やアルバイトは認められているのでしょうか。また、会社に内緒で副業やアルバイトをしている場合、会社にバレる可能性はあるのでしょうか。介護職の副業やアルバイトについてまとめました。
平均年収や年齢、勤続年数まとめ!
現在介護職で働いている方やこれから介護職を目指す方の中で、他の介護士がどのくらい給料をもらっているか、年齢層や勤続年数等が気になるという方も多いと思います。そこで介護職の平均年収や年齢、平均勤続年数などのデータまとめました。介護職について詳しく知りたい方は是非参考にしてください。
介護業界はボーナスなしが当たり前!?
介護施設で働く介護職員のボーナス額の平均相場っていくらぐらい!?介護業界は派遣社員や契約社員、パートでもボーナスはもらえる?など、介護業界の給料についてまとめてみました。
介護職3年目の年収と仕事内容!
介護職に限らず勤め始めて3年目と言うのはひとつの節目になります。介護職を3年続けたけれど、仕事が増えるばかりで年収は増えない・・・とお悩みの方も中にはいると思います。介護職の3年目の平均年収や仕事内容についてまとめましたので、自分の給料って安いのでは?とお悩みでしたら是非参考にしてください。
不採用になる理由と採用されるコツ
せっかく準備して面接に臨んだのに不採用が続いている・・・そんな悩みを抱えている方は少なくありません。採用されるには、不採用になる理由を把握し、採用される為の少しのコツを押さえれば面接も怖くありません!介護職で不採用になる理由や採用されるコツや人材についてまとめましたので是非参考にしてください。
特別養護老人ホームの介護度や仕事内容
老人ホームの中には特別養護老人ホームがあります。特別養護老人ホームはどのような方が入居されるのか、介護度の制限はあるのかといった内容を詳しくまとめました。また、特別養護老人ホームで働く介護士の仕事内容やお給料についてもまとめていますので、特別養護老人ホームの仕事をお探しでしたら是非チェックしてください。
転職するなら何歳が良い?
介護職から転職したい!けどすぐに辞めてしまったら再就職に不利になりそうだし、長く勤めると辞めにくくなりそうだし・・・と転職のタイミングを迷っている方も多いと思います。介護職や介護業界の転職年齢の平均や転職するなら何歳が良いかなどをまとめました。介護職の転職に悩んでいる方は是非チェックしてください。
特養と老健の仕事内容や給料の違い
介護が必要な老人の入居施設には「特別養護老人ホーム」略して「特養」と「介護老人保健施設」略して「老健」があります。特養と老健、この二つの入居条件の違いや、それぞれで働く介護士の仕事内容や給料、年収の違い、働くならどっちが良いのかなどをまとめました。介護職をお探しでしたら是非参考にしてください。
30代から介護士になれる?
手に職をつける為に30代から介護士を目指すという方もたくさんいます。しかし介護職は給料や年収が低いというイメージがあるのも確かです。そこで30代から介護士になれるのか?30代の介護士の平均月収や年収、ボーナスはどのくらいなのか、について詳しくまとめました。これから介護士を目指す方は是非参考にしてください。
腰痛の予防法やひどい場合の対処法
介護職は老人の身の回りのお世話や入浴介助など、体力を使う仕事です。特に腰痛に悩まされている、と言う介護士は多いと思います。中には腰痛がひどくなり退職せざるを得ないという方もいます。介護士の腰痛の予防法やひどい場合は転職や退職を考えなければいけないのか、など腰痛の悩みについてまとめました。
ヘルパーの夜勤回数と給料の関係
ヘルパーは夜勤をすると夜勤手当などが付くので、夜勤回数が多い方が給料がおおくなります。しかし職場によって夜勤手当などは変わってくるので、たくさん夜勤をしているのに給料が安い!と嘆く方も少なくありません。ヘルパーの夜勤回数と給料の関係や相場についてまとめました。
介護職の通勤時間と距離の平均
介護職は体力を使う仕事なので、通勤時間が長いと体力がもたない・・・という方も多いと思います。介護職に就いている方の通勤時間や距離の平均、通勤時間の許容範囲などをまとめました。また、程良い通勤距離の転職先の探し方のコツなども紹介していますので、是非参考にしてください。
介護士は何歳まで働ける?
介護士は身の周りのお世話など体力を使う仕事でもあります。また、給料も頭打ちでなかなか上がらず、将来に不安を感じるという方も少なくありません。実際に介護職は何歳から何歳まで働けるのでしょうか。介護士の年代の平均や、再就職するなら何歳まで可能か、介護職の将来性などに就いて詳しくまとめました。
パワハラとセクハラの現状と相談先
最近ではパワハラ、セクハラの問題が深刻化していますが、介護業界も例外ではありません。介護士の中にもパワハラやセクハラで深刻に悩んでいる方、だれにも打ち明けられずつらい毎日を過ごしている方も多いでしょう。そんな方の為にパワハラ、セクハラの被害を受けた場合の対処法や相談先などを紹介しています。
施設利用者からの暴力や嫌われた場合の対処
介護施設には様々な人が入居している為、時には利用者から暴力を振るわれる場合もあります。そんな時、施設に勤務している介護士やその他職員はどのように対応すべきでしょうか?今回はこちらについてまとめてみました。
介護士同士の結婚と給料について
介護士は給料が安いと嘆く方は少なくありません。その中でも給料が安いから結婚に踏み切れない、結婚できないと悩む方もいます。また、介護士同士で結婚を考えたとき将来が不安という方もいるのではないでしょうか。介護士は結婚できないというのは本当か、介護士同士の結婚と給料事情などについてまとめています。
コミュニケーション能力は必須?
介護職は患者さんや医師などに対してコミュニケーションをうまくとる必要があります。しかし介護士として働いている方の中にはコミュニケーションが苦手という方もいるのではないでしょうか。介護職にコミュニケーション能力は必須なのか、コミュニケーションに基本やコツ、効果などをまとめましたのでぜひ参考にしてみてください。