介護職 将来性 ない 定年

Pick up news !!

介護職は将来性がない!?介護業界の今後と定年まで働けるか?

介護職は将来性がない!?介護業界の今後と定年まで働けるか?

 

最近はどの地域でも介護施設を見かけるようになりましたよね。それだけ高齢社会が進んでいるという証拠ですし、こういった介護施設を見て介護職に興味を持ち始めている人もたくさんいると言われています。

 

しかし、分からないことも多いのが現実!例えば、介護業界の将来性や給料、そしてボーナスなどを以下の様に心配している人も少なくありません。

 

「介護職って将来性ある?給料やボーナスは期待できるのかな・・・」
「定年まで介護職として働くことは可能かな・・・男性でも働ける?」
「定年後でも雇ってくれる介護施設ってある?資格などが必要になるの?」
「将来性ある介護施設を探すにはどうしたらいい?介護求人の探し方は?」

 

もしかするとあなたも、上記の様に考えて当ページにご訪問頂いているのかもしれませんね。

 

そこで今回は、介護職は将来性がない!?と題して、将来性はあるか?給料はどれぐらいか?定年まで働けるか?などを、一つ一つ詳しくまとめてみましたので、興味がある方は是非チェックしてみてくださいね。


介護職は定年まで働ける?介護福祉士の将来と定年後

介護職は定年まで働ける?介護福祉士の将来と定年後

 

 

定年まで働けるのか?そして定年後はどうなるのか?これは、介護職を目指す人や既に介護職の人にも大切なことです。

 

そこで、介護職は定年まで果たして働けるかどうかや介護福祉士の将来と定年後について詳しくまとめてみました。

 

介護職の男性は定年まで働くのはきつい?女性なら働ける?

介護はキツイ仕事だから定年まで働けるのかな?と不安に思っている人も多いようですが、介護業界には60代、70代の人が現役介護士として活躍している介護施設がたくさんあります。

 

男性介護職、そして女性介護職でも、体力やヤル気さえあれば定年まで働くことは十分可能です。だからといって誰でも定年まで無理なく働ける訳ではありません。

 

例えば在籍している介護施設が人材不足だったりすれば、同じ介護職でも疲労度は変わってきます。

 

また、定年は必ずしも60歳ではありませんし、介護福祉士などの資格によって定年年齢を変えているところも珍しくないようです。

 

介護の資格を取ってから転職!何歳から資格を取得すれば定年まで間に合う?

『どうせ介護職に転職するなら資格取って資格手当をもらいたい!』と考えている人も多いのではないでしょうか?

 

しかし、どんな資格にも大抵受験資格というものがあるので、あまり遅い時期に取得するとすぐ定年を迎えてしまいます。

 

そこで何歳から取得すれば定年までの間に合うのか?まずは介護に関連する主要な資格を一覧にまとめてみました。

 

資格の名称 受験資格
介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級) ヘルパー2級に変わる資格で介護職員としては最初に取っておきたい介護資格です。受講資格は特にないので誰でも取得することができます。
実務者研修(旧ヘルパー1級)

ヘルパー1級相当の介護資格で、無資格者をはじめ介護初任者研修、介護職員基礎研修修了者などの有資格者に受講資格が与えられます。
この資格は介護福祉士を目指す人にはとても重要な資格であり、最近は介護職員初任者研修をパスし実務者研修から受講する人も増えてきました。

介護福祉士(国家資格) 介護職の目指す代表的な資格です。取得には3年以上実務経験と実務者研修修了が必要です。資格の種類は名称独占の国家資格になっています。
介護支援専門員(ケアマネ) 業務独占資格ですが、介護福祉士のような国家資格ではありません。受験資格はハードルが高く、以前は無資格でも10年以上の実務経験があれば受験することができましたが、現在は介護福祉士などの資格+実務経験5年以上(実稼働900日以上)を必要とします。

 

介護施設の資格を一覧にしたので何となく何歳から資格を取得すべきかイメージできましたか?

 

以前は、10年以上の実務経験があれば直接介護を行わないケアマネジャーを受験することが可能でしたが、受験資格が変更になったことにより10年以上の実務経験を経ケアマネジャーになることはできなくなりました。

 

したがって、もしあなたが今無資格だとしたら、最初に考えるのは介護職員初任者研修か実務者研修です。この資格なら定年間近でも取得はできると思います。

 

また、すでに実務者研修の認定を受けているようでしたら、通常目指すのは介護福祉士です。

 

しかし、国家資格の介護福祉士は3年以上の実務経験を必要としていますから定年の4〜5年前から実務経験を積み実務者研修などを取得しておかないと資格取得はギリギリになってしまいます。

 

介護職の定年後と将来!介護福祉士が定年後に働くなら?

介護福祉士として長年働いてきたのであれば、定年後であっても転職するチャンスはあります。

 

その主な理由は、

慢性的な人手不足
知識や経験が豊富
介護福祉士を一定数雇うと加算が算定される

といった介護施設側の都合です。

 

特に3つ目の加算は経営に大きく関係してくるので介護福祉士の資格を持っている人の場合は『是非とも来てください』くらいの待遇を受けることもあります。

 

また、長年介護福祉士という資格で働いてきたのであれば定年後の空いた時間を利用しケアマネジャーの資格を取り、その後、転職を試みてもいいのではないでしょうか?

 

定年後でも介護職で働ける?求人募集の年齢制限は?

再雇用・・・この言葉を最近よく聞きますよね。一度定年を迎えて正社員を引退した後、再度働くことを指した言葉ですが、もちろん介護業界でも定年後に再雇用制度を利用し働く事や、違う介護施設を探して働くもの可能です。

 

また、ハローワークなどの求人では『長期勤続によるキャリア形成のため若年者を対象』といった年齢に制限を設けた求人も多く見られます。

 

介護業界でもこういった形式の求人が全くないわけではありませんが、介護業界の特性上、年齢制限を設けるケースは少ないので定年後の人には有利な業界といえます。


介護職は将来性がない!?給料アップや賞与は今後も期待できないの!?

介護職は将来性がない!?給料アップや賞与は今後も期待できないの!?

 

 

2000年、介護保険法が制定されて以来、瞬く間に『介護』という言葉が身近なものになってきました。

 

介護という言葉が身近になった原因は日本国内における高齢社会であり、高齢者人口の爆発的な増加と共に介護職の必要性もどんどん増しています。

 

しかし、実際には給料面な待遇面、そして将来性などを危惧する人も多く、介護という仕事に疑問を抱いている人も少なくありません。

 

介護業界の将来性は?介護職の事情や働く年齢層は?

ハローワークや転職サイトなどをよく見る人なら分かると思いますが、介護関連の求人って本当に多いですよね。介護業界は今、慢性的な人材不足で悩んでいるからです。

 

その主な原因は先ほど申し上げた高齢社会、そしてあと10年もない2025年には超高齢社会を迎えようとしています。

 

2025年に向けた介護人材にかかる受給推計(確定値)

≪出典:厚生労働省 2025年に向けた介護人材にかかる需給推計(確定値)

 

上記データは厚生労働省によるもので、増加する高齢者に対して2025年には37.7万人の介護人材不足という驚きの数値を公表しました。

 

しかし、介護施設で働く施設長は一人ですし、生活相談員(社会福祉主事、社会福祉士)や介護支援専門員(ケアマネージャー)も多くて2人程度です。

 

そうすると、この数値はほとんどが直接介護に携わる介護職(介護福祉士)ということになります。

 

また、公益財団法人介護労働センターの平成30年8月3日公表の最新データでは、介護業界の平均年齢は47.4歳と比較的高いという調査結果を公表しています。

 

介護業界の平均年齢

≪出典:公益財団法人介護労働安定センター 介護労働の現状について

 

このように厚生労働省や介護労働安定センターのデータを見ると、高齢者は多くなるのに介護職は足りていません。

 

この現象から推測すれば介護業界の仕事は将来性があり安定していることが分かりますし、平均年齢を見る限りは、依然として中高年介護士の活躍が目立つ業界ということが言えます。

 

また、介護職で経験を積めば介護福祉士、そしてケアマネジャー(介護支援専門員)という道も開けてきますので、最終的にどこを目指すのか?将来を見据えて働くのも良いかもしれませんね。

 

介護職の男性の将来性!給料アップや賞与は今後も期待できないの!?

一般的な企業に比べて定期昇給などがあまり期待できない業界だと言われているので将来性を感じないと考えている人も多いと思いますが、厚生労働省の調べによると平成29年度は回答を行った介護施設のうち66.4%が定期昇給を実施すると回答しています。

 

平成29年度介護従事者処遇状況等調査結果の概要

≪出典:厚生労働省 平成29年度介護従事者処遇状況等調査結果の概要

 

もちろん、定期昇給だけではなく男性でも夜勤回数を増やしたり、上位資格を取得したりすれば給料アップは十分可能ですしボーナスも期待できます。

 

問題なのは、男性が選んだ介護施設が66.4%に入っている企業なのかといった点です。

 

入っていなければ同じ介護施設だったとしても将来性を感じませんよね。この辺を解決するには介護職求人の探し方などが大切になってくるかもしれませんね。

 

介護業界で働く介護職の給料や年収の平均は?

介護職に将来性があったとしても将来が不安になってしまうような給料や年収だと働く意欲も無くなってしまいますよね。

 

そこで、まず厚生労働省が発表した平成29年度の介護職員平均給与額を見てください。

 

平成29年度介護従事者処遇状況等調査結果の概要

≪出典:厚生労働省 平成29年度介護従事者処遇状況等調査結果の概要

 

平均給与なのであくまで参考資料ですが、男性と女性両方の介護職員給料は297,450円になっています。そして、この金額から一時金(ボーナスなどの一時金)を抜いた金額が実際の月給の目安と言えます。

 

ちなみに年収の場合は一時金込みで、3,569,400円(年収)=297,450円(月収)×12ヵ月という金額が目安です。

 

もし基本給のみだと年収は2,154,720円になってしまいますから、少しでも給料を増やしたいと思っている人は手当やボーナスが支給される『将来性を感じる介護施設』を事前にチェックしておいた方が良いでしょう。

 


定年後、未経験からでも介護職に就ける?

定年後、未経験からでも介護職に就ける?

 

前項でご紹介してきたように介護職は比較的平均年齢の高い職場です。ただ、どちらかというと専門性の高い職場といったイメージがありますから『定年前後の年齢に達した人で未経験は絶対無理だよね・・・』と勝手も思い込んでいる人も少なくありません。

 

そこで、定年後に未経験からでも介護職に就けるのかなどについて詳しくまとめてみました。

 

定年後の転職先はなかなか見つからないって本当?

もし定年後に介護以外へ転職したいと考えているなら、無理とは言いませんがかなり厳しい状況に置かれることは覚悟しておかないといけません。

 

何故なら、介護以外の企業の転職事情は以下の様に40歳くらいでも厳しいと言われているからです。

 

40歳以降の介護以外の転職についての口コミ

 

40歳くらいで厳しいのですから、定年後はもっと厳しいのが当たり前ではないでしょうか?その為、40歳過ぎた人がどんな業界に転職していくのかというと、その一つは介護業界だと言われています。

 

確かに介護業界で働く人のほとんどがいまだ中途採用だということ、そして介護業界の平均年齢が47.4歳という現実からすれば『40歳を過ぎた人の転職先の一つは介護』は納得できるのではないでしょうか?

 

また、介護業界で活躍している介護職の中で60歳以上が占める割合は非常に高く、介護業界の中では即戦力の年齢です。

 

もし定年後、介護未経験でも雇ってくれるのだとしたら介護業界への転職も選択肢に入れておく必要はあるでしょう。

 

定年後は未経験からでも介護職に就けるの?

そこで、定年後に未経験から介護はどうなのかというと、介護業界は未だに未経験からスタートする職員が多い業界です。

 

実際、介護を専門に扱った転職サイトで『未経験』と『年齢不問』をキーワードに検索してみると、以下の様に介護職求人は12,000件以上ヒットしました。しかもこの数は関東圏のみです。

 

未経験の介護求人の検索結果

≪出典:スマイルSUPPORT介護サイト

 

上記サイトは『スマイルSUPPORT介護』という介護を専門とした転職サイトで、介護関連の総求人数は約85,000件もあります。

 

もし『全国』で無資格&未経験で検索したらもっと多くの求人がヒットすることは間違いありません。

 

このように未経験や定年後という他業界ではちょっと厳しい条件であっても、介護業界の場合は十分に応募資格がある為、後は面接での印象ややる気だけでなんとかなりそうです。

 

定年後でも介護関連資格が必須な所介護施設ももちろんある!

前項では未経験&定年後の場合であっても応募が出来るとご説明しましたが、もちろん介護施設の求人によっては、制限を設けているケースも多々あります。

 

簡単にその条件を見てみると・・・

初任者研修・ホームヘルパー2級以上・実務者研修終了者
ヘルパー2級、初任者研修をお持ちの方大歓迎! 無資格の方もご相談ください!!
介護福祉士、ヘルパー2級以上、実務者研修、基礎研修、初任者研修のいずれかを取得されている方
介護職員基礎研修課程修了者もしくは介護福祉士

このような各資格を指定した応募条件です。

 

一部廃止された資格もありますが、よく見かける条件です。

 

ご説明した条件だと確かに未経験の場合は選択できる介護施設の幅が多少狭くなるかもしれませんが、逆に言うと、

介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)
実務者研修(旧ヘルパー1級)
介護福祉士

等の資格を持っていれば、定年後だったとしても資格の制限に引っ掛からず介護職の経験や資格が強みになり有利に転職出来るという事です。


介護業界内での転職と求人の探し方!

介護業界内での転職と求人の探し方!

 

では最後に、定年後でも働ける介護業界求人の探し方について紹介させて頂きます。

 

もちろん地域のハローワークや、求人雑誌などでも探すことが出来ますが、定年後を見据えている人や既に定年を迎えている人が介護求人を探すのであれば、以下の方法がオススメです。

 

定年後に介護職求人を探す方法!オススメの転職方法は?

定年後に介護職求人を探す方法!オススメの転職方法は?

 

地域ごとに設置されているハローワークや求人誌、そして広告でも介護求人を探すことはできますが、掲載されている求人の全てが介護関連ではありませんし、他にも介護求人を掲載している媒体はあります。

 

例えば転職サイト!転職サイトにはハローワークなどに掲載されていない求人も多く、その中には通常は応募することができない非公開求人と呼ばれる良質な求人も掲載されています。

 

ただ単に介護職に就きたいという考えでしたら、ハローワークなどでも問題ないと思います。

 

しかし、ブラック企業をできる限り避け、給料面、待遇面など将来を考えた転職をしたいなら転職サイトの活用は非常に有効です。

 

定年後の介護転職なら介護専門転職サイトがオススメ

 

転職サイトの中にも専門性の高い転職サイトというものがあります。その中には介護を専門とした転職サイトも存在し、介護職をはじめ訪問ヘルパー、介護福祉士、ケアマネジャーなど様々な業種を取り扱っています。

 

また、こういったサイトには『転職エージェント』と呼ばれる転職をサポートするプロも在籍しており、あなたに代わり条件交渉や面接セッティングなども進めてくれます。

 

定年を迎える頃になると狭まってくる転職先・・・一人で職探しをしているとどんどん不安になってくる人も多いと言われています。

 

そんな不安を抱えることなく、できるだけ有利に介護転職を成功させたいなら介護専門転職サイトや転職エージェントがオススメです。

 

介護専門転職サイトから希望に合う求人を探すには?

 

前項でご紹介している介護専門転職サイト『スマイルSUPPORT介護』は、業界トップクラスの求人数を誇る大手転職サイトなので、このサイトを例に介護職求人の探し方をご説明していきたいと思います。

 

介護求人の探し方

≪出典:スマイルSUPPORT介護サイト

 

まずトップページある検索欄を見てみましょう。検索欄には『職種』、『施設形態』、『勤務形態』とありますので、あなたの希望するところにチェックを入れます。

 

次にその下にある『こだわり条件』、『フリーワード』からあなたの条件にチェックを入れます。

 

例えば、

定年が近い人や定年を迎えた人は『年齢不問』
介護職経験ない人は『未経験OK』
検索項目にない場合は『フリーワード』に直接入力

 

また、サイトに登録することで非公開求人への応募や人材コンサルタント(転職エージェント)の利用もできます。そして気になる転職サイトの利用は全て無料です。

 

介護職への転職に失敗しない為の注意点とは?

 

介護業界は将来的に見ても人材不足が予想され、介護ロボットの導入なども着々と準備段階に入っているようですが、人の重要性というのはこれからも変わる事はなく、人材不足を補うよう引き続き介護業界は多くの求人があると予想されます。

 

また待遇面は各所に差が生じていますから就職や転職する際は、未経験や無資格といったところだけでなく各施設の求人内容をしっかり確認する必要があります。

 

例えば、定年後に初めて介護職に就く人は、

事業所の規模はどれくらい?
給料の内容確認(どのような手当がつくのか?)
ボーナスはあるのか?
夜勤の頻度やシフト内容(時間帯など)
勤務地

といった内容のチェックは必須です。

 

転職サイトに登録しているから安心と思っているなら間違いです。求人内容は各施設で異なるのであなたが知りたい部分が記載されていないこともあります。

 

そんな時は、人材コンサルタントの出番!もしあなたが直接聞くことができない時は代わりにコンサルタント(転職エージェント)が聞いてくれます。

 

実際、転職エージェントがどんなサポートをしてくれるのかというと、

面接時のアドバイス
面接日の設定や交渉
給料やボーナスの確認や交渉
勤務帯などの交渉
円満退職へのアドバイス
入職後のアフターフォロー

※転職エージェントによってサポートする内容は異なります。

 

一般的には上記内容を全力でサポートしてくれるのです。また、もともと介護職で働いていた人は、『介護経験あるから大丈夫!』と油断して今働いている介護施設との比較を忘れてはいけませんよ。

 

介護職に転職するなら!介護専門転職サービスの種類に注意!

 

介護専門の転職サービスには、基本的に自分で転職活動を行う介護専門転職サイトとエージェントが在籍している介護専門転職エージェントがあります。

 

例えば、カイゴジョブというサイトは50,000件以上の求人を持つ介護福祉専門の転職サイトですが転職エージェントは在籍していません。

 

一方、当ページでご紹介してきたスマイルSUPPORT介護は人材コンサルタントという名称の転職エージェントサービスを提供しています。

 

転職活動を行うにしても、個々で手法は異なります。

 

とりあえず最初は一人でコツコツ探したい人はカイゴジョブの様な転職サイト、転職のプロのサポートを受けながら有利に転職活動を進めていきたいと思っている人は転職エージェントがオススメです。

 

今回は、介護職は将来性がない!?と題して、定年まで働けるのかなどについてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

 

介護業界は決して将来性がない業界ではありませんし、介護職は未経験で高齢者であっても上手に探せば雇ってくれるところはあります。

 

今後は介護業界自体更に人手不足になると予想できますし、まずは未経験や年齢不問の施設でアルバイトでもしながら、通信制で資格取得などを目指すと、今後仕事に困ることもなくなるかもしれませんね。

 


介護職は将来性がない!?【※介護業界の今後と定年まで働けるか?】関連ページ

仕事を辞めたい原因と転職
やりがいのある介護の仕事も、体力的にきつかったり、職場でのトラブルなどで辞めたい・・・と悩む方も多くいます。実際に介護の仕事で働いている方が、辞めたいと思う原因をまとめてみました。また仕事を辞めたい時の対処法や転職に成功するコツなども紹介していますので是非参考にしてください。
介護の仕事はきつい?
介護の仕事はやりがいのある仕事であるとともに、きつい仕事というイメージがあるのも確かです。老人の排泄・食事のサポートやベットへの移動など体力と精神力も必要とされます。実際に介護職の仕事内容やどのような事にきついと感じるか、しんどいと感じる時はどんな時かまとめてみました。
介護の仕事職種別の給料
介護の仕事は仕事がハードで、その割には給料が安いと思っていませんか?介護の仕事を目指すに当たって給料も重要な要素ですよね。実際に介護の仕事の給料の相場や、職種別の給料と仕事内容などを詳しくまとめました。介護の仕事の給料や年収を知りたい方は是非参考にしてください。
介護職の向き不向きをチェック!
介護の仕事は介護人の身の周りのサポートなど様々な仕事をこなさなくてはいけません。これから目指している方や実際に介護職についている方で、自分には合わないのではないかと悩む方も中にはいるのではないでしょうか。介護の仕事に向いている人、向いていない人はどんな人かチェックしてみましょう!
介護の仕事はうつ病が多い?
介護の仕事と一言で言っても様々な仕事がありますが、中には体力的にも精神的にも参ってしまい、うつ病になってしまうと言う方も増えています。介護の仕事はうつ病が多いと言うのは本当なのでしょうか。自分がうつ病かどうかチェックしてみましょう。介護の仕事がつらいと感じたら是非参考にしてください。
介護の仕事のやりがいや良い所
介護の仕事は仕事がハードで激務だというイメージはありませんか?確かに仕事は大変なこともありますが、その分やりがいを感じて働く事が出来る職業でもあります。介護の仕事のやりがいや良い所などをまとめています。これから介護の仕事を目指す方は是非参考にしてください。
介護の仕事のスキルアップまとめ
介護の仕事を続ける中で、もっと出来る仕事を増やしたい、給料もアップさせたいと考える方も多いと思います。スキルアップする為にどのような資格が有利か、どのような職場で働くと効率よくキャリアアップ出来るのかなど、介護の資格のスキルアップについてまとめています。ステップアップして将来を考えたいと言う方は是非参考にしてください。
未経験・資格なしでも転職できる?
介護職と言うのは資格が必要な仕事です。しかし資格なし・未経験でもOKという求人も多数あります。介護の仕事は資格なしでも転職出来るのでしょうか?また、未経験でも正社員としての採用はあるのでしょうか。資格がなくても出来る介護の仕事や、無資格・未経験でも働きやすい職場についてまとめています。
介護の仕事の実態!
介護の仕事は身の周りのお世話など、高齢者とのかかわりのある仕事なのでなかには事故が起こる場合もあります。実際の現場での事故の例や、介護職の労働の現状などについてまとめてみました。介護職の仕事の実態について知りたい方は是非参考にしてください。
手取りや給料相場・引かれる税金は?
介護の仕事は給料が安いというイメージがありますが、実際はどうなのでしょう?介護の仕事の手取りや給料相場、職種別給与などについて詳しく調査しました!また、引かれる税金などについてもまとめていますので、自分の給料って安いの?高いの?と疑問に思っている方は是非参考にしてください。
他業種へ転職する場合の注意点
せっかく資格を取って介護職に就いたけれど、仕事につかれて他職種への転職を考えていると言う方も多いのではないでしょうか。介護の仕事につかれた場合他職種への転職もあり?他職種へ転職する前に注意するべき点とは?確認しておく事は?など介護の仕事から他職種への転職についてまとめています。
介護の仕事は子持ち女性でも出来る?
子持ちだと残業や夜勤のある仕事、休めない仕事はなかなか続かないものです。介護の仕事は子持ちの女性でも働きやすい仕事なのでしょうか。介護職で子持ちの女性の働き方や、残業・夜勤のない求人などについて調査しました。子供がいる女性で働きやすい介護の仕事を探している方は是非参考にしてください。
ヘルパーと介護士の違い
介護職の中には介護士とヘルパーのお仕事があります。介護士もヘルパーも介護サービスを行うという点では同じですが、違う点もいくつかあります。介護士とヘルパーの違う点、仕事内容の違いや給料、勤務時間などを比較して詳しくまとめています。介護職に興味がある方は是非参考にしてください。
ヘルパーの資格と費用まとめ
介護職の資格の一つにホームヘルパーという資格があります。ホームヘルパーの資格を取るのに必要な費用や、必要な期間、難易度などを詳しくまとめました。またホームヘルパーの資格の種類や役立つ資格などの情報も紹介していますので、是非参考にしてください。
介護士の派遣、掛け持ちは稼げる?
介護職は正社員やパート、アルバイトなどの雇用形態がありますが、中には派遣会社に登録して、派遣社員として働くという方も増えています。介護職の派遣は普通の正社員やパートより時給や時給が高い、と言う場合もあります。介護職の派遣は本当に稼げるのか、掛け持ちは可能なのか、派遣のメリット・デメリットなどをまとめました。