介護職 辞めたい 退職理由 相談

Pick up news !!

介護職を辞めたい!※引き止められない退職理由&相談先は?

介護職を辞めたい!※引き止められない退職理由&相談先は?

 

高齢者の日常生活を支える介護職は、人の役に立つ職業にも関わらず離職率が非常に高いことでも知られています。

 

しかし、依然として慢性的な介護職不足で悩む介護施設も多く、退職しようとしても渋ったり引き伸ばされたり・・・。こういった状況も珍しいことではありません。

 

でも、一旦辞めたいと思ってしまうと気持ち的に引き下がれないもの!介護職を辞めたいと考えている人の中には以下の様な疑問を持っている人も少なくないようです。

 

「介護職を辞めたいんだけど・・・やっぱり周りに相談すべきかな・・・」
「介護業界内で転職する場合、上司や同僚に相談した方が良い?」
「転職を考えているんだけど、円満に辞める事が出来る退職理由って何?」
「人手不足で辞めにくい・・・介護施設以外で相談できる所ってないかな・・・」

 

今の介護施設でストレスや酷い疲れを感じるのであれば退職という道も決して悪い選択ではないと思います。

 

しかも、あなたは介護職経験者ですから他の介護施設で働いても即戦力として期待できますし介護福祉士や介護支援専門員などの資格を持っている人であれば、自分の能力を高くアピールしてよりよい待遇での転職先を見つけることも可能です。

 

転職の第一歩は『今の介護施設を円満に退職する事』です。是非当記事を参考にして頂き、介護転職を成功に導きましょう。


目次
  1. 介護業界での転職と退職、誰に相談すべき?
  2. 介護職を辞めたい!転職や退職を考えた時に良くある3つの悩みと相談内容は?
  3. 相談内容1.辛くて介護職員を辞めたいけど辞めていい?続けた方がいい?
  4. 相談内容2.介護職の退職理由を上司にどう伝えたらいい?引き止められない伝え方は?
  5. 相談内容3.転職の面接で介護職を辞めた理由はどう伝えた方がいい?
  6. 介護職専門の転職エージェントなら相談に乗ってくれる?

介護業界での転職と退職、誰に相談すべき?

介護業界での転職と退職、誰に相談すべき?

 

転職や退職を考えて、誰に相談すべきかどうか悩んでいるという人が多い様なので、こちらについてまずはまとめてみました。

 

介護職を辞めたい!家族と上司には必ず相談する?

養っている家族がいる場合には、家族に相談することがもっとも大事になります。しかし、仕事をやめることは収入がなくなることにつながるため、家族の理解を得ている状態でないと大きな不安を与えることにつながります。

 

家族に相談する際には辞めることだけでなく、辞めた後にどうするのかについてまで考えてから相談するのが良いでしょう。

 

新しい就職先が確保できているのであれば、収入が途切れることは無いですし、家族も安心して相談にのってくれます。

 

また、職場に信頼できる上司や先輩がいる場合には、その人に相談するのも良い方法です。

 

職場環境や現在の自分の立場をきちんとわかった上でアドバイスをしてもらうことができるので、有益な意見を聞くことができます。

 

介護職の退職と転職!職場で相談する時に注意したい事!

職場で相談する際に注意が必要なのは、同じ職場のスタッフである為、他のスタッフに情報が漏れてしまう可能性があるということです。

 

情報が漏れてしまうと職場の人間関係が壊れてしまうリスクがありますし、何よりも自分自身がそのことを気にすることで積極的な仕事ができなくなってしまう可能性があります。

 

また、仕事を辞めるということは少なからず職場の先輩や上司に迷惑をかけることにもつながります。そのため、よほど信頼できる人でないと相談をするべきではありません。

 

客観的な意見を聞きたいのであれば、両親や友人、他の職場で働く介護職の知り合いといった第三者に相談するのがもっとも安全です。特に両親は親身になって相談を聞いてくれるでしょう。


介護職を辞めたい!転職や退職を考えた時に良くある3つの悩みと相談内容は?

介護職を辞めたい!転職や退職を考えた時に良くある3つの悩みと相談内容は?

 

転職や退職を考えている今、あなたはどんな悩みを抱いていますか?その悩み、意外と介護職の中ではよくある悩みなのかもしれませんよ。

 

そこで、転職や退職を考えた時に良くある3つの悩みと相談内容について詳しくまとめてみました。

 

相談内容1.辛くて介護職員を辞めたいけど辞めていい?続けた方がいい?

介護職は利用者の日常生活を支えるというやりがいの感じる仕事である一方で、色々な悩みを抱えていると言われています。

 

例えば、

利用者や同僚との人間関係
一生懸命働いているけどなかなか仕事に慣れない
予想以上の重労働で身体が悲鳴をあげている

といったことです。人間関係のストレス、複雑な仕事内容、そして重労働は介護職だとよく聞く悩みです。

 

また、こういった悩みは以下の様に『状況の進展がなければ辞める⇔辞めないを繰り返す』ような傾向にあり、介護職の相談内容の中でも結構多い内容です。

 

介護職の悩みのサイクル

 

このサイクルで、毎回ストレスや疲れが取れるのであれば問題ありません。しかし、大抵は少しずつストレスや疲労は蓄積してしまいます。

 

あまり無理し続けると、うつ病などになってしまう介護士もいるので相談しながら自分の今後を真剣に考えるのは非常に大切なことです。

 

相談内容2.介護職の退職理由を上司にどう伝えたらいい?引き止められない伝え方は?

前項の相談内容は辞めるかどうかの状態ですが、すでに辞めると決めた人は別の悩みを抱いています。

 

それは、退職の意思をどう伝えるのかです。特に人手不足で悩む介護施設の場合、

あなたの代わりが見つからないんだよね
他に行っても同じだよ
もう少し頑張れば慣れてくると思うよ
もう一回考え直してくれないかな?
これくらいで辞めるようじゃ次も続かないよ

かなりの高確率で引き止められてしまいます。

 

引き止められても、辞めたいという気持ちが強くなると働く意欲がどんどん減り利用者へのサービスの質も落ちてしまう恐れがあります。

 

したがって退職理由を伝えるのであれば、一発で施設長などの上司が納得する退職理由がベスト、その為『どんな退職理由が良いのか?』と相談する人も少なくありません。

 

相談内容3.転職の面接で介護職を辞めたら理由はどう伝えたらいい?

日常の相談、辞める際の相談、そして同じく多いのが転職時の面接で前職を辞めた理由をどう説明するのかです。

 

正直に話すのは大切なことかもしれませんが、あまりネガティブな理由は面接時の印象を悪くするので要注意です。

 

ですから、転職が失敗しない為に、介護職を辞めた理由をどう伝えるべきかを相談する人もいます。


相談内容1.辛くて介護職員を辞めたいけど辞めていい?続けた方がいい?

相談内容1.辛くて介護職員を辞めたいけど辞めていい?続けた方がいい?

 

前項で少し触れましたが、辞めたいけど辞めていい?続けた方がいい?という相談は結構多いようですね。そこで、次は相談内容をもう少し詳しくまとめてみたいと思います。

 

こんな条件で辞めたいけど辞めていい?おかしい?

こんな条件で辞めたいけど辞めていい?おかしい?

 

介護職を辞めたい・・・たった一言ですが、その理由は様々ですし置かれている状況も異なります。

 

そこで、介護職にありがちな辞める理由をまとめてみましたので、あなたに当てはまるものがあるのかをチェックしてみてください。

 

利用者や介護職同僚との人間関係が嫌で辞めたい

 

介護施設内には、施設利用者(入所者)をはじめ、介護職、ケアマネジャー、生活相談員など色々な人達がいます。

 

もちろん、これだけの人が在籍していれば仕事に対する考え方や方法で衝突してしまうこともあるでしょうし、利用者が認知症ばかりの施設だとコミュニケーションも難しく人間関係が構築できないことも少なくありません。

 

介護職の人間関係に関する口コミ1

 

ある程度、コミュニケーションを取る努力は必要です。ただ、上記のように介護職が好きなのであれば介護職が嫌になってしまう前に辞めて新天地を探すという選択肢もありです。

 

一生懸命働いているけど介護職の仕事に慣れない

 

施設利用者や同僚職員とのコミュニケーションをはじめ、移乗介助、入浴介助、食事介助など介護職の覚えるべき仕事はたくさんあります。

 

しかし、覚えるスピードには個人差が生じますし以下の様に悩む人も少なくありません。

 

介護職の仕事に関する口コミ1

 

まずは、今の状況を相談し解決方法を考えてみて、それでも難しいようであれば違う介護施設で介護職として働くことを検討してみてください。

 

同じような悩みを持っている人もいるようなので決しておかしな退職理由ではありません。

 

予想以上の重労働で身体が悲鳴をあげている

 

介護職重労働に関する口コミ1

 

介護職の仕事である離床、臥床介助や移乗介助などは、たとえ力に自信ある人だとはいえ相当な重労働です。

 

しかも人手不足に悩む介護施設だと通常の2倍働くなんてことも珍しくはありません。最初は使命感でなんとか切り抜けたとしても、疲労は知らず知らずに蓄積しています。

 

上記のように頑張れるならいいと思いますが、もし、心身共に限界を感じたのであれば介護職を続けていく為にもう少し身体が楽になる介護施設を探した方がいいかもしれません。

 

新卒で介護職に入社し一週間で辞めたい

新卒の場合は、理想とのギャップや体力的な問題で辞めたいと思ってしまう人も多いようです。

 

おそらく介護の実習などを受けている人もいると思いますが、実習生と正職員とでは、介護施設の先輩職員の接し方も若干は違うはずです。

 

その為、『こんなはずでは・・・』とギャップを感じてすぐに辞めることを考え、相談する人もいます。

 

かなり早い段階の決断かもしれませんが、もし精神的にも体力的にも辛いと感じているなら退職も一つの選択肢です。

 

介護職へ転職して一ヵ月で辞めたい

もともと介護職としての経験があり、その経験を活かして転職した結果、転職先の介護施設の人間関係や職場環境、そして福利厚生などが原因となり試用期間内に辞めたいと思うパターンです。

 

このケースは、転職時のリサーチ不足が原因になることもあります。今までの介護施設より良い環境を思い描いていたはずですから、想像していた環境と違えば愕然としてしまうのは当り前かもしれません。

 

十分考え、相談した上で『もう無理かな・・・』と思うのであれば、定着して辞めづらくなる前に転職へと動いた方が得策かもしれません。


相談内容2.介護職の退職理由を上司にどう伝えたらいい?引き止められない伝え方は?

相談内容2.介護職の退職理由を上司にどう伝えたらいい?引き止められない伝え方は?

 

辞めるか辞めないのかを決めたのであれば、次の関門は『退職の意思を伝える』です。一見簡単そうに思えますが、伝え方次第では円満退社が出来なくなるので要注意です。

 

介護職を辞める本当の理由と会社に伝える理由!

介護施設を辞める際に使用する退職理由は、本当のことを正直に伝えればいいという訳ではありません。

 

例えば、

介護職を辞める理由

という特定の名前をあげることやネガティブな表現はNGです。

 

あまりにも過激な表現を使ってしまうと円満退社への道が閉ざされてしまうので十分考えた上で退職理由を伝えるようにしましょう。

 

引き止められずに辞められる退職理由とは?

特定の名前をあげることやネガティブな表現はNGだからといって、伝えた退職理由に施設長などの上司が納得してくれなければ全く意味がありません。

 

実際、介護職が辞めたいという時の理由は、結婚や育児、介護施設の人間関係、生活環境の変化が多いと言われていますが、特に人間関係などはストレートに伝えられませんよね。

 

そこで引き止められずに辞められる退職理由としては、

引き止められずに辞めれる退職理由

このような退職理由になってきます。いわゆる『家庭の都合』系は比較的引き止めづらい理由です。

 

もちろん、どんな退職理由を述べたとしてもあなたを引き留めてくる可能性もあるので、『揺るがない強い退職意思』はしっかり持ち続けておきましょう。

 

腰痛・椎間板ヘルニアや妊娠は介護職を辞める理由になる?

介護職は重労働が多いので、腰痛や椎間板ヘルニアを患ってしまうことも珍しいことではありません。

 

ですから、『腰痛や椎間板ヘルニアが悪化して介助が辛い』を理由にするのもOKです。

 

また、妊娠中は身体に負担のかかる重労働は控える必要があります。男性で使用することは難しいかもしれませんが、女性の場合は引き留めることの難しい有効な退職理由になると思います。


相談内容3.転職の面接で介護職を辞めた理由はどう伝えた方がいい?

相談内容3.転職の面接で介護職を辞めた理由はどう伝えた方がいい?

 

『あなたはなぜ前介護施設を辞めたのですか?』という質問・・・面接ではほぼ間違いなく聞かれると思います。

 

正直に伝えた方が良いのか?それとも好印象となる理由を考えるべきかと悩んでしまいますし、転職を成功させるならココは最も気をつけたいポイントです。

 

面接で言わない方が良い介護職の退職理由とは?

『そんな理由なら仕方ないよね』という同情や理解を得ようとばかり考えていると、面接時の印象は悪いものになってしまうこともあります。

 

例えば、

面接で言わない方がいい介護職の退職理由

仮に上記のようなことが事実だったとしても、こういった退職理由は『またすぐに辞めてしまうのではないか?』と連想させてしまう可能性があります。

 

面接時に辞めてしまうのでは?という不安を感じさせるのではなく『この人を雇ってみたい!』と思わせるようなポジティブな退職理由がベストです。

 

また、腰痛などは介護施設以外なら良いかもしれませんが、介護施設に面接する際はマイナスイメージになるので控えるようにしましょう。

 

転職で言っても良い介護職を辞めた理由とは?

前項では言ってはいけない退職理由をご紹介しましたが、逆に言っても良い退職理由は何だと思いますか?

 

ポイントになるのは前向きな発言です。辞めた理由を全て隠すのではなく、今までの事実をバネに今後どうしたいのかが大切になってきます。

 

例えば、

転職で言っても良い介護職を辞めた理由

などです。

 

嫌だから辞めたのではなく、大変なこともたくさんあったけどそれを糧にしていきたいといった内容の退職理由であれば、面接時の印象は悪くないはずです。

 

介護職の退職理由と転職理由は意外と難しい?

ここまで介護職の退職理由や転職理由をご紹介してきましたが、意外と頭を悩ませてしまいますよ。

 

だからといって、介護施設の同僚に相談するのも相当なリスクがありそうですし、家族に相談しても介護業界の特徴を知らないので的確なアドバイスがもらえるかどうかは疑問です。

 

円満退職から転職へスムーズに進めるには介護業界や介護職を良く知ったパートナーが必要になってくるのではないでしょうか?


介護職専門の転職エージェントなら相談に乗ってくれる?

介護職専門の転職エージェントなら相談に乗ってくれる?

 

あなたは転職エージェントって知っていますか?リクルートやDODAのような総合転職サービスにも在籍している転職支援のエキスパートのことですが、このサービスを利用すると円満退職のアドバイスや転職時の面接対策など退職から転職へのあらゆるサポートをしてくれます。

 

しかし、こういった総合転職サイトのエージェントは必ずしも介護に特化しているとは限りません。

 

そこでオススメしたいのが介護業界を熟知している介護専門の転職エージェントです。

 

介護職専門の転職エージェントが人気の理由

一般的な転職エージェントの場合、IT系やアパレル系など様々な分野の転職を掛け持ちでサポートしていることも珍しいことではありません。

 

もちろん、介護職の知識を全く持っていない訳ではありませんが、介護職専門に比べれば情報や知識には多少不安を感じてしまいます。

 

しかし、介護職専門であれば介護職に特化しているので、総合転職サイトよりも的確なアドバイスが期待できますし、何より介護求人が非常に充実しています。

 

例えば、『スマイルSUPPORT介護』という介護専門転職エージェントの場合、紹介している求人数はなんと約86,000件、うち非公開求人数は50,000件以上にも上ります。

 

スマイルSUPPORT介護の無料登録はコチラ!

転職エージェント名 スマイルSUPPORT介護
運営会社名 HITOWAキャリアサポート(旧長谷川サポート)
求人数 約86,000件(うち非公開求人は約50,000件)
求人掲載エリア 全国に対応
特徴

・介護職の求人や派遣社員に対応している
・管理職を対象にしたハイクラス介護求人あり
・介護資格や経験を持つアシスタントが多数在籍
・運営母体も介護関連施設を持っている

 

スマイルSUPPORT介護の人材コンサルタント(エージェント)は、介護に特化しているだけでなく具体的には以下の様な転職サポートをしてくれます。

 

ヒアリングや相談
求人検索
書類選考や面接調整
給料や休みなどの条件交渉
円満退職のサポート

 

まずはあなたへのヒアリングから開始です。この時点で、あなたの抱く悩みや希望を全て相談し、その内容を基に求人検索などの転職活動がスタートしていきます。

 

仮にあなたが在職中で動けなくても大丈夫!転職支援サービス(人材コンサルタント)に登録すればあなたの代わりに介護施設探しを代行してくれます。

 

また、サイトによっては就職が決まるとお祝い金がもらえるところもあり、新しい職場にかわるための準備金や生活費として使用できるので非常に便利です。

 

 

介護職専門転職エージェントは相談先としてもオススメ!

介護職専門転職エージェントであれば、当ページでご説明してきた『退職や転職の相談先』が解決します。

 

相談するのは家族でも同僚でもない転職エージェントですから、相談内容が周囲に漏れてしまう危険性はありませんし、介護業界を知っている人なので話が通じますよね。

 

また、エージェントは多くの情報を持っているため、ネット上に載っている情報だけでなく、希望する施設の内情についての情報を提供してもらえることもあります。

 

良いところだけでなく、良くないところについても情報提供してくれるケースもあります。エージェントに対しては第三者として相談することができるので、お金に関することなど直に相談しにくい内容に関しても気軽に話すことができます。

 

介護専門転職エージェントってどれくらいある?どこがいい?

正確なサイト数は残念ながら分かりませんが、ネット上を検索すれば色々な介護専門転職エージェントを見つけることができます。

 

例えば、前項でご紹介したスマイルSUPPORT介護以外だとマイナビ介護職メドフィット介護求人かいご畑などです。

 

マイナビ介護職画像

 

画像はマイナビ介護職ですが、どのサイトにも転職エージェントやコーディネーター、コンサルタントと呼ばれる転職のプロが在籍しており、同じようなサービスを無料で展開しています。

 

転職エージェント名 求人数 対応地域
スマイルSUPPORT介護 約86,000件

(うち非公開求人50,000件)

全国
マイナビ介護職 約14,000件

(うち40%は非公開求人)

全国

(関東、関西の案件が多い)

かいご畑 約10,000件 全国対応

(関東の案件が多い)

メドフィット介護求人 約5,500件

(介護職のみ)

全国

(沖縄を除く)

 

ただし、上記のように紹介している求人数は同じではありませんし、得意としている地域も若干異なるのであなたに適した転職エージェントを選ぶ必要があります。

 

介護専門転職エージェントや介護専門転職サイトには非公開求人がある!?

求人探しといえばハローワークや求人誌が最も身近な媒体だと思います。ですが特にハローワークの場合は求人掲載が無料なので、休みが取れない!過酷な労働が続く!といったブラック企業が含まれていることも少なくありません。

 

しかし、介護専門転職サイトには非公開求人という普段見る事のできない良質な求人に応募することができます。

 

スマイルサポート介護画像

 

こういった非公開求人は『他社に知られたくない』、『多数応募されても困る』という介護施設側の都合で出されているものなので比較的高給料や高待遇が期待できます。

 

もし、今の介護施設より良いところを見つけたいと思っているのなら良質な求人をたくさんプールしている介護専門転職エージェントや介護専門転職サイトが絶対オススメです。

 

『介護職を辞めたい・・・』と退職や転職を考えた際には、一人で考え込んでしまうとネガティブになってしまう事も少なくありません。

 

かといって上司や家族に相談しても、中々気持ちを理解してもらえない場合もあるので、今回紹介した様な、介護職専門の転職エージェントに相談だけでもしてみてはいかがでしょうか?

 

全てのサービスが無料で利用できる上に、今よりも数倍良い待遇の職場が容易にみつかるかもしれませんよ。


介護職を辞めたい!【※引き止められない退職理由&転職の相談先は?】関連ページ

介護職を円満に辞めるタイミングと退職理由!
介護職の辞めるタイミングについて、どういう時が良いか?円満に辞める為の退職理由は?引き留めに合わない上手な退職方法などをまとめました。今現在介護士やケアマネージャーなど、介護職員として働いていて、退職や転職を考えている人の為のお役立ち記事です。
退職金制度や退職金の相場
次に備えて出来れば退職金はしっかりと貰っておきたいですよね。介護業界は退職の際退職金制度はあるのでしょうか。介護職は退職金を貰えるのかどうか、貰える場合退職金の相場はいくらくらいなのかを詳しくまとめています。介護職で退職を考えている方は是非参考にしてください。
退職届の書き方や使えるテンプレート
退職の際に退職届を提出しなければいけない職場もあります。いざ退職届を書こうと思っても何にどのように書けば良いか分からないと言う方も多いのではないでしょうか。退職届の書き方や使えるテンプレートなどをまとめましたので、退職届でお困りでしたら是非参考にしてください。
退職理由辞める時と面接では変える?
介護職の退職理由や面接の際に聞かれたときの答え方を、例文をまじえて紹介しています。人間関係や給料、体調不良など様々な退職理由の例文なども紹介し、介護業界での転職の役立てる様な内容にまとめています。
ヘルニアは辞める理由になる?
介護職は体力を使う仕事です。無理な姿勢で腰痛やヘルニアを抱えている方も少なくありません。腰痛がひどくなり働けない状態で介護職を退職するという方もなかにはいます。腰痛やヘルニアは辞める理由、円満退職出来るのか、退職届や失業保険などについて記事をまとめました。
新卒で辞めたい場合の対処法
介護職を目指し新卒で入社しても、考えていた仕事と違う、人間関係のトラブルなどの理由ですぐに退職を考える方も少なくありません。しかしすぐに辞めてしまうと転職先にも不利になるのでは?と退職に二の足を踏んでしまいますよね。新卒で辞めたいと思った時の対処法や転職先の探し方などを紹介します!
退職と今後について
介護職を続けていて辞めたいと思った事がない方は少ないのではないでしょうか。しかし今後の事や転職先の事を考えて、頑張って続けている方も多いでしょう。介護職を辞めたいと思った時、転職しかないのでしょうか。退職する際の今後の事や転職先の事などまとめましたので、辞めたいけど・・・とお悩みでしたら参考にしてください。
介護職は離職率が高い?
介護職は精神的にも肉体的にもハードな仕事であるというイメージや、離職率が高いと言うイメージがありますが本当の所はどうなのでしょう。介護職の現在の離職率や退職する理由・原因をまとめました。また、離職率が低い職場の見分け方なども紹介していますので是非参考にしてください。