介護 辞めたい 転職

Pick up news !!

介護職を辞めたい!そんな時は転職しかない?退職と今後について

「介護職を辞めたい!そんな時は転職しかない?※退職と今後について」がイメージできる画像01

 

介護職は全体的に離職率が高く、多くの事業所が人材不足という問題を抱えています。

 

介護の仕事は責任も大きく体力的にもハードなため、介護職員として働いている方であれば一度は退職を考えたことがあるのではないでしょうか。

 

そして今まさに転職すべきかどうか悩んでいるという方もいるでしょう。

 

「介護職を続けていくのはもう無理かもしれない・・・」
「介護職を辞めたいと思ったら、他の職種へ転職するべき?」
「他の介護施設への転職もアリ?」
「仕事を辞めたら後悔しないか不安・・・」

 

あなたも日々このような悩みを抱えながら過ごしているのではありませんか?

 

今回は、介護職を辞めたいと思った時にまず考えること、今後の方向性などについて見ていきたいと思います。

 

自分にとってどうするのが最善の選択なのか、ぜひ一緒に考えてみてください。


介護職を辞めたい時の対処法

 

「もう仕事を辞めたい・・・」という気持ちで働き続けるのはとてもしんどいですよね。

 

自分の気持ちを整理して一刻も早くこの状況から抜け出すために、まずは仕事を辞めたい理由をもう一度考えてみましょう。

 

介護職を辞めたいと思ったら考えてほしいこと

介護職は肉体的にも精神的にも非常にストレスが大きい仕事です。

 

あなたが介護職を辞めたいと思う理由はなんでしょうか?職場の人間関係や待遇に不満がありますか?それとも入居者との関わり方に悩んでいるのでしょうか。

 

仕事を辞めたいと思う理由は人それぞれだと思いますが、辛い気持ちで働き続けるのはとても苦痛です。

 

仮に今抱えているストレスや不満が一時的なものであるなら、もう少し様子を見てみましょう。

 

しかし、それがあなたの中で限界に達しているようなら、転職も含め今後のことを考えてみる必要がありそうです。まずはあなたが仕事を辞めたい理由を明確にしてみてください。

 

自分の努力によって解決できること、できないことがある

たとえば入居者との関わり方がわからない、なかなか仕事を覚えられずにいつも怒られてしまうなど、あなた自身の仕事に対する問題であれば解決方法を見出していくのはそれほど難しい事ではありません。

 

この場合はどちらも経験や慣れがカバーしてくれる部分です。周りの評価を気にし過ぎたり、あなた自身の理想が高すぎることに原因があるのではないでしょうか。

 

あまり焦らず少しずつ経験を重ねていくことで、自然と解決していく部分も大きいはずです。最初はできないのは当たり前なので、あまり先を見過ぎず目の前のことを一つずつやっていきましょう。

 

一方、仕事を辞めたい理由が給与や休日などの待遇面、または職員同士の人間関係である場合は、自分の努力次第でどうにかなるものでもありません。

 

百歩譲って待遇面は勤続年数を積み上げていくことで改善していく可能性はあります。しかし、正直2〜3年ではあまり大きな期待はできないでしょう。

 

また、人間関係においてもそれなりに上手く付き合っていく方法はあるにしても、他人を根本的に変えることは難しいため、改善しようと思うと今よりも大きなストレスになってしまう可能性が高いです。

 

退職するかどうかは、自分にとってプラスになるかどうかで考える

仕事を辞めたいと思っている方にとっては、今の状況を冷静に考えることは正直難しいかもしれません。

 

目の前にある嫌な事にどうしても目が行き、ただ辞めたいという気持ちで頭の中がいっぱいになっていることでしょう。

 

ですが、あとで後悔しないためにも退職する理由を明確にし、それを踏まえた上で今後の自分にとってプラスになると思う選択をすることが大切です。

 

自分の努力次第で解決できる余地があるなら、自分自身を成長させるためにももう少しだけ続けてみてはいかがでしょうか。

 

しかし、あなたがいくら頑張ってもどうしようもない状況であり、尚且つそこにいること自体があなたにとってマイナスになると感じた場合は、転職を検討するべきかもしれません。

 

特に、介護職自体ではなく今の職場環境に不満がある場合は、転職をすることで余計なストレスから解放され、介護の仕事に専念することができます。

 

結果的にそれが介護職員としてのスキルアップにも繋がるでしょうから、そのような場合は迷わず転職することをおすすめします。

転職は計画的に!

 

ここからは退職することを前提に、転職活動の進め方やあなた自身の今後について考えてみましょう。

 

どんな仕事へ転職するか

介護職を退職し転職する際には大きく分けて二つのパターンがあります。一つは全く違う業種への転職、もう一つは同じ介護業界での転職です。

 

介護業界と言っても、介護職以外の職種(ケアマネ、生活相談員など)もあれば、特別養護老人ホームや訪問介護、デイサービスなど、他の業務形態への転職も考えられます。

 

介護職そのものが嫌なのか、今の職場が嫌なのかによって選ぶ転職先はまったく違います。

 

介護業界そのものに魅力を感じなくなってしまった場合は、新しいことに挑戦してみるのもあなたの可能性を広げるという意味では良いと思います。

 

また、今の職場そのものに問題がある場合は、同じ形態の他の介護施設に転職したり、もしくは介護施設から訪問介護などに転職をしてみるのも新たなやりがいを見出せる可能性があります。

 

介護業界での転職には、介護専門の転職サイトがおすすめ!

世の中には転職サイトは数多くありますが、その中には介護職専門の転職サイトというものが存在します。

 

介護業界で働いている方であれば、すでに利用したことがある方も多いかもしれません。

 

ハローワークや求人情報誌などで求人を探すのももちろん良いですが、介護職専門の転職サイトであれば様々な条件を考慮した上で、多方面から仕事を探しやすくなります。

 

また、転職サイトを利用することで、介護業界に詳しいコンサルタントに転職をサポートしてもらうことも可能です。

 

「何よりも人間関係が良い職場が良い」「給料がいくら以上の職場が良い」など明確な希望条件がある場合は、コンサルタントが希望に合う職場を優先的に紹介してくれるので特におすすめです。

 

不満を抱えたまま仕事をするのは、周りにもあなた自身のためにもよくありません。

 

いつも同じことをダラダラと悩んでしまうのであれば、思い切って何らかの決断をしたほうが良い結果を生むのではないでしょうか。

 

あなたにとってプラスとなる選択はどういったものなのか、自分自身とよく相談して今後の道をしっかりと見定めていきましょう。

介護職を辞めたい!そんな時は転職しかない?※退職と今後について関連ページ

介護職を円満に辞めるタイミングと退職理由!
介護職の辞めるタイミングについて、どういう時が良いか?円満に辞める為の退職理由は?引き留めに合わない上手な退職方法などをまとめました。今現在介護士やケアマネージャーなど、介護職員として働いていて、退職や転職を考えている人の為のお役立ち記事です。
退職金制度や退職金の相場
次に備えて出来れば退職金はしっかりと貰っておきたいですよね。介護業界は退職の際退職金制度はあるのでしょうか。介護職は退職金を貰えるのかどうか、貰える場合退職金の相場はいくらくらいなのかを詳しくまとめています。介護職で退職を考えている方は是非参考にしてください。
退職届の書き方や使えるテンプレート
退職の際に退職届を提出しなければいけない職場もあります。いざ退職届を書こうと思っても何にどのように書けば良いか分からないと言う方も多いのではないでしょうか。退職届の書き方や使えるテンプレートなどをまとめましたので、退職届でお困りでしたら是非参考にしてください。
退職理由辞める時と面接では変える?
介護職の退職理由や面接の際に聞かれたときの答え方を、例文をまじえて紹介しています。人間関係や給料、体調不良など様々な退職理由の例文なども紹介し、介護業界での転職の役立てる様な内容にまとめています。
ヘルニアは辞める理由になる?
介護職は体力を使う仕事です。無理な姿勢で腰痛やヘルニアを抱えている方も少なくありません。腰痛がひどくなり働けない状態で介護職を退職するという方もなかにはいます。腰痛やヘルニアは辞める理由、円満退職出来るのか、退職届や失業保険などについて記事をまとめました。
新卒で辞めたい場合の対処法
介護職を目指し新卒で入社しても、考えていた仕事と違う、人間関係のトラブルなどの理由ですぐに退職を考える方も少なくありません。しかしすぐに辞めてしまうと転職先にも不利になるのでは?と退職に二の足を踏んでしまいますよね。新卒で辞めたいと思った時の対処法や転職先の探し方などを紹介します!
介護職は離職率が高い?
介護職は精神的にも肉体的にもハードな仕事であるというイメージや、離職率が高いと言うイメージがありますが本当の所はどうなのでしょう。介護職の現在の離職率や退職する理由・原因をまとめました。また、離職率が低い職場の見分け方なども紹介していますので是非参考にしてください。
介護職を辞めたい!退職理由はどうする?
介護職を辞めたいと一人で悩んでいる方も中にはいるのではないでしょうか。退職する時上司や同僚に相談すると引き止められたり、友人や家族に相談すると度がめられるのではと不安になる事もあると思います、退職する際は誰に相談するのが一番良いか記事をまとめていますので、お悩みの方は是非参考にしてください。