介護 転職理由

Pick up news !!

介護職の転職理由まとめ【※転職を成功させる伝え方とは?】

介護職の転職理由まとめ【※転職を成功させる伝え方とは?】

 

介護業界は、どの介護施設でも人材確保に四苦八苦していると言われており、充実した手当、子育て支援といった対策を取りながら人材不足を解消しようと努力しているようです。

 

しかし、そんな努力とは裏腹に介護の職場では依然として退職し転職していく人も少なくありません。

 

このように介護職からの転職は多いようでが、本人達には以下の様な共通した悩みも抱えていると言われています。

 

「給料上がらないから介護職を辞めたい・・・でも転職成功するかな?」
「今の介護職は仕事がきつい・・・他の介護施設に転職しようかな・・・」
「介護職に転職したいけど・・・介護の転職理由はどうしよう・・・」
「介護職からの転職って難しい?介護ってどうやって転職を進めたらいいの?」

 

もしかするとあなたもこのように悩み、当ページをご訪問されているのではないでしょうか?そこで今回は介護職の転職理由について詳しくまとめてみました。

 

もちろん介護職の転職理由に関してだけでなく、退職から転職活動する際のポイントなども紹介していますので、ご興味があるようでしたら是非ご覧になってください。

 


介護職の転職理由!転職を決断する良くある3つの理由とは?

介護職の転職理由!転職を決断する良くある3つの理由とは?

 

仕事を辞める理由は色々あると思います。ですが、介護職というのは製造業などに比べると仕事内容な違うので、みんながどんな転職理由なのか?と気になってしまう人も少なくありません。

 

介護職からの転職を試みる人は、介護特有の悩みに直面し転職という決断をしているようにも感じますが、実際はどうなんでしょうか?

 

介護職の転職理由1.人間関係がきつい・・・性格的に合わない

介護職の仕事は利用者の日常に密着しているので、接客業や工場などの人間関係とは全く違いかなり難しいといわれています。

 

例えるのであれば『あなたの部屋にいつも他人がいるという状況』、それをよく思わない利用者も大勢いらっしゃいますから、来ないでください!というような理不尽な言葉も平気で飛び交います。

 

しかし仕事である以上、どのようなことを言われても笑顔で遂行しないといけませんから、そのストレスは計り知れないものといってよいかもしれません。

 

また介護職員間では、以下の様に人間関係に何らかの問題を抱える職場が多く、公益財団法人介護労働安定センターの調べによると以下の様に転職理由の中でも『人間関係がきつい』などは介護職を辞めた理由の中で最も多いという結果になっていました。

 

公益財団法人介護労働安定センター 平成29年度介護労働実態調査結果について

≪出典:公益財団法人介護労働安定センター 平成29年度介護労働実態調査結果について

 

介護職の転職理由2.介護職の給料では妻子を養えないから・・・

結婚して妻子を養うとなれば今まで以上の生活費が必要となり、以下の様に介護職の給与で大丈夫だろうか?と考え不安になり転職を考えてしまう人も少なくありません。

 

介護職の給料に関する口コミ

 

特に介護職は、毎日忙しく働いて一日が終わる・・・このような繰り返しですから長い間続けていると報われていないと感じてしまい、目に見える給与の増加を求めがちです。

 

実際、介護施設の中にはほとんど給料が上がらないところもあると言われています。給料が上がらない介護施設なら、給料が上がるところの方が絶対良いですよね。

 

介護職の転職理由3.介護施設の方針や運営に不満がある

公益財団法人介護労働安定センターのデータの中でも第3位となっているのが、在籍している介護施設への不満です。

 

こうした方がいいのではないか?この方法なら利用者が喜ぶのでは?と良い考えを持っていたとしてもトップダウンの介護施設の場合、相手にしてくれないこともあり、それが引き金になって転職を考える介護職員も少なくありません。

 

もし、介護職が大好きという人なら非常に残念な転職理由です。ただ、こういったケースだと介護施設を変えれば済む問題ですから、再度介護職へと転職していく人が多いと言われています。

 

介護職の転職理由4.介護職は重労働が多くて・・・体力がもたない

介護職は利用者の生活支援や介助を行っていますが、その中には様々な重労働があり介護職員の負担になっています。

 

例えば、

介護や介助の種類 介護や介助の仕事内容
移乗介助 施設利用者をベッドから車いすへ、車いすからベッドなどを移動の介助です。
更衣介助 施設利用者の衣服を着替えさせる介助です。自分である程度動ける人なら良いのですが、身体が不自由な利用者だとキツイ仕事になります。

排泄介助
(おむつ交換)

利用者が着用しているおむつを交換します。その頻度や利用者の状態によって介助の大変さは大きく変わります。
着脱介助 主に入浴時の衣服の着脱です。この介助も利用者の状態によってはキツイ介助になります。
入浴介助 入浴中の介助です。夏は暑く、介護施設によっては連続で入浴のお手伝いをしないといけません。入浴させる施設利用者数よってはかなりの体力を消耗してしまいます。

※上記の他にも介助はあります

 

こういった介助です。どれも細心の注意を払わないといけませんし、体力を消耗してしまう仕事ばかりです。

 

実際、ネット上には以下の様に介護職の仕事に耐えられずリタイヤした人もいます。

 

介護職の仕事に耐えられずにリタイヤした人の口コミ

 

このように介助は体力的にきつく、慣れた介護職員だったとしても年齢を重ねていけば・・・5年後、10年後に同じ介護施設で仕事できるのか?という不安も出てくると言われてます。

 

もちろん、この他にも『休みが取れない』、『残業が多い』といった転職理由もあります。

 

仕事上、ある程度の我慢は必要だと思います。しかし、あまり我慢し過ぎるとストレスが溜まりうつ病を発症してしまうことがあるので、『限界かな?』と感じるようなら、給料面、体力面、そして人間関係が納得できるところへの転職も検討しておくべきです。

 

介護を辞めた人は他業界へ転職するの?介護職から介護職っている?

介護職からの転職を試みる人の中にはそもそも介護職自体が合わないと感じて、他業界へ転職する人はもちろんいます。しかし、介護職の全てが、給料が安い、きつい、人間関係が悪いという訳ではありません。

 

実際ネット上を見てみると、

介護職の人間関係についての口コミ

 

上記のように環境がしっかり整っている介護施設も存在しており、あなたもこういった介護施設を探している一人ではないでしょか?

 

大切なのは、あなたの転職理由が何なのかです。転職理由が『介護施設を変えれば済む問題』であるなら、転職は『介護職から介護職へ』の方が今までの経験を活かせるので有利です。


介護職から介護職へ!成功する転職理由の伝え方!

介護職から介護職へ!成功する転職理由の伝え方!

 

介護職から介護職への転職を決断したのであれば、誰もが今より好条件の職場に就きたいと考えるものですが・・・その前に上司へ退職の旨を伝え退職届を提出しないといけません。

 

円満な退職は誰でも願うものです。ではどのような転職理由を伝えるか?介護施設を退職しやすい転職理由やその伝え方について詳しくまとめてみました。

 

真実を言うべき?介護施設を退職しやすい転職理由とは?

仮に人間関係で悩んで退職を決断したとしても、職場や介護職員を名指しに誹謗中傷するような退職理由ではなく、むしろ退職の理由を説明した際、介護施設の施設長や直属上司がそれなら仕方ないな・・・と諦めるような内容が最適です。

 

例えば、

努力はしたけど・・・職場や利用者との人間関係に慣れなかったので・・・

この理由であれば介護施設側もなかなか引き止められないと思います。

 

ただ、ちょっと介護施設に対してというイメージが強いので以下の様な内容も検討しておくと良いでしょう。

 

結婚して子供を養う為に稼げる仕事に就きたい(具体的な職種があれば説明は楽かも?)
体力的に限界を感じるので少し休んでから、新たな職場をみつけたい
資格取得を応援してくれるところに転職したい
なるべく通勤が楽なところに転職したい

 

このように核心をつくような理由にせず少しソフトな言い方やポジティブな説明にするともっと良いかもしれません。

 

しかしどの職場も人材不足ですから、そう簡単には退職を認めてくれない可能性もあります。そういった時は下記のようなもっとプライベートな退職理由も考えておくとよいでしょう。

 

親の体調が悪くあまり家を空けていられないから・・・
転居がほぼ決まったから・・・

 

どうですか?もし、あなたが施設長だったとしても、この転職理由を言われた時には引き止めが難しいと思うはずです。ここまでご紹介してきたように退職しやすい理由はたくさんあります。

 

しかし、最終的には辞めるという強い意志が一番大切!伝えるときの表情も含め『どうしても退職したいんです』という気持ちだけはしっかり伝えるようにしましょう。

 

転職先に好印象となる転職理由の伝え方!

まず面接でよく聞かれる質問として代表的なのは『転職理由』です。なぜ我が介護施設を選んだのか、なぜ転職しようと思ったのか?

 

わざわざ介護職から介護職へ転職すること自体、介護施設側としても大いに興味が湧くところだと思います。

 

そこでまず、注意してほしいのが『退職した介護施設に関するネガティブなこと』を転職理由として選ばないことです。

 

これは、『それじゃ仕方ないよね』という同情を得る転職理由である一方で、面接官などを不安にしてしまうこともあります。

 

例えば、どういった転職理由が良くないのかというと、

良くない転職理由

などです。確かに退職する理由としてよくある内容ですが、もし同じようなことが起こった時には『辞めてしまうんだろうな・・・』と想像させてしまうこともあります。

 

ですから転職理由を伝える時は、

良い転職理由

 

このように前向きな転職理由がベストです。大切なのは『この人を雇ってみたい』と思われる事、もちろん嘘を言うことは今後を考えればオススメできません。

 

できる限り、あなたの抱いている介護職への意欲をしっかり伝えるようにしましょう。

 

面接でよく聞かれる質問への対処法!

面接でよく聞かれる質問への対処法!

 

面接時に聞く質問事項は施設毎で異なります。しかし、一般的には『志望動機』、『退職や転職理由』、『自己PR』などはどの介護施設でも必須といっても過言ではありませんから、どう対処すべきか予め考えておきたいところです。

 

介護転職でよく聞かれる質問と対処法1.志望動機

 

志望動機は履歴書に書いてあるから大丈夫でしょ!と油断していませんか?たとえ履歴書に書いてあったとしても志望動機はかなり高い確率で直接質問されます。

 

この質問では、

やる気があるか?
すぐ辞めてしまうことがないか?
将来を担える人材になりそうか?

を判断することが多い大変重要な質問ですから、予め介護施設の理念や経営方針、職場環境を調べておくことが大切です。

 

介護転職でよく聞かれる質問と対処法2.退職や転職理由

 

なぜ退職したのですか?なぜ転職しようと思ったのですか?この質問も高い確率で聞かれます。

 

前職での不満をストレートに伝えれば誰でも簡単に説明できる一方で、あまりネガティブな表現だと『また辞めるのでは?』、『人間関係を構築できるかな?』と不安にさせてしまうこともある要注意な質問です。

 

では、どのように答えるべきかというと、今までの不満は経験へと置き換えます。

 

例えば、人間関係が嫌になって辞めたのであれば『人間関係の経験を御社で活かしたい』とポジティブに話します。

 

経験を活かしたい、ステップアップしたいといった将来を見据えた答えで対処していきましょう。

 

介護転職でよく聞かれる質問と対処法3.自己PR

 

どちらかというと面接の最後に聞かれる可能性の高い質問で、介護施設側にとってはあなたを知る大きなチャンスです。意欲、熱意、得意なこと、介護への想いなど出来るだけしっかりアピールしておきましょう。

 

また、長く話せばよいというものではありません。話す時の目線や姿勢、表情なども大切です。

 

先程、介護施設側のチャンスとご説明しましたが、あなたにとっても自分を売り込む大きなチャンスだということは忘れないようにしましょう。


介護職から転職活動する時のポイント!

介護職から転職活動する時のポイント!

 

介護職を辞めよう!と決断した時は『よし、これから頑張るぞ』と思う人も多いのではないでしょうか?しかし、転職活動が上手に進まなければ逆に不安を感じることも・・・。

 

せっかく介護職からの転職を試みるんですから、成功するポイントをちゃんと抑えた上で転職活動に入りたいものです。

 

介護職に転職するのであれば・・・今より待遇のよいところに行きたい!

退職という介護転職への第一歩を踏み出せたのであれば、ここからは明るい未来を築く為の転職活動をしていかないといけません。

 

もちろん退職前に転職先が決まっているのであれば問題ありませんが、決まっていない人にとってはここからが勝負、よい転職先をなるべく早く探す必要があります。

 

まずは・・・心の整理から!他業界に転職していくのか、それとも再度介護職を目指すのかを決めないといけません。

 

仮に勢いで他業界に飛び込んだとしても、給与も待遇ももちろん新人扱い!人間関係も仕事の辛さも介護職を始めた時と同じように発生する可能性があるので、今までの経験を活かして待遇の良い介護職や別の職種への転職がベストかもしれません。

 

介護職からの転職を成功させるには服装なども大切!

 

どんなところに転職するのか?こればかり考えていても介護職からの転職は成功しません。

 

成功させるには、面接時の服装はもちろんのこと、派手なお化粧やアクセサリーの類は出来るだけ控えめにしておきましょう。

 

仮に『どんな服装でもいいですよ』といってもその声に甘えてはいけません。スーツの着用が基本、身だしなみもチェックし清潔感を大切にしてください。

 

介護職から別の職種に転職する際の理由やメリット・デメリット!

介護職から別の職種に転職する際の理由やメリット・デメリット!

 

介護職からの転職は、転職先が必ずしも同じ介護職とは限りません。なかには在職中や離職時に資格を取得して他の職種に転職していく人もいます。

 

そこで、介護職から別の職種に転職する際の理由やメリットやデメリットについてまとめてみました。

 

介護職から別の職種に転職する時の転職理由は?

 

介護職から別の職種に転職するのであれば、上位資格にあたるケアマネジャーが理想的です。ケアマネジャーは介護福祉士をはじめ、該当する資格と5年以上の実務経験があれば受験資格を得られる認定資格です。

 

ステップアップや給料アップを転職理由にしている人が多い職種ですが、中には『腰痛を患ったから』という体力面の理由や、夜勤がない環境も転職理由になっています。

 

しかし、ケアマネは狭き門である上に資格と経験を必要としています。もし、あなたがケアマネを取得することが難しい時は訪問ヘルパーや介護職など探す必要があります。

 

どちらも厳密には同じ直接介護です。しかし、訪問ヘルパーの場合は単独で介助を行うケースが多いので人間関係が楽という一面もあります。

 

もちろん、面接時に『ヘルパーは楽だから』というのはNGです。直接退職先や転職先に説明する時は、当ページでご紹介してきたポジティブな理由がベストです。

 

介護職から別の職種に転職する際のメリットは?

 

別の職種への転職は、気分的な変化に加えて人間関係を一度リセットできるというメリットがあります。

 

もし、今まで介護施設で嫌な思いをしてきたいのであれば、別の職種への転職は人生を変える大きな転機ですし、新たな人間関係を構築するチャンスとも言えます。

 

介護職から別の職種に転職する際のデメリットは?

 

慣れた介護職を離れてしまうので、いくら介護業界を知っているとはいえ、一からのスタートになってしまいます。したがって、仕事に慣れるまではストレスを感じてしまうこともあります。

 

仕事内容によっては、身体を使って働く直接介護の方が合うと改めて感じる人も少なくないようです。

 

ハローワーク以外の良い介護求人情報の探し方!

求人探しといえば公共職業安定所、通称ハローワークが最もポピュラーな仕事斡旋機関だと思いますが、もしハローワーク以外で介護求人を探すなら、求人誌や広告で介護求人を探すという手もあります。

 

ただ、求人誌や広告はハローワークに比べると掲載数が圧倒的に少ないので希望する介護求人が見つかるかどうかは疑問です。

 

しかも掲載数が少ないことが原因で、焦った上に妥協してしまうケースも多いと言われています。

 

そこでご紹介したいのが次のような介護専門の転職サイトや転職エージェントです。

 

スマイルサポート介護の店舗画像

 

こちらはスマイルSUPPORT介護という介護専門の転職サイトでハローワークのような無料掲載ではありません。

 

掲載されている求人は介護関連だけで比較的良質な求人が多く、給料アップや待遇アップを目的に利用している人もいます。

 

また、転職エージェントの場合は、企業との条件交渉や面接のセッティング、円満退職へのアドバイスなどあなたの転職活動をサポートしてくれます。

 

一人で介護求人を探すのが不安!できるだけ優良介護施設に転職したい!という方には絶対にオススメです。

 

介護専門転職サイトや転職エージェントでオススメのところは?

介護専門転職サイトや転職エージェントでオススメのところは?

 

介護専門転職サイトや転職エージェントをオススメするのには大きな理由があります。それは、どこも無料で利用できるという事!求人への応募、エージェントの利用など全てが無料なのです。

 

次に非公開求人がある事です。非公開求人とは企業側の都合により限定公開されている求人のことで、一般の求人に比べると高給料や高待遇が期待できると言われています。

 

そこで、介護職からの転職でおさえておきたい介護専門転職サイトと転職エージェントをご紹介したいと思います。

 

介護職の転職ならここが一押し!スマイルSUPPORT介護

 

スマイルSUPPORT介護の無料登録はコチラ!

転職サービス名 スマイルSUPPORT介護
運営会社名 HITOWAキャリアサポート(旧長谷川サポート)
求人数 約86,000件(うち非公開求人は約51,000件)※2018年9月調べ
求人掲載エリア 関東をはじめ全国の介護求人に対応
特徴

・サイト登録や求人応募は全て無料
・人材コンサルタント(エージェント)あり
・介護職、ケアマネジャーなどの求人多数
・介護求人数は業界トップクラス

 

業界トップクラスの規模を誇る介護専門転職サイトです。

 

求人検索や応募だけでなく、人材コンサルタント(エージェント)も在籍しているので、一人でコツコツ転職活動することもコンサルタントと二人三脚で転職を進めることもできます。

 

常駐している人材コンサルタントは悩みなどの相談も快く聞いてくれます。

 

介護職から転職する際に悩む退職理由や転職理由も人材コンサルタントに相談すれば、簡単に解決してしまうかもしれませんよ。

 

 

介護の資格取得も可能!かいご畑

 

介護職専門の転職エージェント「かいご畑」の無料登録はコチラから!

転職サービス名 かいご畑
運営会社名 株式会社ニッソーネット
求人数 約10,000件※2018年9月調べ
求人掲載エリア 全国の介護求人に対応
特徴

・資格が取れるキャリアアップ応援制度あり
・専任コーディネーター在籍(エージェント)
・給料週払い制度有り(派遣求人の場合のみ)
・厚生労働大臣認可の介護就職支援センター

 

こちらも専任コーディネーター(エージェント)が在籍している介護専門転職サイトです。

 

特筆すべきは『働きながら0円で介護資格が取れるキャリアアップ応援制度』です。

 

『ニッソーネット』の派遣スタッフとして働いているなどの条件を満たしていれば資格を取れる制度で、以下の様な資格が全て0円で取得することができます。

 

0円で取得できる資格

 

まだ介護職員初任者研修しか取得していないという人は必見!かいご畑であれば上位資格にあたる介護福祉士(国家資格)取得も夢ではありませんから、現役介護士は要チェックです。

 

 

転職エージェントによるサポートを受けたいなら!メドフィット

 

メドフィット店舗

転職サービス名 メドフィット
運営会社名 株式会社ゲンテンリンクス
求人数 不明(介護職は約5,400件) ※2018年9月調べ
求人掲載エリア 全国の介護求人に対応
特徴

・転職エージェントによる転職サポートあり
・介護職、ケアマネ、医療事務などの求人多数
・サイト上に掲載されていない非公開求人あり
・『転職成功の秘訣』を公式サイト上に掲載

 

介護と医療に特化した転職サイトです。2018年9月時点で介護職の求人数が約5,400件、ケアマネ求人数が約1,200件なので、サイト内に明記されてはいませんが非公開求人を含めた総求人数は10,000件以上あるのではないかと予想されます。

 

メドフィットを利用するなら転職エージェントがオススメです。転職サポートを受けられるだけではなく、良質な非公開求人への応募も可能なので介護職から介護職へ転職する人には強い味方になってくれます。

 

 

ここまで介護職の転職理由を詳しくまとめてみましたがいかがだったでしょうか?介護職を辞める人は依然として多いようですが、また介護に再就職する人も少なくないようです。

 

もしあなたの選択肢に介護職が僅かでも残されているのであれば・・・介護専門転職サイトや転職エージェントで転職理由から相談してもいいかも?

 

悩みを打ち明けることがきっかけで、待遇のよい職場に巡り合えるかもしれません。転職をして良かった!と胸を張れるような素敵な職場に出会えるかは、あなたの職場の探し方しだいなのかもしれませんね。


介護職の転職理由まとめ【※真実を言うべき?退職しやすい理由は?】関連ページ

使える志望動機まとめ
介護業界に限ったことではありませんが、転職する際には志望動機と言うのは重要となります。そこでこちらのページでは介護職に特化した、使える志望動機や転職成功のコツなどを紹介させて頂きます。今後転職を考えているという場合には是非参考にしてくださいね。
介護職の転職成功への道
介護業界での転職を考えた場合、働く施設や仕事によっては、未経験の場合もあります。資格がなくても募集しているところは多くありますが、そういった未経験求人はどこで探すのがいいでしょうか?今回は未経験でも転職を成功させるコツや求人の探し方をまとめてみました。
介護職の転職回数まとめ
離職率が他の業種よりも高いと言われる介護業界ですが、それでも、2度目、3度目の転職ともなると、「雇ってくれる所はあるかな・・・」と不安になってしまいます。そこでこちらのページでは、転職回数についてまとめてみましたので、興味がある方は是非チェックしてくださいね。
転職とキャリアアップの方法
介護紹介でキャリアアップやスキルアップを考えた時、まずは何から始めるのがいいのでしょうか?また給料の良い介護業界内での職場ってあるのでしょうか?こちらの探し方やキャリアアップの方法について今回はまとめてみました。
高収入を得るには?
他の業界に比べて給料が安いと言われる介護職ですが、転職する事で高収入を得ることはできるのでしょうか?またそういった転職先はどうやって探せばいいのでしょうか?今回はこちらについて記事にしてまとめてみました。
月収30万以上の求人
介護業界で働いていると、月収30万円を超えていないという人も少なくありません。では転職すれば月収30万円は超えるのでしょうか?またそういった転職先や求人はどこでどうやって探せばいいのでしょうか?今回はこちらに関して詳しく紹介していきます。
転職の成功と失敗
介護業界で転職する場合、成功と失敗を分けるポイントとはどこにあるのでしょうか?どうせ転職するなら、次の転職先では不満なく働きたいと思うものです。今回はそんな転職成功の秘訣やコツをまとめてみました。
転職セミナーや説明会の開催状況は?
介護業界で転職するにあたっては、セミナーや説明会へ参加する事が、キャリアアップや良い転職先を見つける為には必要となるかもしれません。そこで今回はそんなセミナーや転職説明会の申し込みや参加方法についてまとめてみました。
介護職の転職と人間関係の問題!
介護業界で転職を考えた時、次の職場では人間関係で悩みたくない!と思う人も多いかもしれません。そこでこちらのページでは人間関係の良い職場の見つけ方や求人検索の方法などをまとめてみましあt。
転職するメリットとデメリット
介護の仕事についていて、ふと転職を考えると言う人はすくなくありません。介護業界で転職すると言う事は、デメリットになるのでしょうか。転職を繰り返してスキルアップすると言う方も中にはいます。介護業界で転職する事のメリットやデメリット、他業種への転職は可能なのかといった内容でまとめています。
辞めたい場合は他業種へ転職すべき?
介護職はとてもハードな仕事です。体力的にも精神的にも疲れて、毎日辞めたい・・・と悩んでいる方も中にはいるのではないでしょうか。介護職を辞めたいと考えた時、他の介護職へ転職するか、いっそのこと介護の仕事をやめて他業種へ転職するか迷うところです。毎日介護職を辞めたいと感じる時、どのように転職すればよいかまとめています。
転職時期やタイミングまとめ!
介護職をしていて転職したいと考えた時、転職時期やタイミングを間違えると引きとめられてやめられないとか転職先が見つからないと言ったトラブルが起こってしまう場合があります。転職する時の最適な転職時期やタイミング、転職先の探し方などをまとめて紹介します!
土日休み、夜勤なし!求人の選び方
介護職をしていて土日に休みがない、夜勤があってつらい、といった勤務時間に悩んでいませんか?体力的な問題やライフスタイルの変化で転職を考えている方の為に、土日休みや夜勤なし、高待遇の求人の探し方を紹介します!転職に失敗したくないと言う方は是非参考にしてください。
託児所完備や日勤のみ求人
出産してまた介護職に復帰したいと考えても家庭との両立はなかなか大変で復帰に踏み切れないと言う介護士の方も多いのでは?転職先によっては託児所が完備されていたり日勤ののみで融通の効く職場もあります。日勤のみ託児所完備の職場、求人の探し方を紹介していますので、是非参考にしてください。
ブランクがある場合の職場探し
一度介護職をやめてブランクがあると復職は難しいのではと不安に感じる方もおおいでしょう。しかしポイントを押さえればブランクがあっても復職は難しくありません!介護職の転職でブランクがあっても歓迎される職場の探し方や復職する時のポイントなどを紹介しています。
介護職の派遣、高時給求人の探し方!
介護職で派遣で働くメリットやデメリット、高時給求人の探し方や、知名度が高いオススメの派遣会社などを分かりやすくまとめました。また介護職員の派遣時給相場やボーナスなどに関しても紹介しています。
派遣社員のメリットとデメリット
常駐の正社員やパートで働きにくい、好きな日数や時間帯で働きたいと言う方は派遣会社に登録すると言うのも一つの選択肢です。しかし派遣社員として働くと言う事はメリットもデメリットもあります。介護職の派遣社員のメリットやデメリットについてまとめましたので、派遣に興味がある方は是非参考にしてください。
30代の転職、ベストなタイミングは?
介護職を何年か勤めているけど、給料や待遇が変わらず将来に不安を感じているという方は少なくありません。特に30代の介護士でこれからのこのまま働くべきか、転職や退職を考えるべきかと悩む方は多いようです。30代の介護職のベストな転職時期やタイミングなどについてまとめていますので、転職をお考えでしたら是非参考にしてください。
40代でも転職可能?オススメの転職先
介護職の職員のなかでも、給料や待遇、キャリアの問題で40代で転職を希望する方は少なくありません。また、40代になって介護の資格を取って転職を考えるという方も多いようです。介護職は40代でも転職可能なのでしょうか。40代でも転職しやすい職場やおすすめの転職先などを紹介しています。
働きやすい介護施設の条件は?
人間関係が難しいと言われる介護業界なので、働きやすい職場や人間関係のいい職場への転職を検討しているという人も多いようです。そこで今回は、人間関係の良い職場の見つけ方や転職方法についてまとめてみました。
介護施設で働く事務職まとめ!
介護施設での仕事と言えば介護士が浮かびますが、もちろん事務職もあり、重要な仕事をになっている場合もあります。今回はそんな介護施設の事務職について、仕事内容や求人の探し方についてまとめてみました。
転職は3年目が良い?それとも5年目?
介護士の転職に関しては、3年目が良いという意見もあれば、5年目がいいという意見もあり、転職を考えている人にとっては悩むところです。そこで今回は介護業界でのベストな転職時期についてまとめてみましたので、興味がある方は是非チェックしてみてくださいね。
介護職員のスキルアップまとめ
介護職で給料を上げるため、キャリアアップを考えている方などのなかには研修を受けたり、資格をとったりする必要がある場合もあります。介護職員でスキルアップするためのスキルアップ研修や役に立つ資格などについてわかりやすくまとめています。スキルアップするにはどうすればよいかとお悩みでしたらぜひチェックしてください。
介護業界と他業界の人気転職先は?
介護職をしていて介護の仕事や給料、職場などに不満がある場合、同じ介護職で転職先を探すか、介護職ではなく他業界で転職先を探すか迷うというかたも多いのでは?せっかくとった資格はもったいないけど、他業界に転職して成功したという方も。介護職員におすすめ、介護業界と他業界の人気の転職先、おすすめの転職先をまとめました!
管理職に就くために必要な資格と経験
介護職でキャリアアップしたい、給料を上げたい!と考えて管理職を目指している方もいるのではないでしょうか。しかし管理職になりたいからといってすぐなれるものではないのが現状です。介護業界で管理職に就くためにはどうすればよいか、必要な経験や資格をわかりやすくまとめていますので、ぜひ参考にしてください。