介護職員 給料 改善

Pick up news !!

介護職員の給料改善!給料アップやキャリアアップの方法は?

「介護職員の給料改善!【※給料アップやキャリアアップの方法は?】」がイメージできる画像01

 

人材不足が囁かれる介護業界では、増え続ける高齢者と支援や介助を行う介護職員数のバランスに悩まされており、今後需給バランスをどう取っていくかは重要な課題となっています。

 

しかし、他業界からの受け入れや新卒確保、同時に既存の介護職員の離職も回避していくという極めて厳しい状況下でも、利用者の日常生活を支えていかないといけません。

 

そんな介護業界の苦悩とは裏腹に、当事者となる介護職員は以下の様な不満を募らせています。

 

「ただでさえ仕事が大変なんだから・・・給料たくさん貰いたい・・・」
「給料アップしてほしい・・・介護職員の給料って改善される見込みある?」
「キャリアアップしたら給料増えるかな・・・どんな方法あるか知りたい!」
「今の職場ではあまり評価されていないような・・・転職すれば給料上がる?」

 

利用者の笑顔や「ありがとう!」という言葉を励みに一生懸命介護を行う介護職員ですが、やりがいだけでは気持ちをコントロールすることはできず、最悪の場合退職へと繋がってしまいます。

 

せっかく好きな仕事なのですから、気持ち良く毎日出勤したいと考えるのは誰でも同じでしょう。

 

そこで今回は介護職員の給料改善についてまとめ、給料アップやキャリアアップ方法についてもご紹介していきたいと思いますので、是非ご覧になってください。


介護職員の給料って本当に安い?まとめ

 

ただでさえ仕事が大変なんだから・・・給料はたくさん貰いたい!そう思いながら働いている人も多いのではないでしょうか?

 

特に重労働を伴う直接介護を行っている介護員であれば給料アップしてほしい・・・と思うのは当たり前かもしれません。

 

そこでまずは介護職員の給料は本当に安いのかについて、考えていきたいと思います。

 

介護職員の給料は安い?それとも安く感じるだけ?

一概に給料が安いと断定することはできませんが、不満に思う人も多く、確かに介護業界全体でも見ても改善の余地はあるように思えます。

 

例えば直接介護に携わる介護員であれば、常に重労働の介助が含まれ、更に利用者の暴力や暴言に耐えないといけませんから、これだけの仕事をしているのに!と不満を感じる人も多いでしょう。

 

もちろん、企業の規模にも関係し社会福祉法人、医療法人、株式会社、有限会社などそれぞれ給料額は大きく変わってきますが、最終的にはあなた自身が今の給料に納得しているのか?で今後の進むべき道も変化しそうです。

介護職員の給料改善!5つの給料アップ方法まとめ

 

もしあなたが給料が安いと感じるのであれば、今後改善していかないと介護の仕事に対して正面から向き合うことができなくなる危険性も出てきます。

 

最悪の場合は退職・・・そして他業界へ!しかし、もうお気づきでしょうが他業界を選んだとしても同じような苦労は少なからずありますし、未経験ということで必ず成功するとは言い切れません。

 

そこで、まずは介護職員として給料を改善していくことができないのか?という考えをもとに、5つの給料アップ方法をご紹介したいと思います。

 

介護職員の5つの給料アップ方法

1.勤務形態の変更をしてみる

 

特に介護員(介護福祉士を含む)であれば、夜勤回数を増やしたりすることで夜勤手当が就きますから手っ取り早く給料額をアップすることができます。

 

しかし、もうすでにかなりの夜勤に入っている、もしくは夜勤専従で働いている人については、残念ながら他の方法を考えた方が良さそうです。

 

2.上司に直接交渉してみる

 

施設によっては、面談などを行い勤務状況についてのヒアリングや要望などを広く取り入れる職場もありますから、そのような機会を利用し直接給料に関する交渉をしても良いでしょう。

 

しかし交渉であまり押してしまい過ぎると、その後の関係がギクシャクしてしまう可能性も否定できないので注意が必要です。

 

3.管理職を目指そう!

 

主任、副主任、ユニットリーダーなどになれば給料は上がるでしょうから、もし上司から役職の相談があれば率先して受け入れたいものです。

 

特に介護業界は定職率があまり良くありませんので、たとえ勤続年数が短いといっても中堅クラスの管理職ならチャンスは必ずあるはずです。

 

4.永年勤続

 

定期昇給でコツコツ給料アップ!しかしこの方法は相当な我慢が必要ですし、職場によって昇給額も大きく違うので、すぐ給料アップを目指したい人にはあまりオススメできない方法です。

 

5.思い切って転職してみる

 

もしかすると給料アップの最短コースかも?ご存じの通り、介護に関する求人はたくさんあり、各企業は他の企業との差別化を図りながら人材確保に乗り出しています。

 

介護というのはほとんどの企業が介護報酬で成り立っていますが、だからといってどこの職場も同じような給料とは限らず、介護業界の大手などでは手厚い給料となっているところもあります。

 

しかし、必ずしも転職すれば給料が上がるという訳ではありませんので、転職方法には十分な注意が必要かもしれません。

介護職員の給料改善!キャリアアップの方法とは?まとめ

 

前項では給料アップについてご紹介しましたが、ここからはキャリアアップについてまとめていきたいと思います。

 

最近、自分の身の回りに介護職員の友人がいるという人も多いようですが、その中に「あれ?○○さんってなんか上手くキャリアと給料上げてない?」といった一見器用に見える人がいないでしょうか。

 

このような人は、もちろん仕事も一生懸命していますが、見えないところで何か小さな努力をしているのかもしれません。

 

キャリアアップにはどんな方法がある?

介護に関する知識と技術を磨く

 

とにかく全てが勉強、そしてチャレンジという考え方は大切!次のステップ(リーダーなど)を想像した場合、困難に直面した時の経験は必ず役に立ってくると容易に予想できると思います。

 

上位資格の取得を目指す

 

ヘルパーであればサービス提供責任者や介護福祉士、介護福祉士であればケアマネージャーなど、上位資格を取得するのも良いでしょう。

 

他にも介護職員の資格といえば?

  • 介護事務(ケアクラーク)
  • 福祉用具専門相談員
  • 福祉住環境コーディネーター
  • ガイドヘルパー(移動介護従事者)

このように介護業界には、キャリアアップできる余地は多く存在しています。

 

また資格ではなく、ユニットリーダーや主任、施設長などのポストに就くことができれば、いざ転職となった時でもかなり有利に働くかもしれません。

 

介護職員の経験を武器に転職を試みる

 

一番早いキャリアアップに繋がりそうなのが転職!あなたの経験を最大限にアピールし他社の重要ポストに就けば給料や待遇面も変化が表れると思います。

 

また、今現在所有している資格が少ないとしても、転職後に職場の支援を受けながら資格を取ることもできますので、キャリアアップを支援してくれる企業を探すのも良い方法になりそうです。

 

今回は介護職員の給料改善について詳しくまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?せっかく働くのですから、キャリアを積んでいずれは高給!このように考えた方がモチベーションも維持しやすくなります。

 

是非一度、今の職場でのキャリア形成や転職からのキャリアアップを真剣に考え、今後も介護のプロとして仕事を続けられるような体制を作っていきましょう。

介護職員の給料改善!【※給料アップやキャリアアップの方法は?】関連ページ

介護業界は給料が安い?
「介護の仕事は大変な割に給料が安い」と言うのは本当なのでしょうか。実際に介護の仕事で働いている方の給料相場や給料が安い職場とはどんな職場か、反対に給料の高い職種や仕事は?といったコンテンツをまとめています。今の介護職は給料が安いとお悩みでしたら是非参考にしてください。
介護職の給料の相場
現在介護職についている方もこれから介護職を目指す方も、給料をどのくらい貰っているのか、給料の良い介護職はどこなのかというのは気になる所なのではないでしょうか。介護職の給料の相場や介護業界の高給与ランキングをまとめました。介護職の給料について詳しく知りたい方は是非参考にしてください。
介護福祉士の給料と仕事内容
介護士の方が活躍する職場の一つに介護福祉士があります。介護福祉士とはどんな仕事内容なのか、その役割や働くメリット、やりがいなどについてまとめました。また介護福祉士の給料相場や介護福祉士の求人の探し方などについても紹介していますので、是非参考にしてください。
社会福祉士の給料と仕事内容
福祉分野の様々な現場で活躍する事が出来る社会福祉士と言う仕事があります。社会福祉士の仕事内容や、その役割、働くメリット、やりがいなどについてまとめました。また社会福祉士の給料の相場や社会福祉士の求人の探し方などについても紹介していますので、是非チェックしてください。
ケアマネージャーの給料と仕事内容
介護職の職種の一つにケアマネージャーという仕事があります。ケアマネージャーとはどんな仕事内容なのか、ケアマネの役割、働くメリット、やりがいなどについてまとめました。またケアマネージャーの給料の相場、ケアマネージャーの求人についても紹介していますので、ぜひ参考にしてください。
ヘルパーの給料と仕事内容
介護職の職種のなかでヘルパーとして働く方は多いと思います。これからヘルパーを目指す方の為にヘルパーとはどんな仕事内容なのか、その役割や働くメリット、やりがいなどについてまとめました。またヘルパーの給料の相場、高待遇の求人の探し方なども紹介していますので是非参考にしてください。
介護サービス提供責任者の給料と仕事
ケアマネージャーやヘルパーのまとめ役である介護サービス提供責任者という仕事があります。高い知識と技術が求められる職種でやりがいのある仕事です。そんな介護サービス提供責任者の給料や具体的な仕事内容、やりがいやメリットなどについてまとめています。また、介護サービス提供責任者の求人の探し方などについても紹介しています。
介護相談員の給料と仕事内容
利用者からの質問や苦情などを受け付ける介護相談員と言う仕事の給料相場をご存知ですか?介護相談員の給料相場や仕事内容、やりがいを感じるポイントや働く上でのメリットなどをまとめています。また、介護相談員の求人の探し方も紹介していますので是非参考にしてください。
介護の管理職の給料と仕事内容
介護職は給料が安いというイメージがありますが管理職になるとどうなのでしょう。介護の管理職の給料相場や仕事内容、求められるスキルや働くメリットなどについて詳しくまとめています。また、管理職になるには?求人の探し方などについても紹介していますので、管理職を目指す方は是非参考にしてください。
理学療法士の給料と仕事内容
介護職には様々な役割がありますが、その中に理学療法士と言う職種があります。リハビリなどを専門に行う仕事なのですが、その具体的な仕事内容や作業療法士との違い、給料相場、働くメリットなどを詳しくまとめています。また理学療法士の待遇の良い職場の探し方なども紹介していますので是非参考にしてください。
作業療法士の給料と仕事内容
リハビリを専門に行う作業療法士は具体的にどんな仕事をしているのでしょう。作業療法士の仕事内容や理学療法士との違い、給料相場などについてまとめています。また高待遇で転職出来る作業療法士の求人の探し方などについても紹介していますので是非チェックしてみてください。
機能訓練士の給料と仕事内容
リハビリなどの回復訓練を専門的に行う機能訓練士という仕事があります。機能訓練士になるにはどうすればよいのか、また機能訓練士の具体的な仕事内容や給料相場などを詳しくまとめました。機能訓練士になるための求人の探し方なども紹介していますので是非参考にしてください。
介護施設の看護師の給料と仕事内容
看護師が活躍する現場のひとつに介護施設があります。介護施設で働く看護師は病院などの勤務と仕事内容や給料は違ってくるのでしょうか。介護施設で働く看護師の仕事内容や給料相場、やりがいやメリットなどについて詳しくまとめました。また、求人の探し方についても紹介していますので是非参考にしてください。
介護施設の栄養士の給料と仕事内容
介護施設にはヘルパーや看護師のほかに栄養士が在中しています。介護の必要な方にバランスのとれた食事を提供する重要な仕事ですが、具体的にはどのような仕事内容なのか詳しくまとめました。また、栄養士の給料相場ややりがい、働くメリット、求人の探し方なども紹介していますので是非参考にしてください。
老人ホーム、介護施設ではたらく調理師の仕事と給料
老人ホームや介護施設ではたらく調理師の仕事はきついの!?給料は介護士に比べて安い方?辞めたい場合の転職先や求人、調理師のやりがいや仕事内容、年収などについてまとめています。
介護事務の給料と仕事内容
事務職の中でも介護事務は人気の資格です。介護事務は勤務地や雇用形態によって働く内容も変わってきますが、具体的な仕事内容や求められるスキルとは一体何でしょう。介護事務の仕事内容や給料相場、働くメリットややりがい等について詳しくまとめていますので、これから介護事務を目指す方、転職を考えている方は是非参考にしてください。
男性介護士の将来と給料まとめ
介護士は給料が安いというイメージがあります。特に男性の介護士のかたは家族を養う上で給料に不安を感じているという方も少なくありません。男性介護士は今後給料や待遇を改善される事はあるのでしょうか。男性介護士はどのくらい給料を貰っているのか、その平均や将来性などをくわしくまとめました。
介護職5年目の給料と転職、退職金
介護士も5年働くと一人前の仕事が出来るようになり、自分の将来やキャリアなどについても考える時期です。中には5年経っても給料が上がらないと不満を感じて転職を考えるという方もいます。介護士5年の給料相場や転職する場合退職金は出るのか、転職の影響などについてまとめましたので是非参考にしてください。
新卒介護士の給料と悩み!
新卒介護士、新人介護士にとっては、慣れない職場と安い給料面で悩んでいるという人も多いようです。そんな場合、新人なのに転職するのはありなのか?またほかの新人介護士はどのような悩みを抱えているのかをまとめてみました。