介護職 新卒 辞めたい

Pick up news !!

介護職を新卒で辞めたい場合の対処!転職すべき?続けるべき?

「介護職を新卒で辞めたい場合の対処!【※転職すべき?続けるべき?】」がイメージできる画像01

 

新卒で介護の仕事に就いたものの、何らかの理由で退職を考えている方も多いのではないでしょうか。

 

せっかく新卒で入ったのだからもう少し頑張るべきか、それとも見切りをつけて新しい仕事を探すべきか・・・。

 

毎日このような悩みを抱えながら、悶々とした気持ちで過ごしている方も多いと思います。

 

「介護職を新卒で辞めるとどんなデメリットがある?」
「介護職が嫌でも、頑張ってもう少し続けてみるべき?」
「介護職で夜勤が無い仕事ってあるの?」
「職場の人間関係が悪い時はどうしたらいいの?」

 

以前は新卒で入った会社で定年まで働くのが理想的とされていましたが、時代は変わり今や新卒社員の3人に1人は3年以内に離職すると言われています。

 

これは、昔に比べ退職に対するイメージ自体が少しずつ変わってきているということなのかもしれません。

 

とはいえ、せっかく新卒で入った会社ですし、長い目で見ると続けるに越したことはありません。

 

しかし、あなたが今抱えている不満やストレスの度合いによっては、今の仕事を続けることが必ずしも正解であるとは限らないのです。

 

今回は、介護職を新卒で辞めたいと思った時にどうするべきか、状況に合わせた対処法をそれぞれご紹介します。


介護職がこんなに大変だとは思わなかった・・・

 

新卒で介護職に就いた方にとって、当初思い描いていた仕事への理想と現実はあまりにも大きくかけ離れたものだったかもしれません。

 

もしかするとあなたも、このような現実に打ちのめされているのではありませんか?

 

仕事がハードで体力的に限界

事業所の形態にもよりますが、入居型の介護施設ではシフト勤務が前提ですので、早番や夜勤ももちろんあります。

 

夜勤となれば拘束時間は15時間以上となるケースが多く、生活リズムも不規則になりがちです。

 

さらに、大きな規模の施設では入居者数も増えるため、1人で何十人もの入居者に対応しなければならないこともあります。

 

一日中走り回っても仕事が追いつかず、体力的に限界を迎えている方も多いのではないでしょうか。

 

人間関係が悪い

介護職を志している人が集まる介護業界なら、きっと思いやりの精神に溢れた優しい人が多いはず!と思いませんか?

 

ですが、残念ながら実際はそうとも言えないようです。どこにでも他人の悪口が好きな人というのはいるものですが、介護の職場においてもそれは例外ではありません。

 

職員内で派閥があったり、人の陰口を言ったりする人もいるでしょう。

 

それに加えて入居者との関係もあるので、介護職は人付き合いの面でもストレスが多い環境といえます。

 

給料が安い

介護職は仕事がハードな割に給料はそれほど高くありません。

 

地域にもよりますが、初任給は15万〜18万前後で夜勤や資格手当などが付いてようやく20万を超えるといったイメージです。

 

待遇面に関しては入社前に分かっている部分ではありますが、実際に働いてみると仕事が給料に見合っていないと思うことも多いかもしれません。

 

毎年昇給はありますが数年では微々たるものなので、もう少し給料が高い職場に・・・という思いは抱いてしまうかもしれません。

 

プレッシャーが大きい

どの仕事でも最初は覚えることが山積みですが、先輩や上司にフォローしてもらいながら少しずつ一人前になっていくものです。

 

しかし、介護職においては人材不足という問題がこの状況に追い打ちをかけます。

 

というのも、新人教育にあてる人員や時間が足りず、新人扱いしてもらえる期間が極端に短いという現状があるのです。

 

もちろんそういった施設ばかりではありませんが、介護職は人の命に関わる分、仕事への不安やプレッシャーもかなりのものでしょう。

介護職を新卒で辞めることのデメリット

 

石の上にも3年という言葉がありますが、毎日辛い状況で働いている方にとって3年という期間はとてつもなく長い期間に感じることでしょう。

 

3年どころか、もう明日から行きたくないと思うほど追いつめられている方も、決して少なくないのではないでしょうか。ですが、実際辞めるとなるといくつか面倒な状況が発生します。

 

転職時の退職理由に困る

今の仕事を辞めること自体はおそらくさほど難しい事ではないでしょう。しかし問題なのは再就職をする時です。

 

面接では必ずと言っていいほど前職の退職理由を聞かれます。

 

2〜3年仕事を続けている場合であれば、スキルアップのための転職と言うこともできますが、数カ月や1年未満で退職となると若干ムリがあります。

 

仕事が嫌だったからと正直に答えるわけにもいかないため、この部分についてはかなり頭を悩ませることになるでしょう。

 

仕事が続かない人という印象を与えやすい

これは退職理由の部分とも重なりますが、前職を短期間で辞めていると、仕事が続かない人という印象をどうしても与えやすくなります。

 

もちろん人間性ややる気など、他の部分でカバーすることもできますし、応募者のどの部分を重要視するかは企業によってさまざまです。

 

また、一般的な社会人としてのマナーが身についている、研修にかける期間やコストが抑えられるなどの理由から、新卒よりも第2新卒を好む企業も最近では多いようです。

 

ですから、この点においては受け取り方でマイナスにもプラスにもなり得る要素と言えるかもしれません。

 

生活に支障はないか

退職となると一番の問題は生活が成り立つかどうかです。

 

たとえ転職先が見つかった上での退職だとしても、数日間は空いてしまうことが多いでしょうし、給料の締日の関係で1〜2ヵ月無収入になることもあります。

 

しばらくの間生活していけるだけの貯金があればいいですが、新卒の方の場合それもなかなか難しいのではないでしょうか。

 

ですが、最低でも1〜2ヵ月分の生活費は、退職する前になんとか貯めておきたいものです。

違う形態の介護施設への転職も検討してみては?

 

介護の仕事には施設介護や訪問介護、デイサービスや訪問入浴サービスなどさまざまな形態があります。

 

ですから、今の職場が合っていないからといって、介護職そのものが向いていないというわけでは必ずしもありません。

 

職場の人間関係に悩んでいるなら転職を!

介護職そのものではなく、職場の人間関係が嫌になってしまった方は、何も今の職場にこだわる必要はありません。

 

他人を変えるのは難しいので、自分にとってプラスにならない環境と判断したのなら、他の介護施設に転職するのが最も手っ取り早い解決方法ではないでしょうか。

 

介護業界は離職率が高い傾向にあるため、求人も見つけやすく比較的再就職もし易いはずです。

 

人間関係のトラブルは精神的にも大きな負担となるので、我慢をし続けると後々厄介な状況になりかねません。

 

夜勤やシフト勤務が辛い方におすすめの転職先

夜勤や早番などで、生活が不規則になることが退職原因の場合は、デイサービスや訪問入浴サービスの仕事がおすすめです。

 

どちらも基本的に夜勤はありませんし、土日休みの事業所がほとんどです。

 

将来的に結婚や出産をした後も家庭との両立がし易いので、女性の方には特におすすめです。

 

新卒で入った会社を辞めるというのはそれなりに勇気がいります。今あなたが抱えている問題が努力で解決できる問題であれば、あとで後悔しないためにももう少しだけ頑張ってみたほうがいいかもしれません。

 

ですが、精神的にバランスを保てないほど大きなストレスになっているようなら、早いうちに転職したほうが結果的に良い場合もあります。

 

あなたの社会人としての人生はまだまだ始まったばかりです。将来的に自分にプラスになると思える選択をすれば、それはきっと間違いではないはずです。

介護職を新卒で辞めたい場合の対処!【※転職すべき?続けるべき?】関連ページ

介護職を円満に辞めるタイミングと退職理由!
介護職の辞めるタイミングについて、どういう時が良いか?円満に辞める為の退職理由は?引き留めに合わない上手な退職方法などをまとめました。今現在介護士やケアマネージャーなど、介護職員として働いていて、退職や転職を考えている人の為のお役立ち記事です。
退職金制度や退職金の相場
次に備えて出来れば退職金はしっかりと貰っておきたいですよね。介護業界は退職の際退職金制度はあるのでしょうか。介護職は退職金を貰えるのかどうか、貰える場合退職金の相場はいくらくらいなのかを詳しくまとめています。介護職で退職を考えている方は是非参考にしてください。
退職届の書き方や使えるテンプレート
退職の際に退職届を提出しなければいけない職場もあります。いざ退職届を書こうと思っても何にどのように書けば良いか分からないと言う方も多いのではないでしょうか。退職届の書き方や使えるテンプレートなどをまとめましたので、退職届でお困りでしたら是非参考にしてください。
退職理由辞める時と面接では変える?
介護職の退職理由や面接の際に聞かれたときの答え方を、例文をまじえて紹介しています。人間関係や給料、体調不良など様々な退職理由の例文なども紹介し、介護業界での転職の役立てる様な内容にまとめています。
ヘルニアは辞める理由になる?
介護職は体力を使う仕事です。無理な姿勢で腰痛やヘルニアを抱えている方も少なくありません。腰痛がひどくなり働けない状態で介護職を退職するという方もなかにはいます。腰痛やヘルニアは辞める理由、円満退職出来るのか、退職届や失業保険などについて記事をまとめました。
退職と今後について
介護職を続けていて辞めたいと思った事がない方は少ないのではないでしょうか。しかし今後の事や転職先の事を考えて、頑張って続けている方も多いでしょう。介護職を辞めたいと思った時、転職しかないのでしょうか。退職する際の今後の事や転職先の事などまとめましたので、辞めたいけど・・・とお悩みでしたら参考にしてください。
介護職は離職率が高い?
介護職は精神的にも肉体的にもハードな仕事であるというイメージや、離職率が高いと言うイメージがありますが本当の所はどうなのでしょう。介護職の現在の離職率や退職する理由・原因をまとめました。また、離職率が低い職場の見分け方なども紹介していますので是非参考にしてください。
介護職を辞めたい!退職理由はどうする?
介護職を辞めたいと一人で悩んでいる方も中にはいるのではないでしょうか。退職する時上司や同僚に相談すると引き止められたり、友人や家族に相談すると度がめられるのではと不安になる事もあると思います、退職する際は誰に相談するのが一番良いか記事をまとめていますので、お悩みの方は是非参考にしてください。