介護 辞める タイミング 方法

Pick up news !!

介護職を円満に辞めるタイミングと退職理由!上手く辞める方法は?

介護職を円満に辞めるタイミングと退職理由!【上手く辞める方法】

 

何かを伝える時に誰でも考えるのがタイミング、あまりに難しい問題である為、友人などに相談を持ち掛けることもありますが、結局ギリギリのところで伝えて最悪の事態を招くなんてことも少なくありません。

 

そのタイミングの中で最も難しいかもしれないのが・・・『退職の旨を伝える』、『会社を辞める』という二つのタイミング!特に介護職は離職率が高いこともあり退職がスムーズに進まず悩んでいる介護職員の方も少なくありません。

 

このように介護職で退職を試みる人には、以下の様な共通した悩みがあるようです。

 

「退職する時ってタイミングは重要?円満退社できる退職理由は?」
「うちの介護施設は人手不足だし言いづらい・・・上司に退職を伝える良いタイミングってある?」
「つらいから辞めたいけど・・・介護職辞めるタイミングがわからない・・・」
「介護の仕事を辞めた後が不安・・・どのようなタイミングで退職すれば良い?」

 

もしかするとあなたもこのように悩み、当ページにご訪問頂いているのではないでしょうか?そこで今回は介護職を円満に辞めるタイミングと退職理由について詳しくまとめてみました。

 

もちろん介護職の退職だけでなく、転職活動に便利な情報もご紹介していますので、ご興味があるようでしたら是非ご覧になってください。

 

 


目次
  1. 介護職を辞めるのに良いタイミング!どういう時に辞めるのが良い?
  2. 介護職を辞める理由!円満に退職するための理由とは?
  3. 介護職をすぐに確実に辞める方法!引き止められても辞めるには?
  4. 介護職をすぐに辞めるのは有り!?1日や1週間は非常識?
  5. 介護職を辞めた後の事も考えておこう!お金や転職に困らない為に!

介護職を辞めるのに良いタイミング!どういう時に辞めるのが良い?

介護職を辞めるのに良いタイミング!どういう時に辞めるのが良い?

 

退職したいと思うだけなら誰でも簡単にできますよね。

 

しかし、介護職を辞めるタイミングは意外と難しく、その場に立たされたらなかなか思うように進まないもの、もう無理!辞めてやる!と意気込んでも、時間が経てば気持ちも収まり、また不満の中で仕事をしていく人も少なくないようです。

 

そこで、どのようなタイミングで退職を伝えて辞めていくのか?介護職辞めるタイミングについて詳しくまとめてみました。

 

介護職が「今が辞める時」と言えるタイミング!

介護職が「今が辞める時」と言えるタイミング!

 

そもそも退職ということが企業に対しても、行うあなたにとってもネガティブな出来事、もちろん円満退職してしまえば明るい未来が開けますが、辞めるまでには心身共に相当なエネルギーを要します。

 

だからこそ多くの人が退職できず、ストレスを感じながら仕方なしに働いているのかも・・・つまり退職には言うタイミングや辞めるタイミングが自然と必要になってくるのです。

 

介護職を辞めるというタイミング1.数か月間生活できる貯蓄がある

 

辞めたい気持ちはわかりますが、辞めた後の生活が困窮するようでは全く意味がありません。転職活動から再就職までの期間なども加味し2〜3か月程度の貯蓄が出来てから辞めますと言うようにしましょう。

 

介護職を辞めるというタイミング2.ボーナスが支給された後

 

ボーナスというのは今までの功績などに対する特別報酬なので、ボーナスが支給されてから介護職を辞めても何ら問題はありません。

 

だからといって、支給日のすぐ後というのはちょっと厳しいのが現実!ボーナス支給日の1〜2か月後くらいが介護職を辞めるタイミングとしては最適かもしれませんね。

 

介護職を辞めると言うタイミング3.心身ともに限界かなと感じた時

 

心身に支障をきたす、状況によっては症状が悪化することもあるので、心身に支障が出るようでしたら介護職を辞めるタイミングかもしれませんし、辞めると言いやすい理由です。

 

また、タイミングばかり考えていると体調が更に悪化してしまうこともあります。介護施設のイベント準備中、引継ぎなど辞めづらい状況だったとしても辞めたい意思は早めに伝えるようにしましょう。

 

介護職を辞めるタイミング4.介護施設の体制などに変更があった時

 

いつも通りの仕事をしている時というのは、退職を切り出すのは難しいですよね。しかし、人事を含めた体制変更は介護職を辞める絶好のタイミングです。

 

新体制がスタートしてからだと言い出しづらいと思うので、退職を伝えるキッカケ作りが苦手という人は、周囲が作り出した体制変更というキッカケに便乗しても良いでしょう。

 

介護職を辞めるタイミング5.私生活における様々な変化

 

例えば、転居、結婚、出産、親との同居といった私生活上のちょっとした変化も介護職を辞めるタイミングとしてはベストですし、プライベートな部分を出されると介護施設側としての引き止めは非常に困難です。

 

『介護職辞めるタイミングがわからない』という人だけでなく、『辞めることを伝えるのが苦手』な人にも有効なタイミングです。

 

あなたの転職先が決まり、今まで在籍していた介護施設も人材確保できれば明るい未来が見えてくると思いますが、なにより円満退社を迎えたいのであれば介護職を辞めるタイミングや辞める方法も大切です。

 

上司に辞める事を言うタイミングで良い時は!?

介護施設で働く介護職は、利用者の介助やレクリエーションで大忙しです。そんな中、退職を申し出て、いきなり笑顔で承諾してくれる介護施設や上司は少ないと思います。

 

そこで、どういった時が上司に辞める事を言うベストなタイミングなのかというと、

職場内の忙しさが落ち着いている時
上司もしくは自分の休憩時間
シフト交代する時間帯(自分自身が仕事を終えた時)

上記のような時です。

 

また、たとえ上司に時間の余裕があるように見えたとしても、「お忙しいところすみません」という言葉から切り出すことは大切です。

 

あなたにとって第一の目標は『介護職を辞める意思を伝える事』ですが、上司や周囲に対する接し方は円満退社に向けての大切なポイントです。

 

介護職で辞めるタイミングを逃す人の特徴は?

介護職で辞めるタイミングを逃す人の特徴は?

 

毎日忙しい介護の職場において、辞めるタイミングは本当に難しくちょっとしたことで辞めるチャンスを逃してしまう人も少なくありません。しかし、介護職辞めるタイミングを逃す人には、主に以下の様な特徴があります。

 

特徴1.タイミングは分かっていても行動に移せない

 

気持ちは昂っていても行動に移せないタイプです。上司や同僚の反応、そして自分自身の性格上の問題から辞めるタイミングが分かっているにも関わらず行動に移すことができないという人も少なくありません。

 

また色々考えすぎてしまう人も行動に移せない傾向にあります。考えることは非常に大切ですが、どこかで動き出さないと退職はかないません。

 

特徴2.上司から何か頼まれると辞める気持ちが一瞬冷え込む

 

そもそも『介護職辞める!』のではなく『介護職を辞めようかな』という曖昧な気持ちの人に多く見受けられます。

 

しかし、一瞬辞める気持ちが冷え込んだとしても、根本的な解決をしていないので何度も介護職を辞めたいという気持ちに襲われます。

 

特徴3.転職先の当てがない、探して転職先が見つかるか不安

 

いずれは介護職を辞めたいと思っていたとしても、転職についての不安から辞めるタイミングを逃す人もいます。

 

こういった特徴を持つ人は、在職中に転職先を見つけることが大切になってきます。一般的にはハローワークや求人誌から転職を試みる人も多いようですが、在職中でも転職活動を進められる転職エージェントがオススメです。

 

退職への気持ちが高まっても何故かいつも退職できない・・・このような人の多くは、主に上記のような時に気持ちが覚めてしまい退職のタイミングを逃してしまうようです。

 

そもそも介護職の退職を後押しする大事な要素とは?

退職するには、しっかりとした退職準備や辞めるタイミングが大切、例えば転職先の内定が決まっていたとしたらどうでしょう?おそらくあなたは自分に自信を持ち退職に向けて精力的に行動ができると思います。

 

また退職に向けての行動を起こす実行力や強い意思は必要不可欠です。上司に対して「辞めようと思っています」という曖昧な言い方ではなく、気持ちと言動をはっきりしておきましょう。


介護職を辞める理由!円満に退職するための理由とは?

介護職を辞める理由!円満に退職するための理由とは?

 

できることなら円満に介護職を辞めたいと思うのは誰でも同じ、しかし辞める理由を間違えてしまうと、周囲の空気は一変してしまい職場は嫌な雰囲気となってしまいます。

 

どう伝えていいのかわからない!このように考え込んでしまう人も・・・そこで、どのような退職理由であれば円満に辞めることができるのか?辞める理由や円満退職する為の理由について詳しくまとめてみました。

 

介護職を辞める代表的な理由!辞めたいと思う時は?

介護職は利用者や同僚とのコミュニケーションが大切な仕事であるにも関わらず、この人間関係が理由で辞める人も少なくありません。

 

実際に公益財団法人介護労働安定センターのデータによると、

公益財団法人介護労働安定センター 平成29年度介護労働実態調査

≪出典:公益財団法人介護労働安定センター 平成29年度介護労働実態調査

 

退職に繋がる原因や理由は人間関係で辞める人が第1位、続いて結婚や出産、施設の不満などがランクインしていました。

 

ただ、この理由は介護職で働いている人の実際の声だったとしても、円満退職という観点から考えれば職場の上司に直接伝えられるのかは疑問です。

 

職場に伝える辞める理由!家庭の事情で円満に!?

業界を問わず基本的に悪口と思われる辞める理由はNG、特に介護業界は人材不足で悩むところが多いので、結婚などはOKだったとしても、前項のような本当の理由は可能な限り避けるべきです。

 

では、どのような退職理由が良いかというと以下の様な家庭の事情は円満退社に一役買ってくれます。

体力的にきついから自分に合う仕事を探したい
介護職は自分に合わないと感じてきた
結婚をする予定だから今以上に稼ぎたい
子供の出産を控えているから給料を増やしたい
諸事情で転居することになった
親の介護をするので仕事を変えたい

どうでしょうか?少し家庭の事情を入れると柔らかい感じの退職理由になったと思います。

 

更に上記退職理由を伝える前に『色々考えてみましたが・・・』と添えると上司への印象はだいぶ変わってきます。

 

ただし、どんな退職理由を伝えたとしても、何らかの理由であなたを引き止めてくる可能性もありますので、最終的には家庭の事情などの辞める理由にあなたの辞めたいという意思を言葉に込めることが一番重要です。

 

こんな場合は介護職はやめるべき!ブラックな労働環境!

世の中には、『休みが取れない』、『残業が支払われない』、『有給が取れない』、『仕事量があまりにも多い』といったブラックな労働環境の介護施設も存在します。

 

こういった環境で働いていると、体力などは当然削られていきますし、あまり思いつめるとうつ病の原因になる恐れもあるので注意が必要です。

 

もし、このような介護施設だったとしたら、それはまさしく介護職を辞めるタイミングです。


介護職をすぐに確実に辞める方法!引き止められても辞めるには?

介護職をすぐに確実に辞める方法!引き止められても辞めるには?

 

はい、そうですか!と簡単に退職を認めてくれるであれば、退職に悩む人などいるわけがありませんし、いつでも転職を気軽に考えることができます。

 

しかし、介護職の退職はそう簡単なものではなく、上司に引き止められ辞めさせてくれない・・・というケースも多く見受けられます。

 

介護職をすぐに辞める方法は?

介護職をすぐに辞めるには前項でご紹介したような介護職を辞めるタイミングと引き止めづらい退職理由が重要です。この二つが上手くかみ合えば円満退職ができると思います。

 

しかし、たとえマニュアル通りに言っても同じ結果が得られるとは限りませんから、引き止められてもしっかり辞める方法を事前に身につけておくと便利です。

 

退職を引き止められても上手に断る方法!

施設長やリーダーに退職の旨を伝えても、責任を問われる、新人探しが面倒といった理由から退職を引き止められることもあります。

 

具体的に言うと、

あと1ヵ月待ってほしい
そっか・・・でも、もう少し頑張れないかな?
募集かけるから入ってくるまで働けない?
辞めるのはいいけど残された同僚のこと考えたことある?
待遇を少し考えるよ

このように、巧みな言葉であなたの気持ちを揺さぶってくることも珍しくありません。でもここで諦めたら、転職の道が閉ざされてしまいますよね。

 

ですから引き止めにあった時には、

気持ちは全く変わらないことを再度丁寧に告げる
次の人が困らないように仕事内容を書き出しておく

引き止めが長引かないような上手な言動が必要です。しかし、どんな対策を取ったとしても辞めさせてくれないこともあります。

 

介護職を辞めるタイミングを逃すと大変なので、断れない、辞められないという時は別の辞める方法も考えておきましょう。

 

どうしても辞めさせてくれない場合は?

何をしても辞めさせてくれない、辞める方法が見つからないという場合は、お近くの労働基準監督署の出番かもしれません。

 

いきなり、労働基準監督署に駆け込むのも良いと思いますが、ここは一旦『労働基準監督署に相談します』と上司に告げることから始めましょう。

 

もちろん、労働基準監督署への相談は最終手段です。できる限り今までご紹介した方法で円満退職を模索し、どうにもならない時には労働基準監督署の知恵を借りるようにしてください。


介護職をすぐに辞めるのは有り!?1日や1週間は非常識?

介護職をすぐに辞めるのは有り!?1日や1週間は非常識?

 

勤続3年で退社する人って結構いますよね。勤続3年は、ちょうど会社に慣れて色々不満が出てくる時期とも言われています。

 

しかし、あまりにも劣悪な環境だった場合は3年待てない時だってあります。1年、半年・・・一番短くて僅か1日で退職もあるようです。

 

介護職には新人なのにすぐに辞める人はたくさんいる!

介護職を目指した時には働く意欲はあったと思います。ですが、向き不向きや理想と現実のギャップ、そして待遇面の不満などといった理由ですぐに辞めてしまう人も少なくありません。

 

一般的な企業であれば『1日で退職や1週間で退職はめったにない』のかもしれませんが、利用者の日常生活を支える介護という特殊な職種については新人ですぐに辞めることも珍しいことではないのです。

 

介護職を1週間で辞めることにした事例!

本当に1週間で辞める人っているの?と疑うかもしれませんが、実際に介護職に就き僅か1週間足らずで辞めてしまう人はいます。

介護職を1週間で辞めることにした事例!口コミ

何が原因だったのかは不明ですが、よほど耐えかねる状況だったのかもしれませんね。

 

ただ、上のつぶやきを見る限りでは『介護施設がなかなか辞めさせてくれない』という状況も伺えます。

 

介護職を1日で退職した人の事例!

たった1日の勤務で退職!?介護職辞めるタイミングとしてはおかしいでしょ?と一見、非常識に思えますよね。

 

実は、こういった事例は結構多いことを知っていましたか?しかも、1日で退職は社員などに限った話ではありません。

介護職を1日で退職した人の事例!口コミ

早い人だと半日で辞めています。ですが音信不通はよくありませんよね。

 

特に社員の場合は退職に関する手続きがたくさんあるので、たとえ1日で退職することになってもきちんとした手順を踏んで退職していきましょう。


介護職を辞めた後の事も考えておこう!お金や転職に困らない為に!

介護職を辞めた後の事も考えておこう!お金や転職に困らない為に!

 

退職の旨を上司に伝えるタイミングや退職するタイミングをご紹介しましたが、その時期に転職先をどうやってみつけるのかは悩むところ、できれば早い段階で良い職場に巡り合いたいものです。

 

そこで、あなたにとっての理想の職場をどう探すのか?をまとめてみました。

 

辞めた後、困らない為に考えること!

勢いで辞めても結局生活に困るようでは退職した意味がありません。辞めた後に困らない為には貯蓄額のチェックや転職活動の方法を事前に考えておく必要があります。

 

まず貯蓄ですが、1ヵ月の支払いから簡単に計算しておくことをオススメします。

 

例えば、

一人暮らしの1ヵ月に必要な生活費(例)

 

生活に必要な支払い項目 出費額
家賃(アパートなどの賃貸の場合) 50,000円
水道光熱費(電気、ガス、水道) 20,000円
通信費(スマホ、携帯、固定電話等) 10,000円
食費(交際費や外食等も含む) 30,000円
健康保険や国民年金 無職の期間等による
車、バイク等の維持費(燃料費のみ) 10,000円
1ヵ月の合計出費額(保険料等を除く) 120,000円

 

このような生活を送っていたとすると、健康保険などを抜いた1ヵ月の生活費は12万円です。もし、2ヵ月収入がなければ24万円の出費ということになります。

 

したがって上記の例をもとに計算すると2ヵ月から3か月程度の貯蓄をする場合は24〜36万円程度が目安です。

 

そして、同時に転職活動を進めていかないといけません。もし、2ヵ月、3か月と無職が続くと出費はどんどん膨れ上がってしまいます。

 

逆に在職中に転職活動を行い入社日まで決まっていれば無職期間に必要な生活費がほぼ確定するので不安を感じることなく退職することができるでしょう。

 

なるべく早く転職したい!在職中に職探しできる?

転職先が介護であれば求人はたくさんあります。一般的にはハローワーク、求人誌、広告等に掲載されている求人を事前にリサーチしておけば在職中でも介護職探しは可能です。

 

特にハローワークは、ネットが普及したことによりインターネットから閲覧することができるようになっていますよね。

 

ハローワークインターネットサービス

≪出典:ハローワークインターネットサービス

 

ですが、一番ネックなのは一人で転職活動をするという点です。在職中だと職場の上司や同僚にバッタリ出会うなんてこともあるので、それが嫌で在職中の転職活動を断念する人も少なくありません。

 

また、求人はそれなりのボリュームですが以下の様に感じる人も多いようです。

いっぱい掲載されているけど・・・どこも給料安い
求人見てもいつも同じ企業ばかり!
この企業!あまり良い噂を聞いたことないけど・・・

このような声をあなたも周囲で聞くことはありませんか?

 

求人数は多いかもしれませんが、無料掲載である為、その中にはブラックかと思われる企業もあると言われています。

 

だからといってあきらめてはいけません!求人はハローワークや求人誌、広告だけが全てではないのです。

 

転職エージェントなら在職中でも安心して職探しできる?

ネット上には、転職エージェントと呼ばれる転職支援サービスがあります。

 

このサイトでは非公開求人をはじめ多くの求人を掲載、サイトとエージェントに登録しておけば希望にあう求人を専任エージェントがあなたに代わり探してくれるので、どんなに介護の仕事が忙しくても求人情報を入手することは可能です。

 

このように退職するまでに転職先をある程度絞っておけば、介護職を辞めるタイミングも自然と決まってくるかも?その為には介護専門の転職サイトの活用が有効かもしれません。

 

辞め方の相談にも乗ってくれる転職エージェント!

辞め方の相談にも乗ってくれる転職エージェント!

 

転職エージェントの多くは、円満退職についてもアドバイスなども積極的に行っています。

 

しかも、転職エージェントというとリクルートやパソナのような総合転職サイトを想像すると思いますが、ここでご紹介するのは介護専門の転職エージェント、介護業界を知り尽くした転職のプロが、円満退職に向けた辞め方相談にも乗ってくれます。

 

辞め方相談と求人数ならココ!スマイルSUPPORT介護

 

スマイルSUPPORT介護の無料登録はコチラ!

転職エージェント名 スマイルSUPPORT介護
運営会社名 HITOWAキャリアサポート(旧長谷川サポート)
総求人数 約87,000件(うち非公開求人は約51,000件)※2018年9月末調べ
求人掲載エリア 全国の介護求人に対応
人材コンサルタントの特徴

・利用はすべて無料
・介護経験のある人材コンサルタントが多数在籍
・ヒアリング、条件交渉、円満退職のサポートあり
・各介護施設の実情なども聞ける

 

国内最大級の転職エージェント(コンサルタント)です。在籍している人材コンサルタントの多くは介護経験者なので退職と転職時に抱える不安も共有できます。

 

登録はWEBから可能ですが、インターネットが苦手という人は電話による登録や相談もOKです。

スマイルSUPPORT介護の円満退職へ向けたサポート体制 

もちろん、上記のように辞め方も含む円満退職へ向けたサポート体制も整っています。もし、退職で悩んでいるのであれば退職理由の相談から始めてもいいでしょう。

 

スマイルSUPPORT介護は全国に対応している介護専門転職エージェント、『介護職辞めるタイミングを教えてほしい』と考えている段階の人にもオススメの転職エージェントです。

 

 

充実した転職サービスと辞め方相談なら!かいご畑

 

介護職専門の転職エージェント「かいご畑」の無料登録はコチラから!

転職エージェント名 かいご畑
運営会社名 株式会社ニッソーネット
総求人数 約10,000件 ※2018年9月末調べ
求人掲載エリア 全国の介護求人に対応(関東圏の求人多数)
専任コーディネーターの特徴

・在職中の悩み相談から可能
・良質な非公開求人の応募もできる
・面接調整や就職後も完全サポート
・公式サイトから登録することができる

 

スマイルSUPPORT介護のエージェントは『人材コンサルタント』でしたが、かいご畑の場合は『専任コーディネーター』という名称です。

 

かいご畑では、以下のように在職中から相談や転職活動がスタートできるので、どのタイミングで退職し転職していくのかをじっくり考えることが可能です。

かいご畑 相談について

また、かいご畑では一定の条件を満たせば資格を取りながら介護職として働くこともできます。

 

かいご畑のコーディネーターは『介護職辞めるタイミングが難しい!』と思っている人には当然オススメですが、次の転職先が介護であり、将来的に介護福祉士を目指したい!ケアマネにステップアップしたいと考えている人にもオススメの転職エージェントです。

 

 

介護職の辞め方で悩んでいるなら!メドフィット

 

メドフィット店舗

転職エージェント名 メドフィット
運営会社名 株式会社ゲンテンリンクス
総求人数 総求人数は不明(介護職は約5,400件) ※2018年9月末調べ
求人掲載エリア 全国の求人に対応
キャリアエージェントの特徴

・キャリアエージェントの登録及び利用は無料
・エージェントによる円満退職のサポートあり
・介護職の非公開求人多数
・職種ごとに専任エージェントが在籍している

 

介護と医療に特化した転職エージェントです。メドフィットでは、求人紹介をはじめ面接セッティングや条件交渉、そして円満退職へのアドバイスも担当してくれます。

メドフィット円満退社から入所後のサポートについて

 

たとえ転職先の内定をもらったとしても、前職を辞められなければ全てが水の泡です。そうならない為も、転職エージェントの力を借りて辞め方のアドバイスをもらいましょう。

 

メドフィットの転職支援サービスもスマイルSUPPORT介護やかいご畑と同じく全て無料ですから、介護職を辞めるタイミングや退職理由に悩んでいる人は要チェックです。

 

 

今回は介護職を円満に辞めるタイミングと退職理由!をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?転職活動を事前に行っていけば介護職を辞めるタイミングは自然とわかるはずです。

 

その退職チャンスを逃さない為にも、『介護職辞めるタイミングがわからない』という人は転職エージェントに相談して上手に辞める方法を教えてもらっておきましょう。


介護職を円満に辞めるタイミングと退職理由!【上手く辞める方法】関連ページ

退職金制度や退職金の相場
次に備えて出来れば退職金はしっかりと貰っておきたいですよね。介護業界は退職の際退職金制度はあるのでしょうか。介護職は退職金を貰えるのかどうか、貰える場合退職金の相場はいくらくらいなのかを詳しくまとめています。介護職で退職を考えている方は是非参考にしてください。
退職届の書き方や使えるテンプレート
退職の際に退職届を提出しなければいけない職場もあります。いざ退職届を書こうと思っても何にどのように書けば良いか分からないと言う方も多いのではないでしょうか。退職届の書き方や使えるテンプレートなどをまとめましたので、退職届でお困りでしたら是非参考にしてください。
退職理由辞める時と面接では変える?
介護職の退職理由や面接の際に聞かれたときの答え方を、例文をまじえて紹介しています。人間関係や給料、体調不良など様々な退職理由の例文なども紹介し、介護業界での転職の役立てる様な内容にまとめています。
ヘルニアは辞める理由になる?
介護職は体力を使う仕事です。無理な姿勢で腰痛やヘルニアを抱えている方も少なくありません。腰痛がひどくなり働けない状態で介護職を退職するという方もなかにはいます。腰痛やヘルニアは辞める理由、円満退職出来るのか、退職届や失業保険などについて記事をまとめました。
新卒で辞めたい場合の対処法
介護職を目指し新卒で入社しても、考えていた仕事と違う、人間関係のトラブルなどの理由ですぐに退職を考える方も少なくありません。しかしすぐに辞めてしまうと転職先にも不利になるのでは?と退職に二の足を踏んでしまいますよね。新卒で辞めたいと思った時の対処法や転職先の探し方などを紹介します!
退職と今後について
介護職を続けていて辞めたいと思った事がない方は少ないのではないでしょうか。しかし今後の事や転職先の事を考えて、頑張って続けている方も多いでしょう。介護職を辞めたいと思った時、転職しかないのでしょうか。退職する際の今後の事や転職先の事などまとめましたので、辞めたいけど・・・とお悩みでしたら参考にしてください。
介護職は離職率が高い?
介護職は精神的にも肉体的にもハードな仕事であるというイメージや、離職率が高いと言うイメージがありますが本当の所はどうなのでしょう。介護職の現在の離職率や退職する理由・原因をまとめました。また、離職率が低い職場の見分け方なども紹介していますので是非参考にしてください。
介護職を辞めたい!退職理由はどうする?
介護職を辞めたいと一人で悩んでいる方も中にはいるのではないでしょうか。退職する時上司や同僚に相談すると引き止められたり、友人や家族に相談すると度がめられるのではと不安になる事もあると思います、退職する際は誰に相談するのが一番良いか記事をまとめていますので、お悩みの方は是非参考にしてください。