介護職 退職理由 面接

Pick up news !!

介護職の退職理由!※面接で聞かれた時の答え方(例文あり)

介護職の退職理由!【※面接で聞かれた時の答え方(例文あり)

 

介護職の退職理由でよく聞かれるのが、人間関係が悪い、仕事がハードであるといった理由です。

 

理由によっては面接官に悪い印象を与えてしまうこともあるため、退職理由についてこのようなお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

 

「介護職の面接で、本当の退職理由を言ってもいい?それとも悪い?」
「介護職で転職したいけど・・・面接で退職理由をどう伝えたらいい?」
「面接官って退職理由聞いてくるよね・・・なんで聞いてくるのかな・・・」
「面接で退職理由をうまく答える自信がない・・・どうすればいいかな?」

 

面接で聞かれる退職理由については頭を悩ませる部分であると同時に、面接官も重点的にチェックするポイントです。

 

今回は、介護職の面接で退職理由を聞かれた時の答え方などを、例文を交えながらご紹介いたします。これから面接を控えている方は必見!ぜひ今後の参考にしてください。


介護職の面接で退職理由を聞かれた時の答え方!良い例文・悪い例文とポイント!

介護職の面接で退職理由を聞かれた時の答え方!良い例文・悪い例文とポイント!

 

どんな介護施設に転職したとしてもほぼ100%の確率で行われるのが面接!正社員、契約社員、パートやアルバイト、どの雇用形態でも必須だと思います。

 

その面接でよく聞かれるのが退職理由ですよね。なぜ辞めたのか?という点は面接官も興味があるところなのかもしれません。

 

そこで、介護職の一般的な退職理由を例にして良い答え方と悪い答え方に分け例文にして分かりやすくご説明していきたいと思います。

 

面接が苦手な人や例文を探していた人は、大切な面接で失敗しないようにしっかりチェックしておきましょう。

 

人間関係が退職理由の場合!

介護職は人間関係が原因で辞める事が多いと言われています。特に『上司と合わない』、『同僚と合わない』は退職理由の中でも多い方だと思いますが、だからといって実名を出したりそのまま伝えることはNGです。

 

人間関係が退職理由の場合!

 

面接官はあなたの退職理由と同時に働く意欲もチェックしています。悪い例文の方はどんなイメージを持ちましたか?

 

上司や同僚に対する悪口と、すぐ逃げた姿が印象に残るような言い方になっています。

 

面接官に好印象を与える為には、上の良い例文ように不満に感じていた部分を簡潔にまとめ、『経験を生かしたい』や『コミュニケーションを取りながら仕事するのが好き』という意欲をアピールすることがポイントです。

 

前職を短期間で退職した理由!

労働条件や介護職の仕事内容、そして介護施設の方針が引き金となり短期間で退職する人って結構いると思いますが、勤務期間が短いからこそ退職理由に頭を抱える人も多いのではないでしょうか?

 

面接でストレートに話せば印象が悪くなりますし、かといって嘘がバレた時は大変ですよね。

 

こういった時は『辞めなくてはいけない理由と長く勤めたいという意思』をしっかり伝えましょう。

 

前職を短期間で退職した理由!

 

いかがでしょうか?二つの例文を比較すると、良い例文の方は採用が決まった以上は働くという責任感と同時に自分の目指すところも明確になっていますよね。

 

介護職は離職率が高いと言われていますが、だからと言ってストレートな退職理由を面接で語るのは禁物!

 

しかし、このような内容であればたとえ介護職を短期間で辞めたとしても面接官に対する印象はあまり悪くならないはずです。

 

パワハラが退職理由の場合!

近年、パワハラ(パワーハラスメント)は介護業界のみならず社会全体で問題視されていますが、だからといって面接時にパワハラを退職理由としてストレートに伝えることはあまりオススメできません。

 

何故かというと、パワハラで辞めたという事実から、『精神的に弱いのでは?』や『またすぐに辞めるのでは?』と連想させてしまう恐れがあるからです。

 

パワハラが退職理由の場合!

 

このように厳しい指導の中でも仕事をしていたという表現と共に、その経験を活かす決意を明確にすることがポイントです。

 

また『利用者様を笑顔にする仕事をしたい』、『利用者様にありがとうと言われる介助をしたい』といった具体的な内容を伝えるともっと良いかもしれません。

 

労働条件(残業・給与・転勤)が退職理由の場合!

介護職の人でも、残業が支払われない、給与が低い、いきなり転勤を命じられたといったことで退職する人もいますが、以下の様にそのまま面接で伝えてしまうと『同じように辞めてしまうのでは?』と思われてしまいます。

 

労働条件(残業・給与・転勤)が退職理由の場合!

 

退職理由が『残業』の場合

 

退職理由が『残業』の場合

 

ポイントは『残業は嫌だ』と言わないことです。どの介護職でも突発的な残業は発生してしまう可能性があります。いざとなれば協力します!といった姿勢が前面に出た退職理由がベストです。

 

退職理由が『給与』の場合

 

退職理由が『給与』の場合

 

上記のように給与に関しては『給料が安かった』という表現を控える言い回しがポイントです。しかし、給料面を退職理由にするのはリスクが高く、上手く伝わるかは正直疑問です。

 

もし、給料面をなるべく出さないのなら、以下の様な退職理由も検討しておきましょう。

 

退職理由が『給与』の場合 2

 

退職理由が『転勤』の場合

 

退職理由が『転勤』の場合

 

他の退職理由と同じく、努力や交渉した事実をしっかり伝えておくことがポイントになります。もちろん、介護職に対する熱意を込めることを忘れてはいけません。

 

病気や体調不良が理由で退職した場合!

 

利用者の日常生活を支える介護職は楽な仕事ではなく、無理しすぎて腰痛を引き起こしたり、きついシフトを組まれ体調を崩す人も少なくありません。

 

もちろん、病気や体調不良は一番話しやすい退職理由ですが、あまりオーバーな表現をすると面接官が『介護職として働ける状態なのだろうか?』と不安を抱く危険性があります。

 

病気や体調不良が理由で退職した場合!

 

このように体調は回復したということを強調するのがポイントです。腰痛などの場合は、隠してもすぐバレてしまう可能性がありますから、予め重労働の少ない介護施設や職種を選んでも良いでしょう。

 

能力不足が理由で退職した場合!

 

人間誰しも得手不得手はありますので、『この介助は私にも難しいな・・・』と感じることは決して珍しくはありません。しかし、面接官に対して『私の能力不足です』と正直に答えると、面接時の印象は悪くなります。

 

能力不足が理由で退職した場合!

 

一方、良い例文の方は与えられた仕事への責任感、希望する仕事への意欲が感じられますよね。『ダメだったから退職する』のではなく、チャレンジ精神が感じられるような退職理由にすることがポイントです。

 

家庭の事情で退職した場合!

 

退職する場合、『家庭の都合』は最も退職しやすい理由の一つですが、言い方や内容を間違えると面接で落とされる可能性があるので注意が必要です。

 

家庭の事情で退職した場合!

 

悪い例文、良い例文のどちらも遠いことを退職理由にしていますが、『大変だから退職する』と『サービスを維持するために退職する』では明らかな違いを感じます。

 

いつも万全の状態で介護職をしたい!そんな気持ちを前面に出すことがポイントです。


介護施設の面接官が退職理由を聞く目的!ネガティブな理由はなぜダメなのか?

介護施設の面接官が退職理由を聞く目的!ネガティブな理由はなぜダメなのか?

 

面接で退職理由を聞かれた時、実際の理由をありのまま答えられればそれに越したことはないですよね。

 

ですが、退職理由によっては必ずしも正直に答えればいいというわけでもありません。場合によっては、不採用となる致命的な要因の一つにもなり得ます。

 

そこで介護施設の面接官が退職理由を聞く目的やネガティブな理由はなぜダメなのかについて詳しくまとめてみました。

 

前職と同じ退職理由で辞めないか?

たとえばあなたが企業の面接官で、応募者にこのような質問をしたとします。

 

前職と同じ退職理由で辞めないか?

 

いかがですか?この答えだと結果は「NO」の可能性が非常に高く、ほとんどの採用担当者が『前職で同じ退職理由で辞めないか?』と疑ってしまいます。

 

面接官や介護施設としては、『せっかく採用するのだからすぐに辞めないような人材』を求めています。

 

ですから、たとえ人間関係で退職したとしても『経験を活かしたいから』などのポジティブな退職理由がベストになってくるのです。

 

人柄や意欲はどうか?利用者や同僚との人間関係を構築できるか?

介護施設が採用したいのは人柄がよく就業意欲があり、会社に何らかの利益をもたらしてくれる人です。もちろん、ここでいう利益とは介護職である以上、利用者と良好な関係を築くことも含まれてきます。

 

ですが前項の応募者の答えからは、そういった要素はまったく感じられませんよね。

 

それどころか、採用しても人間関係に馴染めずすぐに辞めてしまうのではないか、という不安さえ与えかねない印象です。

 

介護施設側としては、極力問題を起こしてほしくないと思っています。退職理由によってはあなたの人間性そのものを疑われてしまうこともあるので十分注意しておきましょう。

 

問題を他責にする傾向はないか?コミュニケーション能力を持っているか?

コミュニケーションが取れないことを他人のせいにする、ミスを誤らず人のせいにする、こういった応募者もマイナスイメージになりがちです。

 

介護施設は基本的にチームワークが大切、特に認知症の利用者の介助だと一人では困難な場面は多々出てきますし、問題が起きれば連帯責任となることがほとんどです。

 

そんな中、自分だけ責任を逃れるような行為は人間関係を崩す原因となりますので、極度に問題を他責する応募者は不採用とするかもしれません。


面接で退職理由を伝えるときの注意点!評価を下げるNG表現!

面接で退職理由を伝えるときの注意点!評価を下げるNG表現!

 

自分の思いを面接で全て伝えるのは決して悪いことではありません。しかし、ほんの少し間違ってしまうと印象はガラッと変わります。

 

できるだけ早く介護職の転職を成功させる為にも、評価を下げるNG表現も把握しておきましょう。

 

面接時の退職理由では嘘を付かない!

よく退職理由を上手に説明できないという理由で面接時に嘘をつく人もいますが、嘘をつくのは決して良いことではありません。

 

嘘をついてバレてしまうと、嘘だったという事実が判明するだけでなくあなたの人格が完全に疑われ、『ミスを報告しないのではないか?』と想像させてしまいます。

 

特に介護職は高齢者の日常をお世話する大切なお仕事です。たとえ些細なことであっても報告することは大切なので『嘘をつく人』というレッテルは致命的です。

 

ネガティブな理由をポジティブな内容に言い換える

退職理由はあくまで前向きな理由であることが大切です。ここでいう前向きな理由とは、たとえばスキルアップのための退職です。

 

以前の職場では〇〇業務を経験し〇〇を学んだ
介護職員として今後更にスキルアップしていくために、これからは○○を実践できる環境で頑張っていきたい

などポジティブな内容で答え方が面接官に対する印象は良くなります。

 

表情や言葉使い(声)に気をつける

面接時に退職理由を伝える時、どうしても内容ばかり気にしてしまいますが伝える時の表情や言葉使いにも注意を払う必要はあります。

 

例えば、伝える時の表情です。もし、下を向いたり暗い表情だったらどうでしょうか?おそらく面接官は『この人で大丈夫だろうか・・・』、『本当に今まで介護職していたのかな?』と不安になってしまいます。

 

また『タメ口』も要注意です。面接であれば敬語を使うのが常識ですし、あなたの性格や人柄をそのまま映し出します。

 

特に介護職の場合、介助やレクリエーション等利用者と接する機会が多いので、表情や言葉使いは必ずチェックされると思っておきましょう。

 

職場の批判や元同僚の悪口は言わない!

退職理由が以前の職場に対する愚痴や不満、つまり悪口であった場合、面接官に与える印象は最悪と言っていいでしょう。

 

これはつまり、退職する理由を会社や他人(同僚介護職)など、環境のせいにしているということでもあります。

 

たとえば、あまりにも休日出勤やサービス残業が多く、いわゆるブラック企業とよばれる職場で働いていた人にとってはこれは切実な問題ですし、正当な退職理由と言えます。

 

しかし、面接官はほとんどの場合企業の経営者や管理職です。そのような立場からすれば、自分の会社についても同じようなことを言われるのではないかという不安を少なからず覚えるはずです。

 

同時に仕事に対してもうまくいかないことを他人のせいにする人、という印象を与える可能性もあります。

 

ですから、たとえどんなに正当な主張だったとしても、以前の職場に対するマイナスな発言は極力控えるのが賢明です。

 

給料や勤務体系だけを理由にしない!

給料が安い、シフトに納得できないといった退職理由は、面接官に対して『満足できない時は辞めてしまうんだ』と連想させてしまいます。

 

もし、給料や勤務体系を退職理由にする時はなぜ給料が安いと困るのか、なぜ勤務体系が理由で辞めたのかまで考えておきましょう。

 

例えば、『結婚や出産を控えている』、『新しく取った資格で働きたい(資格手当が見込める)』などであれば、前向きな退職理由なので面接官の受け取り方も変わります。


退職理由の答え方が分からない場合の対処法!

退職理由の答え方が分からない場合の対処法!

 

ここまで退職理由について詳しくご紹介してきましたが、対策が見つかったでしょうか?いざ、自分で考え始めると『本当にこれで良いのかな・・・』と不安になってくるものですよね。

 

そういう時は第三者に相談を持ち掛けて意見を聞くと不安も解消されるかもしれませんよ。

 

退職理由の答え方を転職エージェントに相談する!

両親、親友、同僚介護職などに相談を持ち掛けることは簡単です。しかし、アドバイスをもらったとしてもあなたは果たして素直に聞き入れることができるでしょうか?

 

身近な存在のアドバイスって意外と素直に聞けないものですよね。

 

ですが、もし相談する相手がプロだったとしたら、おそらくあなたも『なるほど!』と思い、実行に移せるかもしれません。そこでご紹介したいのが、転職エージェントです。

 

転職エージェントとは、求人検索をはじめ、企業との条件交渉、面接スケジュールの管理、履歴書作成のアドバイスなど様々なサポートをする転職のプロのことで、もちろんあなたが気になっている介護職の退職理由も的確なアドバイスをしてくれます。

 

徹底した面接対応 マイナビエージェント

≪出典:マイナビエージェント

 

上の画像は、総合転職のマイナビエージェントのサイトの一部です。先ほどご説明した通り徹底した面接対策を実施していることが分かると思います。

 

『どうせ料金高いんでしょ!』と思っていませんか?しかし、気になる利用料金は全て無料、しかも紹介する求人の中にはハローワークなどには載っていない非公開求人もあるので今より良い介護施設などを探したいと思っている人には絶対オススメです。

 

退職理由で悩んでいる介護職にオススメの転職エージェントは?

前項で少し転職エージェントについて触れましたが、興味が湧いてきた人もいるのではないでしょうか?

 

そこで、介護職の退職理由をはじめあなたの転職活動に協力してくれる転職エージェントをご紹介したいと思いますが、転職エージェントの中には『介護専門』があることを知っていましたか?

 

介護の退職理由で悩んでいる人にオススメ!スマイルSUPPORT介護

 

スマイルSUPPORT介護の無料登録はコチラ!

転職エージェント名 スマイルSUPPORT介護
運営会社名 HITOWAキャリアサポート(旧長谷川サポート)
総求人数 約87,000件(うち非公開求人は約52.000件)※2018年10月13日調べ
求人掲載エリア 全国に対応
エージェントのサポート内容 退職理由を含めた各種相談、求人検索とヒアリングの実施、条件交渉、面接のスケジュール調整と同行、円満退職サポート、非公開求人の紹介、企業の見学同行等

 

求人数、サービス共に業界トップレベルの介護専門転職サイトです。求人掲載エリアが全国なのでどの地域にお住まいでも利用する価値はあると思います。

 

そして在籍しているエージェント(人材コンサルタント)のほとんどが介護関連職経験者なので、あなたの悩みも理解した上で退職理由や面接に関する的確なアドバイスが期待できます。

 

もちろん、転職活動に入る前からの相談もOKです。転職エージェントに登録すれば、どうやって辞めたらいいのか、どのような転職理由が良いのかも相談できるので安心して転職を考えることができます。

 

 

介護職の模擬面接を受けたいなら!マイナビ介護職

 

マイナビ介護職の無料登録はコチラ!

転職エージェント名 マイナビ介護職
運営会社名 株式会社マイナビ
総求人数 約16,000件(40%は非公開求人)※2018年10月13日調べ
求人掲載エリア 全国に対応
エージェントのサポート内容 求人検索とヒアリングの実施、履歴書及び職務経歴書作成の指導、書類の添削、職場見学、条件交渉、面談の練習、退職フォロー、入職後の相談等

 

前項でご紹介したマイナビエージェントの介護版です。グループは同じですが、別のサイトとして運営しています。

 

マイナビと違い介護のみに絞っているので求人数は少なめです。しかし、退職理由などを説明する面接対策では最強の味方と言っても過言ではありません。

 

面接対策・面接・見学 マイナビ介護職

≪出典:マイナビ介護職

 

また、上記のように介護職の面接の練習までOK、どんな退職理由ならいいかなと考えているなら実際に練習した方がイメージはつかめると思います。

 

グループ自体が有名ですから、面接で聞かれた時の答え方に悩んでいる人はもちろんのこと、転職エージェントを初めて利用する人にもオススメです。

 

 

充実した転職サービスと面接対策なら!メドフィット

 

メドフィット店舗

転職エージェント名 メドフィット
運営会社名 株式会社ゲンテンリンクス
総求人数 約5,400件 ※2018年10月13日調べ
求人掲載エリア 全国に対応
エージェントのサポート内容 相談やヒアリング、求人の選定や案内、面接セッティング、履歴書や職務経歴書の書き方指導、面接の質問や解答例のサポート、条件交渉、円満退職のアドバイス、入職後のサポート

 

株式会社ゲンテンリンクスが運営しているメドフィットは福祉と介護を専門とした転職エージェントです。

 

サイト内を見ると面接のコツや面接の心得という非常にうれしいコンテンツも用意されているので、これから転職活動に入るという人は一読しておきたいところです。

 

また、在籍しているエージェントを利用すると以下のように『よくある質問と回答例』も教えてもらえます。

 

『よくある質問と回答例』 メドフィット

≪出典:メドフィット介護求人

 

『果たしてこの退職理由で面接通るかな・・・』と一人で悩んでいる間にも良質な求人はどんどん無くなっていきます。

 

メドフィットは首都圏や大阪、愛知、福岡といった大都市圏の求人に強い介護専門エージェントので、こういった地域にお住いの方には特にオススメです。

 

 

転職エージェントの面接テクだけで介護転職は上手くいく?

ここまで介護に特化した転職エージェントをご紹介してきましたが、エージェントの持つ介護施設の情報や知識、そして面接テクだけを完全にマスターしても面接が上手くいくとは限りません。

 

最終的に一番大切になってくるのは『入社して働いていきたい』、『介護職として働きたい』というあなたの気持ちです。

 

当ページ内でもご説明してきたように表情や言葉使いはあなたのやる気をそのまま反映します。

 

介護職の転職を成功に導く為には、転職エージェントがアドバイスしてくれた退職理由の答え方やあなたの気持ちが大切ということを忘れないようにしましょう。

 

今回は介護職の退職理由ついて詳しくまとめてきましたが、いかがだったでしょうか?

 

前職の退職理由は答え方次第で今後を大きく左右させるということが分かって頂けたと思います。

 

当ページでご紹介してきた例文や転職エージェントの手厚いサポートをフル活用して、面接を成功に導き今より条件の良い介護施設への転職を叶えましょう。


介護職の退職理由!【※面接で聞かれた時の答え方(例文あり)】関連ページ

介護職を円満に辞めるタイミングと退職理由!
介護職の辞めるタイミングについて、どういう時が良いか?円満に辞める為の退職理由は?引き留めに合わない上手な退職方法などをまとめました。今現在介護士やケアマネージャーなど、介護職員として働いていて、退職や転職を考えている人の為のお役立ち記事です。
退職金制度や退職金の相場
次に備えて出来れば退職金はしっかりと貰っておきたいですよね。介護業界は退職の際退職金制度はあるのでしょうか。介護職は退職金を貰えるのかどうか、貰える場合退職金の相場はいくらくらいなのかを詳しくまとめています。介護職で退職を考えている方は是非参考にしてください。
退職届の書き方や使えるテンプレート
退職の際に退職届を提出しなければいけない職場もあります。いざ退職届を書こうと思っても何にどのように書けば良いか分からないと言う方も多いのではないでしょうか。退職届の書き方や使えるテンプレートなどをまとめましたので、退職届でお困りでしたら是非参考にしてください。
ヘルニアは辞める理由になる?
介護職は体力を使う仕事です。無理な姿勢で腰痛やヘルニアを抱えている方も少なくありません。腰痛がひどくなり働けない状態で介護職を退職するという方もなかにはいます。腰痛やヘルニアは辞める理由、円満退職出来るのか、退職届や失業保険などについて記事をまとめました。
新卒で辞めたい場合の対処法
介護職を目指し新卒で入社しても、考えていた仕事と違う、人間関係のトラブルなどの理由ですぐに退職を考える方も少なくありません。しかしすぐに辞めてしまうと転職先にも不利になるのでは?と退職に二の足を踏んでしまいますよね。新卒で辞めたいと思った時の対処法や転職先の探し方などを紹介します!
退職と今後について
介護職を続けていて辞めたいと思った事がない方は少ないのではないでしょうか。しかし今後の事や転職先の事を考えて、頑張って続けている方も多いでしょう。介護職を辞めたいと思った時、転職しかないのでしょうか。退職する際の今後の事や転職先の事などまとめましたので、辞めたいけど・・・とお悩みでしたら参考にしてください。
介護職は離職率が高い?
介護職は精神的にも肉体的にもハードな仕事であるというイメージや、離職率が高いと言うイメージがありますが本当の所はどうなのでしょう。介護職の現在の離職率や退職する理由・原因をまとめました。また、離職率が低い職場の見分け方なども紹介していますので是非参考にしてください。
介護職を辞めたい!退職理由はどうする?
介護職を辞めたいと一人で悩んでいる方も中にはいるのではないでしょうか。退職する時上司や同僚に相談すると引き止められたり、友人や家族に相談すると度がめられるのではと不安になる事もあると思います、退職する際は誰に相談するのが一番良いか記事をまとめていますので、お悩みの方は是非参考にしてください。